熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ミミの日常2014-45

パソコンの整理中、こんなミミの動画を見つけたので記事にアップします。
[広告] VPS

この動画はもう一匹のラブが小屋の中で寝ていた(まだラブが健在だった)夏の時のものです。
お留守番をしている時や人間が誰も見えない時、ミミはお気に入りのこの片方の軍手を咥えながらウロウロ・・・
時には悲しそうな呼び鳴きをします。
なので、ミミを置いて出掛ける時は「後ろ髪を引かれる思い」がするんですよね~。
そして、帰宅すると、↓のような光景が・・・
コタツの中の片方の軍手・・・これはミミのお気に入りのぬいぐるみのような存在なのでしょうね。
14b279.jpg
この記事が年内最後に記事になると思います・・・たぶん・・・
お正月寒波が来るようなので、お体に気を付けて、皆様、良いお正月をお迎えください。
スポンサーサイト

バービーの少しだけクリスマスな服

今日はクリスマスイブ、少しだけクリスマスな雰囲気を・・・と思ったけれど余りに手抜きな感じ…。
記事にするのがためらわれたけれど、せっかく撮ったのだからとアップします。
帯地のアンダードレスにオーバードレスを着せただけ(^_^;) 
手に持っているのは昨年のケーキに付いていた飾りです。
14b277.jpg
「クリスマス、クリスマスってお父さんもお母さんもクリスチャンだった?」
・・・と、鋭いミミの突っ込みです。

14b278.jpg

バービードレス

こんなドレスを作りました(^^♪
「鳥インフルエンザが流行っているようだけど、掛からないでね」
14b273.jpg
後ろ姿はこんな感じ。
14b274.jpg
ちょっとジャポニズム(^_^;)でお遊び・・・
右手に持っているのは「打ち出の小槌(うちでのこづち」(振ると様々なものが出てくると言われている伝説の槌)。
ジェニー用のかんざし・櫛、水引などで髪を盛ってみました。
14b275.jpg
アンダードレスとオーバードレスに分かれています。
布地は和服のコート地(手縫いでは縫いにくかったのでミシン縫いです)に、ブレードやレースで飾り付けしました(^^♪
14b276.jpg

ミミの日常2014-44

師走の選挙も終わり、自民圧勝・・・
アベノミクスを支持するというよりは、他に応援したい政党が無い…というところが正直なところのような気がします。

猛烈な寒波が日本列島を覆っているようです。
雪国から雪の無い関東に引っ越してきた当初、風の冷たさと家の中の寒さに驚きました(今は慣れましたけれど)
吐く息が白くなる古家の台所で半天を着込んでご飯支度をしています(~_~;)
それでも「雪の重みで家が潰れないだろうか」「落ちてくるツララが危険ではないだろうか」「電車は動いているだろうか」
…などと、雪国ならではの心配事が無いだけ気が楽ですね。
屋根の雪下ろしや玄関前の雪かきなど黙々と除雪をしている雪国の人々には頭が下がります。

ちょっと早いけれど、雪国育ちのミミの「行く年来る年」は・・・
14b268.jpg
2013年春、まだ雪の残る北海道から飛行機に乗って我が家に来たミミとラブ。
一年過ぎて2匹の猫は環境になじんだように見えましたが、体力の無いラブは残念ながら夏を越せませんでした。
ちょっと寂しくなっちゃったね。喘息発作を時々起こすようになったミミだって11歳、決して若くはありません。
14b269.jpg
・・・でも、良い事も沢山あったよね。ナント言ってもコレッ!ヨーグルトの美味さに目覚めました(^^♪
14b270.jpg
まだ底に残ってるよ、頂戴よ~!と、言わんばかりに容器に手を入れようとします。
しょうがないからお行儀が悪いけれどスプーンで・・・。
14b271.jpg
時間にルーズになりがちなリタイヤ夫婦に毎朝、「起きろ~」「飯はまだか~」…と、矢の催促。
猫が居るおかげで、規則正しい毎日が送れています(^_^;)
14b272.jpg
「寝坊したらガラス戸をガリガリして起こすし、不規則な生活になったらゲロッパしちゃうから」
「来年もこの調子でいくにゃ~」…、ミミの一声です。

バービーのコート(見返し有り総裏仕立て)

バービーのコートをどんでん返しで作る のコートの次にこんなコート↓を作りました。
14b266.jpg
表と裏です。表続きの見返しがあります。
14b267.jpg
仕立て方の説明は・・・、型紙通りに裁断します、前身頃に見返しがあります。
裏地の裁断はこの見返し分をカットします。(裏地の画像は無し)
14b257.jpg
表の見返しに残りの裏地を付ける。襟を作っておく。
14b258.jpg
表の袖口に裏袖口をつなげる。表の前後身頃の肩を縫い、袖を付ける。裏も前後身頃の肩を縫う。
14b259.jpg
表地と裏地で襟をはさむように縫う。
14b260-1.jpg
襟付けが終わりました。
14b261.jpg
表の脇から袖を続けて縫う。裏も脇を縫う、このときに左右どちらかを一部縫い残しておく。
14b262.jpg
中表にしてすそを縫う。裏地を控えるようにするために裏地を1~2ミリ外側に出して縫う。
14b263.jpg
裏地脇の縫い残していた部分から引き出して表に返し、裏袖を表袖にかぶせるようにする。
14b264.jpg
裏袖を裏身頃に縫いつけて、ボタン・スナップを付けたら完成です。(このボタンはスパンコールを代用しています)
14b265.jpg
小さな袖ぐりに裏袖をまつるのがちょっと面倒です(^_^;)
なので、見返しを付けた裏地付けよりも、どんでん返しの方法で裏地を付ける方が私は好きです(^^♪

ミミの日常 2014-43

舌をしまい忘れてるよ~(^^♪ 毛繕いで舌が疲れたのかしら?
14b241.jpg
バービーのコート作りでちょっと疲れたので休憩 フチ子ちゃんで遊んでみた(*^_^*)
完璧に危険運転・交通違反です!
14b255.jpg
オープンカーはウッドクラフト、運転手はポコちゃん(ケーキを持っています)、
助手席に座っているのは「コップのふち子ちゃん(さくらんぼを持っています)、真ん中もコップのふち子ちゃん。
14b256.jpg

バービーのコート(総裏付き)をどんでん返しで作る

白いコートに続いて青のコートを作りました(^^♪
14b254.jpg
参考にしたのはこちらのジェニー誌に載っていた型紙。
ジェニー誌ではフェルトの裏地なしだったので、「どんでん返し」で総裏仕上げにしました。
14b253.jpg
まず、型紙を置いて裁断です。100円ショップのひざ掛けのフリース素材を使って、手縫いでチクチク縫っています。
14b242.jpg
普通は5ミリの縫い代を付けるのですが、袖口だけは10ミリの縫い代にします。その理由は後ほど…。
14b243.jpg
表襟と裏襟を中表に合わせて外周を縫います。この時、裏地を1~2ミリ外側に出して(裏地を控える)縫います。
理由は表の襟下からだぶついた裏地がチラチラ見えるのを防ぐためです。
表に返したら内周の表地と裏地の縫い代を合わせてしつけをかけておきます。
訂正・・・画像内の2~3ミリは1~2ミリに訂正をお願いします
14b244.jpg
表地を①②③④と縫ったら、表地に襟つけをします。
14b245.jpg
表地と同様に裏地を縫います。
14b246.jpg
表地と裏地の袖口を中表に合わせて縫います。
14b247.jpg
上のように縫うと、裏地が控えられて袖口から裏地が飛びだす心配がありません。
袖口にステッチを掛けないでくださいね、次の「どんでん返し」ができなくなりますから…。
14b248.jpg
これからは私の好きな「どんでんかえし」の方法です。
右表地の脇→表地袖→裏地袖→裏地脇の順に縫います。左側も左表地の脇→表地袖→裏地袖→裏地脇と縫います。
人形服は裏地の脇を縫う時に表地の縫い代より余分に縫い代を取った方が中で裏地が泳がなくてすっきりします。
14b249.jpg
続いて身頃を中表に合わせて外回りを縫います。
この時も裏地を表地よりも1~2ミリ出して縫うと裏地が控えられて表への飛び出しが防げます。
私は引き出し口を後ろ首周りに持っていきましたが、後ろ裾を3~4センチ縫い残して引き出し口にしても良いですね。
縫い残した引き出し口から中を引き出すと…縫い代だらけの裏が見事に表に返ります…これが「どんでん返し」
訂正・・・画像内の2~3ミリは1~2ミリに訂正をお願いします
14b250.jpg
14b251.jpg
本当は最後にミシンステッチを掛けるのですが、きれいにステッチを掛けるのが苦手なんです、私(>_<)
なのでステッチ掛けは省略しています(^_^;)
それから、アイロンを掛けるという言葉を省略していますが、作業毎にアイロン仕上げをするときれいに仕上がります。

完成しました!(^^)!
「どんでん返し」・・・最初はメピウスの輪のようになったりした失敗もありますが覚えると便利ですよ。
ボア地はこの「どんでん返し」で総裏地を付けるとボアが裏地で封印されるので、着る度に糸くずがポロポロ(T_T) が防げます。
ミシンが無くても手縫いで作れますのでジャケットやコートの型紙があったらぜひ作ってみてくださいね。
ちゃんちゃんこ・半天もこの方法で縫えます(^^♪
14b252.jpg

バービーの白いコート

気がつけばもう師走・・・
バービー(ラクエル)に白いコートを作りました。
14b238.jpg
コートを脱いだら真っ赤なニット・・・このニットの作り方は  2012-01-17の記事 でどうぞ。
そのニットを脱ぐと下着・・・この下着はジェニーのお下がりなのは内緒よ。
この下着を脱いだ先は・・・?だめよ~!ダメ!ダメ!
14b239.jpg
アイロンをかける時に布を引っ張ったの原因で前端がとがってしまう失敗も(T_T)
見返し無しの総裏仕上げにしました。
糸が抜けやすい表地(ボア地など)は裏地で覆うこと糸くずがで封印されるので、糸くずがポロポロと出なくて良いですよ。
14b240.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん