熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

猫飼いの工夫

夫の膝の上に乗った「ミミ」が見つめるものは・・・
13b133.jpg
子育てに忙しいスズメたち
13b134.jpg

猫飼育2ヶ月の私が試みた工夫
① 食事
  特に「ミミ」の場合、噛まずに丸呑みなので、ガツガツと食べるとすぐに吐き戻す&食べ過ぎで太ってきました(^_^;)
  「ゆっくり食べる」そのような食器も売られていますがお値段が高いので…。
  これは100円ショップで仕入れた電子レンジ用のお皿などにかぶせる蓋。
  中央に突起があるので、深く顔を入れられずに食べるスピードが多少スピードダウンかな。
  他に食器にゴルフボールを入れてみたけれど、あまりに食べにくそうだったので止めました。

  ドライフードなので便秘予防に人間用の乳酸菌整腸剤を一粒二粒半分に割って入れています。(白い粒)
  また、沢山の水を飲んで欲しいのでお湯を足してぬるめにしています。(温かい方が良く飲むようです)
  そして、やっぱり草を食べたそうにしていたので、猫草他イネ科の草を少々お皿に入れました。
  (長い草のまま食べた時にトイレでキレが悪かったらしく、お尻を床にこすりつけたので、草を短くカットしています)
  草の手前は猫用ガムですが、二匹ともお好みじゃないらしく却下(>_<) 気が変わるかも?と思って置いています。
13b135.jpg
② トイレ
  キャットフードの多さにもビックリしましたが、猫砂の種類の多さにもビックリ(@_@;)
  元の飼い主は鉱物系の砂を使っていました。
  鉱物系の砂が自然に近いようで猫も大好き、お値段もダントツでお安いのでこれを使いたい…
  ですが、燃えるゴミとして出せない、かといって不燃物ゴミとしても出せない自治体が多い。
  なので、色々なトイレ砂を試しています。

  右の白っぽいのは紙砂、粒が大きく軽くてふわふわしている感じで最初見向きもされませんでした(T_T)
  鉱物系の砂と混ぜたりしてして使っている内に使ってくれるようになりました。
  茶色っぽいのは木製砂からおから砂に切り替え途中の混ぜ混ぜの砂です。
  木製の砂も良かったのですが、ウン○と色が紛らわしいので切り替えることにしました。
  世の中、豆腐を作った後のおからから出来た砂があるんですね。
  猫砂は猫の気持ちよりも人間の都合で決まっちゃいます。

  一番下にペットシーツを敷き、その上に新聞紙を敷いて砂を敷き…と三層構造に。
  ウン○をした後は即片付けるようにして、新聞紙は毎日取り替えています。
  ペットシーツはしみたおしっこで臭くなったら交換、砂は時折全とっかえしています。

「ミミ」は粒の細かい木製砂がお好みで、ウン○を埋めません。
また、新聞を取り替えると即二つのトイレに入り、匂い付けの感じでほんの少しのお湿りを残していきます。
メスなのに相当ボス意識が強い猫なのかも知れません。
片や「ラブ」は細かい砂が足に付くのがお嫌いのようで最近は紙砂がお気に入り、ウン○を丁寧に埋めます。
トイレの使い方も猫それぞれです(*^_^*)  
13b136.jpg
スポンサーサイト

猫を飼って気づいた事

その一 「爪って鞘からはがれる」
古い爪の下から新しい爪が生えて、古い爪は鞘から剥がれる。
猫の爪も人や犬と同様に伸びていくものだとばかり思っていた私は、猫を飼うまで知りませんでした(@_@;)
剥がれ落ちた猫の爪↓
13b129.jpg

その二 「食べたら寝る」
一日に14時間~18時間程度は寝ているようです。
人間がこんな生活を続けていると間違いなく「ロコモティブ・シンドローム(運動器症候群)」になるでしょうね。
ソファーの足元で寝ている「ラブ」と、ソファの上で寝ている「ミミ」
13b130.jpg

その三 「吐き戻しが多い」
一度にガツガツと食べたりすると、すぐに「ゲー」となります。
また、空腹過ぎても胃液が逆流するらしく吐しゃ物が…、朝起きるとまずこの始末をすることが良くありました。
夜中に動き回っている様子にも見えませんが、夜行性の猫は夜もお腹が空くみたいです。
吐き戻しも猫トイレでしてくれるとありがたいのですがそこは猫、所かまわずで…(T_T)
室内飼いの場合、この吐き戻し(人間の吐しゃ物と同じ)の臭いがとても気になります。
吐き戻した本人(本猫)もこの臭いはイヤなようで避けて通ります…わがまま~((+_+))

餌入れを床置きから台の上に乗せて少し高めにしたり、一回の量は少なめにして食事の回数を増やしたり、
調べてはあれこれと工夫しているところです。
最近は吐き戻しの回数は減りましたが、急に寒かったりするとゲ~って(ToT)
…猫の消化器官ってデリケートなのかしら。
それから、少し食べ離れてはまた食べだすなど「だらだら食い」「ちょこっと食い」をするようですね。
前の飼い主のように置き餌の方が良いのかしら?と、思案中です。

毛玉を吐く…そのブツはいまだに見ていませんがこれから見ることになりそうです(ーー;)
猫草が良いのでは?と与えてみましたが、調べると胃を刺激して吐き出させる作用なのだとか…。
口から吐き出すよりはウン○として排泄される方が良いと思うので、それ用の餌に変えてみようかなと思っています。

お気に入りの場所がコロコロと変わって、小屋に入って寝る「ラブ」と、布団にもぐって寝るミミ
13b131.jpg      13b132.jpg

その四 「トイレハイ(別名ウンチハイ)」
猫がトイレから出た後に「どうしちゃったの?」と思うぐらいに部屋の中をダッシュで駆け回ります。
「ミミ」はこの行動を良くするし、ウン○の前やおしっこの後でもすることがあります。
片や「ラブ」はあまりこの行動をしませんから、固体差があるのでしょう。
どうしてそんな行動をするのか諸説あるようですが、「あ~、さっぱりした」が近いのでしょうか。
猫の気持ちは分かりません(>_<)

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん