熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

バービー服 祭り用股引(ももひき)

あちらこちらで台風9号の爪痕が残っているようですが、10号も不穏な動きをしていますからお気を付け下さいませ。
この界隈は砂地が多いので大雨の被害は少ないけれど、地震の時は液状化の心配があります。
日本全国、どこに住んでもなにがしらの不安材料はありますものね。

酷暑の夏も峠を越えたかのように、日中は暑くても朝晩は秋風が感じられるようになりました。
家でゴロゴロしてすっかりなまった体を動かして、筋力アップに励みたいと思います。

さて、久々に人形服。前から作りたかったお祭り衣装の股引(ももひき)を作ってみました。
型紙は「私のドールブック ジェニー№7 手作りドレスレッスン」から。
16b246.jpg
布地はサラシ木綿。股の中央布は耳の部分を利用しました。
股下のマチ布を縫い、股の中央布を縫います。
16b247.jpg
裾を縫ったら、左右を筒状に縫います。右足と左足とが出来ます。
16b248.jpg
前中央布を重ねてウエスト部分は綿テープを付けて縫います。
↓の画像の後に縫い代を包むように綿テープを二つ折りにしました。
16b249.jpg
↓は実際の人間用股引。私は上手に畳めません(>_<)
16b250.jpg
股引のはき方。
①両足を入れ、右のお尻を包み、
②紐は前穴から引き出す
③左のお尻を包み
④右脇で紐を結ぶ。結び目が見えていますが、本来はねじ込んで隠すようです。
16b251.jpg
ダボシャツの型紙。こちらも股引と同じ本から。
16b252.jpg
ダボシャツと股引が完成しました。次は祭り袢纏だね~。
16b253.jpg
スポンサーサイト

ミミ日記2016-22

酷暑お見舞い申し上げます

34度、35度が当たり前の毎日…、今日の関東地方は30度と幾分過ごしやすく感じたのは私だけ?
気温30度じゃクーラーを稼働させなくても大丈夫、窓を全開にして過ごしました。

ミミが庭をじっと見つめているので、ガマガエルでもいるのかな~と見てみると・・・
16b244.jpg
庭にいたのはスズメ。警戒心がまだ無い子雀なのか、よほどお腹がすいていたのか・・・。
16b245.jpg

暑い日はさすがにエアコンを稼働させます
・・・が、設定温度は30度、計っていないけれど床の温度はもっと低いと思う。
床でじっとしていると、冷えて関節が痛くなってしまうんです。
クーラー大好き夫は冷風の当たる場所へ、私とミミは冷風の当たらない場所へ移動しています。
クーラーの効いている部屋はジトッとしないから気持ちが良いんですけれどね~、体が拒否反応しちゃうんです。

クーラーの心地よさにウットリするミミも・・・
16b243.jpg
しばらくすると、冷風が来ない場所へ退避。
窓を閉め切ってお外が見えないのはミミ的には大不満のようです(^^;)
16b242.jpg

ミミ日記2016-21

パソコン操作している私を後ろから監視しているミミです。
16b239-1.jpg

長~く使ってきたブラウザのIE11(インターネット エクスプローラー)の調子が悪い。
Webページを表示した際に「このページは表示できません」 というエラーメッセージが表示されたり、
Flash Player を使った一部の動画が見られなくなったり・・・。
Internet Explorer 11の設定を色々と変えちゃったのが原因かな~と思ってIEのリセットをしても改善せず。

新しいブラウザ「Vivaldi」(ビバルディ)のスピードダイヤル機能が良さそうなので使ってみようと思います。
こちらのブラウザでは動画も難なく見られます。
まだ出来立てホヤホヤの新しいブラウザなので、不完全さや戸惑う事もありますけれどネ。
以前タブブラウザに変えた事もあったのですが、何だか使いにくくてIEに戻っていました、今回はどうなるでしょう。

高い場所でビロ~ンと伸びています。
16b240-1.jpg

テーブル下でもビロ~ン。時には庭に来たスズメを監視しております。
16b241-1.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん