熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

1/6ドール用袴製作4(完成)

腰板と腰板の中に入れる芯(ハガキを利用)。尚、腰板の三角形の付菱(つけびし)は省略しています。
13b235.jpg
腰板を後ろ袴に縫い付けます。
13b236.jpg
2.5センチ幅の布を後ろ紐用に約30センチ、前紐用に約60センチ用意します。
後ろ紐を付けます。腰板に付けるヘラ状の袴止め(前紐の結び目と背中との間に差し込みむ)は省略しています。
続いて前紐に前袴を縫い付けます。
13b238.jpg
左右の紐の始末をします。
画像がありませんが裏に返して裾の始末をします。
表に響かないようにまつりますが、脇見返し・内股部分見返し・裏ひだ部分を止めるだけでも大丈夫です。
13b239.jpg
完成です。上に着る稽古着はこれから作るつもりです(^^♪
15b030-1.jpg
15b039.jpg
剣道着の着付け方
① 稽古着を着用し、袴に足を入れます。
② 前袴の紐を後ろで交差させて前に持ってきます。
③ 中央で折り返して後ろにもって行き
④ 後ろで結びます。後ろ袴にヘラが付いている場合は前紐に差し込んで固定させます。
⑤ 後ろ袴の紐を前で結び
⑥ 整えます。
15b047-1.jpg
15b048.jpg
スポンサーサイト

1/6ドール用袴製作3 ハコマチ

脇を縫い終わったら、股下を決め、右足から左足へ、前中心から後ろ中心へとズボンを縫うようにしても良いと思います。
市販の剣道袴(人間用)にもマチは付いていませんでした。
ちょっと本格的な袴を作りたかったので股下にハコマチを付けます。
マチ布を付け位置に縫いとめます。

追記:前中心線をマチ付け位置まで縫い、同様に後中心線をマチ付け位置まで縫っておく方が、
↓のような「足の向きが左右で天と地」のような失敗が防げます(^^♪
13b230.jpg
足の向きを考えながらマチ布を付け位置に縫いとめます。
13b231.jpg
もう片方も同様にマチ布を付け位置に縫いとめます。
足の向きに注意して下さいね、私は足の向きが左右で天と地になってしまって縫い直しました(^_^;)
13b232.jpg
股下に四角い布の半分の三角のマチの部分が出来ました。なんだか折り紙みたいです(^0_0^)
13b234-1.jpg
左右の股下を縫い、背中心と前中心を縫います。
13b233.jpg
股下のマチ有りとマチ無しの画像です、ご参考まで。ほとんどの剣道袴(人間用)にマチはついていないようです。
15b027.jpg

1/6ドール用袴製作2 脇縫いまで

袴の型紙については 2015/1/29の記事 でどうぞ。型紙通りにひだを正確に畳み、アイロンを当てます。
前袴
13b223.jpg
画像内の右側に左側を差し込むように左右を合わせてみます。(裏の中心線が合います)
この時、ひだの間が等間隔になるとOK。正確な型紙写しが要求されますね。
このひだが揃っていないと袴としては×だと夫が申しておりました。
もし、ひだの間隔が揃っていなら面倒でも折り目付けからやり直した方が良さそうです。
13b224.jpg
「こんな裾広がりは袴とは言えない」と夫からダメ出しされたのが↓、後でやり直します(ToT)
13b229.jpg
後袴
13b225.jpg
前袴と同様に画像内の右側に左側を差し込むように左右を合わせてみます。(裏の中心線が合います)
13b226.jpg
紙の型紙では合ったのに、布の厚みやズレで中心部のひだの間が広くなる場合があります。
そのときは、差し込む側(向かって左)のひだを付け直してひだの間隔が均等になるように調整します。
15b040.jpg
ひだ調整しなかった方の中心線を生かして縫います。(調整した方は縫い代が多くなります)
↓はスカート状の行灯袴の例ですが、剣道袴も同様に処理します。
15b041.jpg
ひだの確認が出来たなら、ここから縫いに入ります。
前袴の「笹ひだ」の裏を表に響かないようにまつり縫いをします。
同様に後ろの「投げ」の裏を表に響かないようにまつり縫をいします。
13b227.jpg
左右の脇をすそから開き止りまでを縫います。
13b228.jpg

1/6ドール用袴製作1 型紙

剣道袴を作ろうかな~と思い立って(^_^;) 
「私のドールブック ジェニー13」から花婿用の型紙を引っ張ってきました。
はかまって型紙の大きさは左右同じなのに、左右でひだの数が違うんです(>_<)
右?左?山折?谷折?…頭の中が混乱しそうなので、布を裁つ前に紙で練習!

↓は前袴。ピンク色が山折、青色が谷折
13b219.jpg
↓は後ろ袴。ピンク色が山折、青色が谷折
13b218.jpg
型紙を並べるとこんな風↓、マチの四辺が各型紙の中央部に縫い合わさるようです。
また、型紙に並べていませんが後ろ型紙内にある背板が付きます。
13b220.jpg
ひだをたたんだ前袴(画像の脇の畳み方が間違っていました、これでは笹ひだが見えませんね…縫う際に修正します)
また、人形に合わせてみると脇の開きが長くて剣道袴だと足が見えてしまうのでこちらも短く修正するつもりです。
13b221.jpg
ひだをたたんだ後ろ袴
13b222.jpg
何でこんな左右で違う面倒なひだの入れ方を・・・それには訳があるようです。
前袴の五本のひだは、儒教の教えである「五倫五常の道を諭したもの」とされています。

「五倫」は基本的な人間関係で父子の親・君臣の義・夫婦の別・長幼の序・朋友の信。
君臣は義を重んじて互いを思いやる。
父子は親しみをもつ。
夫婦は互いの役割を持つ。
長幼(兄弟)は互いを愛し、敬って序(上下関係)を守る。
朋友(友人)は信じ合う

そして、「五常」は仁・義・礼・智・信。
仁-思いやり、なさけ、慈しむ心。
義-義理、道徳や倫理にかなった行い。
礼-礼儀、尊敬し、敬う心。
智-知恵、正しい判断をする知識。
信-信義、信頼、正しい心。

また、後ろの一本の襞は「男子として二心のない誠の道」を示したもの…だそうです。

ちなみに女性が卒業式に着用するスカート状の行灯袴は後ろのひだが3本になっています。
これは女性の体型に合うようになったものと言われています。

追記;
13b243-1.jpg
剣道袴に合うようにこの型紙を少し修正しています。
稽古着下の足が見えそうなので脇の開き位置を変更、
背板の下が浮き上がる(帯高がないため)ので後袴を前袴と同じ高さに変更。
型紙については 2015/1/29の記事 に詳しく書いています。

猫たちの日常10

台風一過の後、朝晩は肌寒いくらいの気候になってきましたね。
落ち着いた天気なのでセッセと布団干しやらカーテン洗いをしています。
ミミとラブも気持ち良さそうに日光浴と毛づくろいに余念がない毎日(^^♪
13b214.jpg

13b213.jpg

13b215.jpg

13b216.jpg
そんな二匹もくっついたり離れたりで仲が良いのか悪いのか…(^_^;)
13b217.jpg

猫たちの日常9

ダンボール小屋を新しくしたのに続き、猫にとっては迷惑な配置替えをしました。
カラーボックスとエアロバイクの場所をチェンジ!
私がエアロバイク中に猫が近寄って来ても気が付かない事があったので、
事故防止のためにエアロバイクを猫トイレ側に寄せて、カラーボックスを前側にしました。
猫トイレ側が三角という変形な部屋なので、今度はエアロバイクを漕いでいる時でも
部屋を見渡せるので猫たちの動向が分かりやすいかな。
一応エアロバイクの後ろは古新聞と猫砂で塞いでいますが、それでも足元には十分気をつけなくちゃね。

爪とぎの置き場所も変更予定…ですが、ラブがこの場所を気に入っているのでどうしようかと思案中。
ラブはダンボールの爪とぎがお気に入り、ミミは下に敷いているヨガマットで爪とぎ…好みもそれぞれですね。

薄い布団で覆った暗がりも落ち着くようで、ペットケージのシェルターにも時々入っています。
このシェルター、寒くなった時には中にペットヒーターを入れて猫コタツもどきにしようかなと考えてるのですが、
大きさは十分なのに、二匹一緒には入ってくれないみたいです(ーー;)
13b209.jpg
背板を抜いたカラーボックスを背中合わせに並べ、ダンボールとカラーボックスとで窓台への足掛かりを。
猫って狭い空間が好きですね~、↓は窓台で寝ているミミ。
13b212.jpg
カラーボックスに猫ベッドを置いたら不評だったので撤去、すると二匹とも入ってくつろいでいました(^^♪
13b211.jpg
ミミ 「猫グッツを増やす一方のお母さん、ちょっとあきらめ顔のお父さん、ケンカしたらどっちが強いかにゃ?」
ラブ 「僕…分かんにゃ~い、僕は美味しい物をくれるからお父さんもお母さんもどっちも好きだにゃん」
お母さん 「拡張って言ってもリビングだけ。他の部屋は君たち猫は立ち入り禁止よ、分かってる?」
ミミ 「他のお部屋に興味津々なんだにゃ」
お母さん 「ハイハイ、ミミが好奇心旺盛なのは十分に分かっていますよ」
13b210.jpg

猫たちの日常8

13b203.jpg

13b204.jpg

13b205.jpg

13b206.jpg

13b207.jpg
妹がミニ(=^・・^=)のミミとラブをフェルトで作ってくれました(^^♪
13b208.jpg

猫たちの日常7

昼間はまだまだ暑いにゃん
13b200.jpg
僕は気持ち良く寝られるにゃ~ん
13b201.jpg
なんかお母さんが部屋の模様替えを考えているみたいだにゃ
このままで良いのにね、場所が変わると僕混乱するにゃ~
13b202.jpg
そんな猫たちの意見を小耳に挟みながらも…新しいダンボール小屋を作りました。
13b193.jpg 13b194.jpg 13b195.jpg 13b196.jpg
38cm×58cm高さ30cmのダンボールを用意。
このダンボールは薄かったので、補強にもう一枚ダンボールを入れています。
古いコタツ布団をダンボールに入る大きさに切って周囲をミシン掛け、その後洗濯しています。
その布団を着古した綿のTシャツの中に入れて床面にセット。
なぜ綿のTシャツ?冬の乾燥時に綿素材だと静電気が起きにくいと思ったので…。
猫の毛と床材が擦れて毛が逆立ったりバチバチするのは猫もイヤでしょうから。
出入り口の穴を開けて、天井に猫が乗った時の補強の為にアクリル板を乗せて小屋の出来上がり。
↓が1階はトイレ、二階・三階は住居…という猫マンションです。
13b197.jpg
二匹とも小屋を気に入ってくれたみたいでホッ!
肌寒くなったらきっと使ってくれるでしょう(^^♪
13b198.jpg  13b199.jpg

9月はお月見

9月19日(旧暦8月15日)は中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)です。

中国から仲秋の十五夜に月見の祭事が伝わると、平安時代頃から貴族などの間で観月の宴や、
舟遊び(直接月を見るのではなく船などに乗り、水面に揺れる月を楽しむ)で歌を詠み、宴を催した。
また、平安貴族らは月を直接見ることをせず、杯や池にそれを映して楽しんだという。

現代では、月が見える場所などに、薄(すすき)を飾って月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛り、
御酒を供えて月を眺める(お月見料理)。この時期収穫されたばかりの里芋を供えることから、
十五夜の月を特に芋名月(いもめいげつ)と言う地方もある。
                                   ・・・ウィキペディアより
13b190.jpg
肌着・長袴に 過去記事(100均素材で十二単) を作った時の単を羽織っています。
髪は100均で見つけた人間用のエクステ(つけ毛)を利用。

13b192.jpg
9月に入ったのにまだまだ暑~い!
34度?35度?こんな暑い日には長袴をたくし上げて単を羽織ってのお昼寝に限るわね!
あられもない姿で失礼するわ。誰?貞子みたいって言ったのは?
長い髪は女の命なの…でも髪が長いと手入れが面倒なのよね。
13b191.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん