熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

山道テープで・・・

古い金色の山道テープ(蛇腹テープ)がたくさんあります・・・何かに使えないかしら?とググって…
二本を交互に合わせたものをクルクルと巻いてバラの花にするのを見てまねっ子。
詳しくは →山道テープで簡単にできるフラワーモチーフの作り方 で。

だけど、「チョコレートの包み紙にしか見えない」との夫の一言で撃沈(>_<) 
波巾が小さいから花びらに見えないの。他の使い道がないかしら?
17b148.jpg
庭の主(ガマカエル)に今年も会えました!元気な姿にホッ(^^♪
17b149.jpg
スポンサーサイト

バービー服 チャイナドレス

私達、ラクエル姉妹です。
17b147.jpg
このチャイナドレスはオーナーの手作りですって。
17b141.jpg
100均のちりめんで「私のドールブックジェニー№7」からの型紙↓を使って作ったそうよ。
17b140.jpg
私達ゴージャス姉妹で通っているから、「100均の布地」だなんて…余計な事言わないで欲しいな。
17b142.jpg

ミミ日記2017-10

今朝は朝5時前にミミに起こされました(^_^;)
私の手を甘噛み…その内に遊びモードに突入したかのようにガシガシと噛む(>_<) 
起きざるを得ませんでした。餌箱が空になっていたので、どうやらお腹が空いていたみたいです。

ミミは手で遊ぶクセが付いているので、私の手=遊び道具・おしゃぶりと認識しているらしい。
毛布を咥えチュチュしフミフミする猫をたまに見かけますが、その毛布代わりが私の手だったりします。
そんな風にしつけちゃったので、おかげで私の手は爪痕と噛み痕で傷だらけです。

まっ、TV番組「生き物にサンキュー」に出てくる「虎徹」のようにいきなり鼻をガブッはないですけれどね~。
きっと飼い主の煉さんもちょっとお困りでしょうね。

そんなミミの一日の始まりは・・・お日様と共に動く
朝日を浴びて・・・
17b135.jpg
ヌリヌリ
17b136.jpg
太陽の位置が変わると・・・場所を移動して身だしなみを整えて・・・
17b137.jpg
朝寝・・・(時折いびきが聞こえます) さすがお猫様(=^・^=)
17b138.jpg

Barbie服 フリーパターンのワンピースその3 背開きの方法

前記事からの続きです。

開きの部分を打合せにしてマジックテープで止める方法が主流だと思いますが…
↓のように背中心を通しながら開きを作りたい時には必要な方法です。
17b134.jpg
背中心に折り目を付けておきます。ほつれ防止に打合せ(持ち出し)を三つ折りにしています。
17b123.jpg
上前は背中心が通り(画面右側)、下前は背中心より持ち出しが出ます(画面左側)
17b124.jpg

襟ぐりの始末に入ります。画像がありませんが・・・
表側の襟ぐり(上前は背中心から、下前は持ち出し部分まで)に両端を少し折り返したバイアステープを縫い付けます。
バイアステープをゆったり付けると立ち襟のように…きつめに付けると襟ぐりに沿った形になります。
また、袖ぐりのようにバイアステープを見返し代わりに使う事も出来ます。胸元に穴を開けたので無理ですけれどネ(^_-)-☆

縫い代に切り込みを入れて裏へ返したら、バイアステープをまつり縫いや星止めで見返しのバイアステープを落ち着かせます。
画像は前中央部分はまつって、他の部分は星止めにしました。
17b125.jpg
表側です。上前より下前が持ち出し分だけ長くなっていますね。
17b126.jpg
前後の脇を縫い、裾とスリットをまつり縫いします。
17b127.jpg

背中心を縫い止まりまでを縫い合わせます。
17b128.jpg
表側はこんな感じ。左の背中心に右の背中心が合うように
17b129.jpg
持ち出し部分にスナップを付けます。ボタンは背中心に付けますけれど、スナップは背中心からズレた位置に付きます。
17b130b.jpg
完成です。
17b131.jpg

Barbie服 フリーパターンのワンピースその2

出来上がりはこんな感じ↓で、今回は手縫いにしました(^^♪ 
布地(100均のハギレ)選びのセンスの無さは毎度の事で・・・(>_<)
ちょっと画像が多くなりそうなので、記事を2回に分割します。
17b133.jpg
型紙通りに布を裁断して、肩とダーツを縫います。
とってもシンプル過ぎる(^_^;)デザインなので、ちょっと胸回りに遊び心を…
17b119.jpg
表地にバイアステープを当てて細かく縫い、中央に切り込みを入れて、
17b120.jpg
裏に返します。
表地の袖ぐりに見返し代わりのバイアステープを当てて縫い、縫い代に切り込みを入れて裏に返します。
(縫う際にバイアステープを伸ばし過ぎたので、バイアステープがツレてしまいました(>_<))
17b121.jpg
アイロンを当てて形を整えます。
ホントは縫った際を押さえるように星止めをしたり、バイアステープをまつり縫いをすると丁寧なんだけれど…
年とともにだんだんと面倒くさくなってきて(^_^;)
袖ぐりのバイアスは肩の縫い代にとじ付け、胸は下部分だけ星止めをしました。
・・・次回に続く。
17b122.jpg

Barbie服 フリーパターンのワンピースその1

↓の二つのパターンはどちらもBarbie用です。 ダウンロードは Sewing and Pattern から。
左は Barbie’s Lined Shift and Panties with Lace Edging で、右は Barbie 60’s Style Shift のページです。
同じようなパターンですが、一番の違いは胸ダーツの分量。
憶測ですが左は胸の高さが有る旧Barbieボディ用、右は現代Barbieボディ用なんじゃないかしら?
17b112.jpg
試しに型紙を着せてみました。
着丈の長い方はダーツ分量の多いパターンで、着丈の短い方はダーツ分量の少ないパターン。
17b113.jpg

胸の高さがあまり無いラクエルにダーツ分量が多いパターンを着せると着丈が後ろよりも前が下がってしまいます。
この胸ダーツの分量は巨乳タイプボディには良いのかも。
17b114.jpg

ダーツ分量の少ないパターンだと後ろと前が同じ着丈になってピッタリ!こちらのパターンを使う事に決定。
17b115.jpg

着丈や襟ぐりなどを調整して、直線だった脇を少しだけウエストを詰め両サイドはスリットにして…
17b116.jpg

後ろの開きを全面マジックテープ止め(左右が同じ打合せ仕様)から
画像の左のスナップ止め(下前と上前がある仕様)に変更しました。
17b117.jpg
型紙が完成!さて、縫いに入りましょうか(^^♪
襟ぐりなどのカーブを引く時にはこの雲形定規が欠かせません。
17b118.jpg

barbie dress プリンセスドレス

同じ布・同じ型紙を使って初夏のプリンセスドレスを3着作りました。
いや~、久々のプリンセスドレスは作っていて楽しかったです(^^♪
17b103.jpg

一着目は土台スカートにレースを2段縫い付けたドレス。
昔ボトル人形を作っていた母が残した豪華なレースを使用しました。
私が使うレースや和布はほとんどが母の遺品です(^^♪
17b096.jpg

二着目は土台スカートにタックを寄せた同布を2段縫い付け、
ウエストからの別スカートにタックを寄せた布を縫いつけました(下から3段目のスカート)
17b104.jpg
軽いからふんわりした仕上がりになりました。
17b105.jpg
このドレスにもオーバードレスが着せられます!(^^)!
17b106.jpg

三着目はレースがたっぷりのドレス。
17b107.jpg
レースの重みでスカートのふくらみがイマイチ(^_^;)
17b108.jpg
だけど、オーバードレスを着用すると良い塩梅になりました(^^♪
17b109.jpg
土台スカートにひたすらレースを縫い付けて・・・
17b110.jpg
スカートを輪に縫った後は左右のレースを手縫いで繋げます。
17b111.jpg

ミミ日記2017-09

ゴールデンウィークまっただ中…ですが、いつもと変わらずな日常
パソコン作業をしていると、後ろの猫ベッドで就寝中のミミのいびきが時折聞こえます(^_^;)
耳障りな私の豪快ないびきと違って・・・ひそやかに…ですが、しっかりと熟睡しているミミ。
17b0100.jpg
暖かい日中でもこのように上に掛ける毛布が必需品。
寒がりミミの事、夜間は猫コタツのペットヒーターのスイッチはオンですが、
何度もお父さんの布団に出入りして、お父さんを睡眠不足にさせています(>_<)
17b101.jpg
私はタックの間隔をあ~でもないこ~でもない…と模索中(^_^;)
17b102.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん