熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ミミ日記 2016-14

いつもはちょっと不愛想なこんな顔のミミ
16b192.jpg
時にはこんな「退屈だな~」という表情や
16b193.jpg
外のスズメを見る時の「好奇心一杯」のこんな顔も(^0_0^)
16b194.jpg
「ご飯が美味い」  何よりです(^^♪
16b195.jpg
スポンサーサイト

着物姿はやっぱり…

ジェニーフレンドのアヤちゃんの着物姿が一番(^^♪ (ボディはBarbieですけれどネ)
16b190.jpg
帯は兵児帯(へこおび)のようにしました。
商品名が分からないのですが、ストッキングのような編地の手芸材料品です。
16b191.jpg

バービー服 1/6ドール用セパレート浴衣

もうすぐ夏本番、こんな浴衣(ゆかた)を作ってみました(^^♪
16b170.jpg

型紙は↓。黒線は切り取り線で赤線は出来上がり線です。
私のオリジナルなので良かったらお使い下さい。また、人形に合わせてどんどん改造してくださいね。
上半身と下半身が分かれたセパレートタイプ。バンダナ一枚で一着が作れます。
手の長いラクエル用に袖巾は広く、後ろ襟を抜きやすいように製図しました。
もし、身幅が狭い時は上半身の背中心を真っすぐ下して裾巾を3.5㎝から4㎝に変更、
下半身の右後と左後を各3.5㎝から4㎝に変更するだけで大丈夫だと思います。

↓の画像をクリックすると大きな画像になります。一枚がA4サイズです。
1浴衣    yukata2.jpg
どんな中身なのかは↓で。
16b169-1.jpg

16b168.jpg

型紙を切り取ったら、縫いしろを畳み、出来上がり線を確認します。
下半身…何でわざわざ一枚の布を縫っちゃうの?面倒(>_<)って声も当然ありますよね。
縫い目が無いと単にスカートで着物に見えないんですよ~、小さなこだわりかも知れませんけれどネ。
16b171.jpg

人形に合わせて袖丈・袖巾、袖付け位置、おはしょり位置、身幅などを確認します。
上のひまわり柄の浴衣は前後共に1.2㎝巾の襟だったので襟巾が広過ぎた気がします。
顔の大きさや雰囲気によって襟巾が1㎝巾のまま方が似合う場合もあります(^0_0^)
16b172.jpg

さて、紙で再現した後は布で作りましょう。
まず、上半身を。↓は身八つ口を付けないタイプで説明しています。(他にも色々な作り方や仕立て方があります)
16b174.jpg

16b175.jpg

16b176.jpg

16b178.jpg
襟付けはこの画像の方が分かりやすいかも。
16b177.jpg

16b179.jpg

身八つ口について
身八つ口は身頃の脇の開きの事で、女性と子供のきものだけにあり、男物にはありません。
体温調節や、着付けの際襟元を整えるため、授乳時の開口部との役割もあるようです。

人形の場合は身八つ口が無くても良いんじゃない?と最初に考えて、身八つ口を付けなかったのですが、
帯を締めると袖が身頃に引っ張られるので身八つ口を付けました。
また、袖付けが狭いと袖を裏返すのが大変でしたから。
上の説明画像には身八つ口を付けていませんが、上のひまわり柄の浴衣は身八つ口が付いています。
16b180.jpg
追記〝身八つ口の縫い方”
袖付けの時に身八つ口を縫わないでおきます。
16b187.jpg
脇を裾から身八つ口手前まで縫い、身八つ口を縫わないでおき、最後に身八つ口を三つ折りでまつります。
16b188.jpg
身八つ口が出来ました。
16b189.jpg

下半身は直線なので簡単です。裾の両端は額縁仕立てにしてくださいね。
表背中心に固定用の綿テープを付けましたが無くてもかまいません。
16b181.jpg

セパレート浴衣が出来上がりました。
16b185.jpg
16b182.jpg
16b183.jpg
16b184.jpg
昔作った本式の長い浴衣とセパレート浴衣を比べてみました。
16b173.jpg

最後に着付け。
人形にそのまま着付けると着物がクルクル回ってしまうので、ティシュペーパーを一枚巻いてから着付けましょう。
着付けたら帯を締めて浴衣姿の完成です(^^♪
16b186.jpg

バービー服 ロングワンピース

ジャンプスーツのパターンを使ったロングワンピースです。
16b164.jpg
バストのダーツ位置を調整し、パターンの前後中心線を垂直に下してパンツからスカートに変更しています。
スリットを入れようかどうか迷いましたが、裾が広がっているので入れませんでした。
16b163.jpg
襟ぐりと袖ぐりは見返し処理をしました。
16b165.jpg
「あら、そのイルカのペンダント素敵ね」
「ありがとう、でも私たちが着ているこの洋服…白くて薄くて透けて見えそうでヤバク無い?」
16b166.jpg
「拾い物の画像だけど↓のドレスよりはまともだと思うわ(@_@)」
「私たち人形だから大目に見て貰いましょう(^^♪」
16b167.jpg

barbie dress ジャンプスーツ

夏を先取りしたような真っ白なジャンプスーツ(オールインワン?カバーオール?)を作りました。
16b158.jpg
こちらも海外のフリーパターンを使いました。
↓の画像の左側のパターンで作ると右側の服になると思います。
長くて裾広がりのパンタロンのラインがなんか懐かしい!
16b159.jpg
人形に当てながらバストの位置や首回り・裾などを少し補正・改造しました。
パターンを一から起こせない私にとって、こんな完成されたパターンを使えるのはありがたいですね(^^♪
16b160.jpg
出来上がったのが↓薄地のニットなのでシワシワですが・・・。
16b161.jpg
出来上がった服を着せてみました。アルファベットビースでベルトを作りましたが単語にはなっていません。
16b162.jpg

ミミ日記2016-13

昨日の夜に夫と私がご飯を食べている時…事件は起こった!
私の目にはトイレに入るミミが見えていました。
しばらくガサガサと音を立てた後、脱兎の如く激しいトイレハイで部屋を駆け抜けて行きました。
そして、通った後には数個のカリントウが・・・。中にはつながったカリントウも(>_<)

食事を中断してお片付け。最後は除菌スプレーを吹き付け、拭き上げてお終い。
気を取り直して食事を再開したものの、除菌スプレーの匂いで味気ない夕食になってしまいました。
家に4本足の生き物がいるんだもの、こんな事はたま~にあるよね(^^;)
食卓(コタツ)の上に上がらなかっただけでも良しとしなくちゃ。

「私、悪くないもん、長い猫草が悪いのにゃ~。
だってカリントウがつながって気持ち悪かったんだニャ」
  
・・・・・だそうです。
このところ猫草の成長が早くて・・・ミミは長いままムシャムシャと食べていたものね。
だけど、切った猫草をミミは食べないし・・・困ったもんです。
16b155.jpg

「アクロバットだってお手の物…何?足が曲がってる?
そりゃ~、若い時と同じ柔軟性を求められても無理!」

16b156.jpg

「あ~極楽極楽」
16b157.jpg
以上、ミミの声を代弁してみました(^^♪

ミミ日記2016-12

暑くもなく寒くもなく、気持ちの良い気候になりました。
16b151.jpg
気持ちが良いのは猫も同じようで、こんな大あくびが。
16b152.jpg
今までに色々なブラシを試しました。
ガシガシとブラシを動かさずにそっとなでるようにブラシを掛けていたのですが、それでも嫌っていました。
このブラシを使うようになってから、ブラシ掛けをイヤがらなくなりました。
ブラシ掛け自体に慣れたせいもあると思いますが、短くて細いミミの毛にはこのブラシが合うようです。
このブラシは台所の鍋洗い用品ですよ~(^^♪
16b153.jpg
夏に13歳になるミミ、白髪が増えた気がします(^0_0^)
16b154.jpg

barbie dress マントとマーメードドレス

豹柄のマーメードドレスとマントのセットが完成しました(^^♪
16b142.jpg
中はセクシーでタイトなマーメードドレス。こんなドレスを着こなすのはハリウッドの女優さん?
16b144.jpg
上に羽織っているのは豹柄と無地のリバーシブルマント。
16b143.jpg
このマントを腰に巻くとロングトレーンのような使い方が出来ます。
16b145.jpg
マーメードドレスと同様に海外の free pattern を使っています。
マントのパターンは Barbie Cape with Hood からお借りしました。
表地と裏地の各脇を中表にして縫い、フードの表と裏を中表に合わせて顔回り部分を縫う。
16b146.jpg
表地と裏地を中表に合わせて襟ぐりを除いて一周を縫う。
フードは表と裏の各後頭部を中表にして縫う。
ニット地を縫う場合、裏には紙を敷き表はミシン目の際に紙を当てると、伸びたりずれたりせずにスムーズに縫えます。
人形服の場合、糸切れの心配が無いので、ニット用のミシン針やニット用の糸を使わなくても大丈夫です。
16b147.jpg
襟ぐりから中を引き出して表側の裏に返したら、襟ぐりとフードの表のみを縫い合わせる。
16b148.jpg
縫い合わせた縫い代を隠すように裏地のフードをまつり付ける。
16b149.jpg
外周を抑えのステッチミシンを掛けて前の留め具を付けたら完成です。
私はリボン結びにしましたが、スナップやブラホックなども良いですね。
16b150.jpg

barbie dress まだ制作途中ですが…

トップは OOAK SILKSTONE FASHON から、
スカートは poupee barbie patron de vetements から、パターンを頂きました。
上と下の別々のパターンのサイズを合わせて豹柄のニット地で作ったのが↓
16b141.jpg
トップは裏付きでスカートは裏無しのマーメードドレスです。
16b140.jpg
実は着ないままにサイズ的に着られなくなった(>_<)私のタンクトップからのリメイクです。
タンクトップの抜け殻の図が↓、もう一つ作る予定のマントはまだ制作途中です(^^♪
16b139.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん