熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ドール服 ニットスカート

ニットセーターに続いてスカートも作りました。
11b290.jpg  11b291.jpg 11b295.jpg
25目作り、裾には縄編みを入れ残りはガーター編みです。
ウエスト部分(3目)は引き返し編みをしています。
編み終わったら編み始めた部分と接いでスカートの出来上がり(^^♪
縄編みの模様と模様の中間で接ぐ方がきれいに見える事に気がついたのは編み出してかなり経ってから…
最初の縄編みを一模様編んでしまった為、接いだ部分の模様がちょっと汚くなってしまいました(~_~;)

11b292.jpg  11b293.jpg  11b294.jpg
「アヤ」のニットツーピース姿です(^^♪
スポンサーサイト

1/6ドール服 袖口から編むセーター

中細程度のモヘア糸と0号棒針を使用してガーター編みと縄編みの袖口から編むセーターを作りました。
尚、途中で編み直したので、画像の目数や段数には統一性がありません。

11b283.jpg  11b284.jpg  11b285.jpg
18目を作り目して中央に4目・6段の縄編み、他はガーター編みで編みます。
袖を編んだら右に16目巻き目で増やし(左画像)、続いて左も16目巻き目で増やし(中央画像)
縄編みの一模様(6段)を前後身頃を通して編みます。
次に縄編みの模様から前身ごろと後ろ見ごろに分けて編みます(画像では左が後ろ身頃、右が前身頃)
身頃を分けた際、後ろ身頃・前身ごろ共に縄編み部分の2目に端分として1目足して編みます。
右画像は後ろ身頃が編みあがったところです。

11b286.jpg  11b287.jpg 
後ろ身頃よりバスト分だけ身幅を広くした前身頃も編みあがりました。(左画像)
首が入ることを確認します。
縄編み部分に1目づつ足した分を減目して、前後身頃を通して縄編み一模様(6段)編みます。(右画像)
右袖から襟を通して左袖に縄編みが続きます。
左と右の縄編みは逆向きにしたほうが襟元がきれいに見えるようです。

11b288.jpg  11b289.jpg  11b280.jpg  
袖部分を残して右側を伏せ止め(左画像)、続いて左側を伏せ止め(中央画像)、袖を編みます。
編み終わりました(右画像)

11b281.jpg  11b282.jpg
袖から身頃を通してとじて、出来上がりました(^^♪

ミニクリスマスリース

折り紙のNaomiki Sato Rose話題が続きましたが、クリスマスリースも作りましたよ(*^_^*)

6センチ巾で長さ60センチのフェルトを用意し、2センチ巾に切り込みを入れてマジック(トリック)編みをします。
毛糸でベルを編み、そしてNaomiki Sato Roseを一輪。
レザークラフト・編み物・折り紙…手芸の技法のコラボで、ミニ・クリスマスリースの出来上がり(^^♪
11b253.jpg  11b254.jpg  11b271.jpg
マジック(トリック)編みについては3本マジック編み&トリック編み】037:『簡単♪レザークラフト動画』で。
クリスマス・ベル の編み方はオオムラの上にある「作り方いろいろ」からどうぞ。
Naomiki Sato Roseの折り方はNaomiki Sato Roseの練習で。

ドール服 セーター三人娘

11b230.jpg
左のロールネックのセーターと中央の丸ヨークセーターは0号棒針と中細で過去に作ったもの。
右の縞々セーターは自作した0号より細い針を使って極細毛糸を編んだ最近の作。
編み目の細かさがやはり違いますね。
どれも首から編み出す輪編みで編んでいるので接ぐ部分はありません。
ネックから輪編みで編む方法は過去記事のネックから編むセーターで。

自作の棒針は休み目に使う道具のピンを伸ばして先端にやすりを掛けて作りました。
画像は棒針にする前の元の姿と作った針。上の一本は0号で、下2本が作った棒針です。
11b231.jpg
「針金を切って作れるよ」の情報にアルミの針金を購入しましたが柔らか過ぎて×でした。
ステンレスの1.2ミリの針金を買いなおしました。
細い針で何を編みたいかというとアラン模様を入れたセーターなんです(^_-)-☆

折り紙 Naomiki Sato Roseの講習会

折り紙作品のakoさんが講師のNaomiki Sato Roseの講習会に行ってきました。

公開されている五角の薔薇(Naomiki Sato Roseの折り方指南)の画像、mixiの「折り紙で作る薔薇」コミュ
での情報を基に今までバラを折っていました。
ですが、バラの形にならないのであきらめ、折りやすい四角形のバラを折っていました。
「やっぱり五角のバラを折ってみたい」「花びらの形成が良く理解できていない」
「Naomiki Sato Roseは日々進化しているので分からないことだらけ」・・・・・

今回タイミング良く講習会の案内が有ったの講習会に申し込みました。
講習会として行うのは初めてだそうで、私はナント第一期生です。

その時の記事は折り紙作品の講習会レポでどうぞ。
そして↓は私が講習会で折ったバラです。
11b226.jpg
…本当は恥ずかしくて公開したくはないのですがダメな見本として良いかな?と。
うやむやに折っていた部分や疑問点も講習会で解決出来てスッキリ!後は練習あるのみです。
Naomiki Sato Roseは折りばら(福山ローズ)のように誰が折っても同じ形になるものではありません。
折る人の個性が出るバラだと思います。
講習会の成果は…近いうちに記事に出来ると良いな~・・・こうご期待?!

↓は講習会でのサプライズプレゼントだった作者の佐藤直幹氏が自らが折られたNaomiki Sato Rose。
上から見ても下から見てもきれい。横をぐるっと回しても、どの面も均一化されていてます。
花びらの大きさ、角度、高さなどが5辺とも同じになるように折らなくてはこんな美しい薔薇にはなりません。
実物のバラよりバラの美しさを表現しているようです。
11b227.jpg  11b228.jpg  11b229.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん