熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

barbie服 スカーレット・オハラのドレス

映画「風と共に去りぬ」のスカーレット・オハラが着ていたドレス。
映画の冒頭だったかな?…男性たちからの視線を浴びて、若くて一番輝いている頃のスカーレットのドレスです。
15b189.jpg
色違いでもう一着。
15b188.jpg
つばの大きな麦わら帽子…手元に有った水引で作ったけれど、やっぱり麦わら帽子の雰囲気じゃない(>_<)
15b190.jpg
女性からは嫌われる二面性を持つタイプのヒロインをビビアン・リーが演じています。
本を読んだのが先か映画を見たのが先か思い出せませんが、こんなに役にピッタリな人は他に居ないように思います。
美しくて勝気でミステリアスな雰囲気はビビアン・リーの左右の眉が表しているのかも・・・。
実際のビビアン・リーも波乱万丈な人生だったようですね。彼女の写真と映画の写真は↓(拾い物ですが)
15b187-1.jpg 15b186.jpg
映画の配役はスカーレット、バトラー、メラニー、マミーなど役柄がピッタリ決まっていたのに、アシュレの影が薄い・・・。
スカーレットが一途に思い続けるアシュレ…本の中のアシュレもあまり印象に残っていないのでこの配役で良かったのかな。
続編の「スカーレット」…ハーレクインロマンス的な内容で少々ガッカリ(~_~;)(作者はマーガレット・ミッチェルではありません)
スポンサーサイト

バービー服 KUPO流見返しのつけ方

「わたしのドールブック ジェニー16 フランス人形風ドレス」の型紙を少し改造しております。
15b182.jpg
①襟ぐりにレースを留めつけ、②レースを縫い込まないようにするために留め付けておく。
15b179-1.jpg
③表布と見返しを中表に合わせ背中から襟ぐりを縫います。片側に線が付いていませんが左右のそでぐりを縫います。
④見返し布を表布に合わせてカットし、縫い代に切り込みを入れて、余分な見返し部分を切り取ります。
15b180.jpg
④の後ろ布を肩を通して前へ引き抜くと表側になります。その後、脇を縫います(表脇と見返し脇を続けて縫う)
15b181.jpg
見返しを付ける前に前身頃のダーツを縫っておくべきでした(>_<) 見返し前中央がダブついてしまいました。 
別裁ちの小さな見返しを付けて縫うのは大変で、襟ぐりが伸びてしまったり左右のそでぐりが違ったりしがちです(ToT)
布の切れ端を利用した見返しを付けると、ミシンもかけ易くて襟ぐりやそでぐりも寸法通りに縫えます。
身頃が縫えたなら、スカートと身頃と合わせて縫い、スカートの裾の始末と開きの始末をしたら完成です(^^♪
15b185.jpg
参考までに見返しのつけ方(人間の洋服用)です。(古い本より抜粋)
15b183.jpg

ミミ日記 2015-15

ミミのかくれんぼ、その1。
15b176.jpg
ミミのかくれんぼ、その2。
15b175.jpg
ミミのかくれんぼ、その3。
15b178.jpg
危ない!危ない!(>_<) 
ミミがどこに居るのかを確認してからでないと、うかつにソファにも座れないし、布団の上も歩けません(ーー;)
布団にもぐるのが好きな仔が居る家庭では…皆さんこんな感じなのでしょうか?

人形服作りは一休み、こ~んな塗り絵で遊んでいます(^^♪
15b177.jpg

ミミ日記 2015-14 魔法のことば

♪君と君と お話 したいな 君と君と 友達に なりたい 
  でも 私の声が 聞こえないから 手で話そうよ 心が通う 魔法の言葉だから♪

子供達に手話を知ってもらう為や、手話サークルの活動発表会などで歌われている手話歌で、
“聴こえる子が、友達の耳が聴こえないので、手話を覚えて、話がしたい”という意味の歌です。

15b173.jpg
わたし、そんな歌知らないにゃ、それよりもヨーグルトが美味しいニャン。
15b174.jpg

この歌詞の中で「私の声が 聞こえないから」、 手話の単語表現は 「私 声 聞こえない だから」
・・・私の耳が聞こえない?あなたの耳が聞こえない?どっちだろう???
同じ疑問を持った人がいたのでご紹介を。 ♪~ でも~ 私の声が聴こえないから! ~♪ 大汗!!
私もサークルで聞いてみました。「私 声 (あなた) 聞こえない だから」 と表現するのが本来の通訳なのだろう・・・と。
ただ、作曲者ご本人が 「私 声 聞こえない だから」と表現しているので、手話歌としては有りなのでしょうね。

ちなみに耳が聞こえないろう者は手話歌が嫌いな人が多いそうです。
試しに知らない曲を消音(ミュート)にして聞いてみてください、楽しいとは感じないと思いますから。
音の高低を理解出来なくてもリズムは刻めるので、踊りやダンスを楽しむろう者は多いですよ\(^o^)/

15b172.jpg
言葉は通じないけれど心と心は何とか伝わるもんね~

ミミ日記2015-13

とうとう関東も梅雨入りしました。しばらくはうっとうしい天候が続くのかと思うとそれだけで気持ちがダウンしちゃいます。
オマケに左足の変形ひざ関節症に加えて右足も同様の症状が・・・(ToT) 
無理は禁物、しかし使わないと周囲の筋力が落ちる…自分の体と向き合って散歩・自転車こぎなどを続けるつもり。
一つ悪くなると次から次へ…これが老いというものなのでしょうか…、オイ老い!と掛け声を掛けては動いています(~_~;)

さて、今年もスズメの巣立ちの季節真っ盛り、梅雨入り直前の画像が↓
近くの枝に止まって親スズメから餌を貰う雛、駆け込むように食べる親スズメに比べてゆっくりと餌をついばむ巣立ち雛…
雛には昆虫を食べて欲しいけれど、見渡しても原っぱが無くて虫が少なくなっているようです。
そんなスズメ達にこの時期だけの大盤振る舞い・・・沢山食べて体力を付けて頂戴ね。
時折聞こえるチッチッチッとスズメの警戒音、近くに猫やカラスが居るのでしょう。自然の中で生き延びるって大変な事ですね。
15b170.jpg
スズメを見つめるミミが発する「ニャニャニャ」・・・
警戒音ではないし…狙った獲物を前に音を発して居場所を教えるような馬鹿はいないし…どんな意味なのでしょうね。

「お母さん、スズメの話よりも早くヨーグルトが欲しいの~」・・・とはミミの声です。
15b171.jpg

barbie服 ストライプ柄のサマードレス

ストライプ柄の布を使い…茶色は横縞を、黄色は縦縞を、続き身頃に使っています。
布の違いなのか?縦糸と横糸の違いなのか?茶色の方がきれいなドレープが出ました。
15b166.jpg
型紙は海外のサイトから。
①身頃のスカート部分に三角パーツを縫いつけ、②身頃を縫い合わせ、縁と開きの始末をします。
茶色は7枚・黄色は8枚の三角パーツを身頃のウエストラインの同位置に縫い付けるのは至難の業で、
ウエストラインがデコボコしています(T_T)
15b167.jpg
こちらは三角パーツを8枚使っていて、広げると全円になります。(後ろ中央スカート部分にも三角パーツが入っています)
15b169.jpg
こちらは後ろ中央スカートの三角パーツ1枚を抜いた7枚パーツ、こちらの後ろ姿の方がスッキリ見えますね。
縫い代を多めに縫っていたら後ろがキツキツで…開き部分に布を足しています。
15b168.jpg

ミミ日記2015-12

「真夏のような5月」も過ぎ去って6月に突入。暑くてもカラッとしてるのでこんな夏なら苦じゃないですね~。
家の窓を開けて置くと心地よい風が吹き抜けます。
動いている時は心地よい風も転寝している時は寒く感じてしまうのは年のせいなのでしょうか。

良く「お年寄りは暑さを感じにくいので熱中症になりやすい」って言われていますが、
温度に鈍感になるだけじゃなくて、実際に寒く感じてしまう…特に膝など古傷がある場所が一段と冷える気がします。
私もクーラーの芯から冷える風が苦手で、夏でもほとんど使いません。

毛皮を着ていても寒がりなミミは肌がけ布団の中にもぐってご就寝中。暑くなると↓のように「頭隠して足隠さず」の図に。
15b164.jpg
ミミ の視線の先にはミミのトイレ、昨年の今頃はラブのおしっこ問題で右往左往していたんだな~と思い出します。
奥のトイレはその時にラブ用にと作ったトイレの一つ…でも、ラブは使う事が無いまま天国へ旅立ちました。
縦90cm横45cm高さ90cmのゆったり空間のトイレを今はミミがしっかり使っています。
手前には元々使っていたフード付きのトイレがありますが、今は使われる事がありません、予備に置いているだけ(^_^;)
15b162.jpg
ラブのような立ちションで壁が汚れる心配もないので、中に低いダンボール箱を入れて、
ペットシーツを敷いた上に新聞紙を敷き、猫砂を入れています。
ラブはウン○を几帳面に埋めていましたけれど、ミミは埋めるどころか砂も掛けません(~_~;)
ミミは砂をカキカキする代わりに新聞紙をカキカキするので新聞紙がぐしゃぐしゃ・・・、新聞紙の交換は毎日です。

しっこ玉やウン○は↓のようにダンボール箱を引き出して取り除いています。
入り口が狭いので交換はちょっと面倒・・・手前の二つ繋げているカラーボックスの一つを撤去すれば楽なのですが、
階段上もミミのくつろぎの場になっているので狭くするのは可哀想な気がして・・・。
15b165.jpg
な~に、見てんのよ<`ヘ´>   ・・・的な顔です(^_^;)
15b163.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん