熟々年

ご訪問ありがとうございます。

ラブ(猫)の歩く姿

ボケボケ、ブレブレの動画ですがお許しを…。
たぶん右目が見えていない状態で歩く猫のラブです。
[広告] VPS

何気ない時でも頭を振る時があります。
見えたり見えなかったりしているのか、もしくは弱視状態になっているのか…。
今の見え方に慣れるまで、しばらくこのよたよた歩きが続きそうです。
スポンサーサイト

猫の紹介 ラブ

北海道の実家から連れ帰ったもう一匹の猫は推定5~6歳のオス猫の「ラブ」
亡き母が野良だったのを家に引き入れた猫ですが、野良気質が強くて人に抱かれるのを極端に嫌がります。
虚弱体質というか食が細く骨格も細くて普通の親猫より一周りも二周りも小さな猫です。
2ヶ月ほど前に頭部を強打し、外見上では分かりませんが右目の視力を失ってしまったようです。
上に登ろうとしませんし、以前片方の視力を失ったウズラのピーと同様に顔を傾けて歩いていますから。
過去に飼っていたウズラについては過去記事の二羽のウズラの思い出でどうぞ。
13b078.jpg
陽だまりでくつろぐ二匹の猫達。
散らかっている草は庭にこぼれた鳥の餌から出てきた草なのでカナリーシード草(たぶん)です。
カミカミして食べていました(^^♪ 猫草はただいま栽培中(*^_^*)
13b079.jpg
二匹のツーショット。
13b081.jpg
これからこの二匹の猫たちとどんな暮らしが始まるのか不安と期待でいっぱいです。

猫の紹介 ミミ

北海道の実家から連れ帰った猫の紹介を。
一匹目は10歳のメス猫の「ミミ」
実家の飼い犬がまだ目も開いていない子猫を拾ってきたのが始まりで、
子猫のミミは飼い犬の後を追うようにして犬と一緒の時間が長かったのだそう。
早く母猫と引き裂かれたせいなのか毛布や人の手を噛みながら寝る…といった困ったクセの持ち主。
寒いと人が寝ている布団にもぐりこんでくるほど人間にも懐いています。
が、ミミに関わると噛み後と引っかき傷で無残な手になってしまいます。私の手もそうした傷跡が増えています(^_^;)
13b076.jpg
やんちゃで好奇心旺盛。
後で紹介する「ラブ」の体の調子が悪い時には毛づくろいをして面倒を見たり…という心優しいおばさん猫です。
↓は台所にいる私を「何してるの?」とばかりにガラス戸をカキカキして覗き見しているところです。
13b077.jpg
もう一枚、日向ぼっこで気持ち良さそうな表情のミミです。
13b082.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん