熟々年

ご訪問ありがとうございます。

OLの仕事

どうぞこちらでお待ち下さい。

気を付けてお帰り下さい。
13b128.jpg
スポンサーサイト

子スズメと猫に萌え~

過ごし易い気候になりましたね。
庭の餌台そばで、くちばしに黄色い縁取りのある子スズメが親鳥から餌を貰っている姿が見られるようになりました。

庭に来たスズメを猫のミミ(茶色)が獲物を狙うように身を潜めて見ていると、そこに「僕も見る」とばかりに
ラブ(黒色)がドカドカとやって来て、驚いたスズメが飛び立つ…そんな事を繰り返しています。
賢いおとなの猫のミミと天然で万年お子様のラブとのコンビ…
ミミの後を付いて行ってはミミの邪魔をするラブに時折ミミが切れて猫パンチ(^_^;)
13b110.jpg
そんな二匹の猫もこうしてくっついて寝ています(*^_^*)
13b111.jpg
時にはラブに邪魔されずにノビノビとしたいのよ~(^o^)丿
13b113.jpg
ズズメと猫に癒されて、久しぶりに折り紙で小さな鶴を。20ミリで折りました(^^♪
13b112.jpg

飼い猫 ラブの事

相変わらず顔を右に傾けて歩いていますが、ヨタヨタした歩き方からだいぶしっかりした歩き方になってきました。
(病院で検査した訳ではないので確実ではありませんが、右目の視力を失っているようです)
13b097.jpg
ある日の午後、ダンボール小屋でお昼寝中(白い手が出ています)
13b098.jpg
「ウン?何?」っとギロッと睨まれました(^_^;)
13b099.jpg
お目覚めの後は爪磨きニャ~
13b100.jpg
このラブ君、虚弱体質の他に知的障害もしくは発達障害を持っているのではないかと思えるのです。
もう一匹のミミが寝ている上にドカッと座って場所を横取りする、ミミの餌を横から奪うなど…
ラブは他者の存在などお構いなしに自分の本能のまま動いている感じなのです。
猫の飼育経験がある夫も「普通の猫とは違う、一番猫らしい猫かも…」と。

ラブが弱々しかった頃は甲斐甲斐しくラブの毛づくろいをしていたミミですが、
元気を取り戻すと同時に傍若無人ぶりを発揮するラブをミミはうっとうしく思うのか、
ミミはラブを避けているように感じる事が時折あります。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん