熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

「計画停電」の総括(完全廃止にはなっていませんのでまだ途中…)

2011年3月11日に起こった東日本大震災による電力供給不足に対応するため
他に電力供給不足時の実験説、原発推進のための「必要の無い計画停電」説があるが真偽は不明
3/14日の朝一番からの計画停電(輪番停電)を3/13日の夜に東京電力と政府は発表した。
3/13日の夜に開かれた東京電力13日の記者会見のやりとりから計画停電部分を抜粋しました

■計画停電について(回答者は断りがない限り藤本孝副社長)
【Q】東京都心の区は対象にならないのか。15日以降はどうするのか。
【A】計画停電の対象地域とグループは、毎日の需要を見てきめ細かく決めたい。
15日以降は、前日の夕方までに計画を出したい。
   住宅などは東京都心でも対象になると思う。都心部の国の中枢機関については対象にしないように考えたい。
   中央区、千代田区、港区は対象にしない。
【Q】病院や、自宅で人工呼吸器を使っている人などへの対応は。
【A】できるだけ病気の方の要望に応えたい。
   発電機を載せた電源車や、小さな設置型の発電機を集めており、無償で貸し出したい。
   要望がある方はカスタマーセンターに申し出ていただきたいが、数に限りがある。
【Q】電源車や発電機はいくつあるのか。
【A】関東地区に電源車は約100台、小さな設置型の発電機は400台ある。ただ、これでは足りないと思っているので、
   他の電力会社からの応援や購入、リースで集めるよう指示をしている。
【Q】1軒の家が複数のグループに入ることはあるのか。
【A】それはない。1軒は1グループ。ただ、1グループが1日2回停電することは場合によってあり得る。
【Q】電車への影響はあるのか。
【A】都心の主要な鉄道は、地下鉄、JR、私鉄も含め電源を切り回す(自社で融通できる)施設があれば止まらない。
   ただ、それ以外で(電源)ネットワークがないところは、3時間は止まる。
   JRには電源が足りないところは、少し間引き運転をするようお願いしている。
【Q】信号は消えるのか。
【A】3時間程度は止まる。対応は、警察にお願いするしかない
【A(担当者)】14日の対象地域の警察には個別に連絡している。警察のご理解をいただきながら、
主要交差点は手旗で対応していただくようお願いしている。
【Q】各家庭でのブレーカーの操作は必要か。
【A】ブレーカーの操作はいらない。
【A(担当者)】ただ、計画停電の間にアイロンやドライヤーなどのスイッチを入れたまま出かけると、
電気を復旧したときに、スイッチが入って熱を出す恐れがあるので注意をしていただきたい。
【Q】計画停電はいつまで続くのか。
【A】現在、地震の影響や定期点検で止まっている火力発電所が、いつから運転できるかによる。
運転できれば、停電の対象になる戸数は減ってくる。長期間で申し訳ないが、
今のところ4月中にはなんとかできるのではないか。ただ、7~8月に冷房用の電力需要が出てくると、
再び計画停電を考えざるを得ないと想定している。

東京電力が3/14日から始まった計画停電の実施を発表したのは、前日3/13日の夜。
グループ分けの不備が目立ち、実際に停電してみないと自分の区域が何グループなのかさえ分からない人もいた。
その理由として計画停電 混乱の原因は?から抜粋すると
・・・・・・・・・・・・
火力、原子力、水力などの発電所で作られた電気は電圧を高くして送られ、その電圧を変電所で下げる必要があります。
各発電所から500kvで送られた電気は、まず超高圧変電所で275kvに下げられ、次の一次変電所で66kv、
そして次に配電用変電所で6.6kvまで下げられ、配電線を通じて200vや100vの電気が各家庭に供給されています。

電圧を下げれば電流は増えますので、こうしてどんどん電圧を下げながら、枝分かれしてたくさんの箇所に
電気が送られていきます。
今回の東京電力が行っている計画停電では、66kvの1次変電所のスイッチを切っていますので、そこから下の
レベルへの電力供給がストップすることになります。

鉄道のような大口の電力需要があるところへは、もともと66kvのようなある程度高電圧でも電気を送ることができますが、
病院や信号機は、6.6kvより下に位置するので、今回の計画停電ではピンポイントの送電は難しいでしょう。
たとえ計画停電が6.6kvの変電所のスイッチを切って行うとしても、送電を切る仕組みが複雑すぎて、
現実的に小口の需要家へのピンポイントの送電は不可能と思われます

変電所から送電しているエリアが、行政の区画と一致していないためです。
市や区などは複雑な形をしていますが、電気は変電所から放射線状に送られますので、それらを一致させることは
なかなか困難です。
また、1つの県だけを1グループにまとめるというのは、分かりやすい分け方に思われるかもしれませんが、
一定の地域の送電を切ることになりますので、他の地域の送電線に流れる電気の量に偏りが出てしまい、
不安定な状態になってしまいます。
1つのグループに色々な地域を入れることで、各所で送電が切られ、全体的なバランスが取れ、
電気の流れが大きく変わらずに済んでいます。
・・・・・・・・・・・

こうして3/13日深夜にグループ分けされた「計画停電(輪番停電)」は、
翌3/14日の早朝からから無計画に始まりました

時間的猶予のない発表で、鉄道各社は運休や運行本数を減らすなど対応に苦慮。
3/14日の計画停電は午前6時20分に開始予定だったが、実施直前の5分前に見送り。
だが、3/14日の首都圏の出勤ラッシュを直撃し、各地で出勤困難者が続出した。
午後5時過ぎに茨城、千葉、山梨、静岡の4県の一部地域で実施した。
被災地の断水が続く茨城県鹿嶋市や千葉県旭市でも実施され非難を浴びた。
3/13日午後にやっと通電したばかりの避難所17カ所も停電し、住民の不安は一気に増幅した。

3/16日には、第2グループの計画停電中に「第3グループ」と説明を受けていた東京都小金井市役所
第2庁舎が停電。コンピューターシステムがダウンするなど、予定外の地域で停電が発生し、混乱した。
3/17日にも被災地として除外するとしていた千葉県浦安市で計画停電を実施。

計画停電が原因で産業界での混乱は無視できずに多少なりとも報道がされたが
3/15日には計画停電が実施される場合の労働基準法第26条の取扱いについて
厚生労働省が「計画停電に伴う休業は賃金補償しなくていい」という通達を出していた、
この件はあまり報道されていなかったと思います。

報道された産業界のみならず、いたるところで計画停電での弊害があった。
約2週間にわたってほとんどの区間で運休した相模線(茅ケ崎―橋本、33・3キロ)はもっとも影響を受けた。
相模線は東京電力が供給する高圧電気を2カ所の変電所に集め、そこから架線にだけ配電する仕組みだった。
一方、信号や踏切の電気は、変電所を通さずに東電から直接供給を受けていた。
そのため、路線のどこかが停電すると電車は動かせても信号や踏切が作動しなくなる可能性があり、
計画停電の開始予定日だった3/14日から運休を余儀なくされた。
(4/28日から電源系統の変更工事が始まった)

計画停電で公演中止・延期が相次ぎ市民の文化活動にも支障が出た。
停電になると舞台装置が作動しなくなることなどから大半の催しが中止や延期になった。
「チケットの払い戻しなどを考えると、早めに実施するかどうか決めないといけないが、
前日まで停電するかどうか分からない状態では開催できないのが現状だ。

他に計画停電での身近な弊害を見てみると…
1、ニュースになった事
  信号機が消えた交差点で、少なくとも死亡事故が2件、重傷事故が2件
  搬送先の病院が停電のため検査ができず重体になった
  君津市で計画停電中、使用していたろうそくが原因で家が全焼するなど県内で2件の火災
  八千代市で停電解除直後に配線コードのショートが原因の「通電火災」とみられる原因で火災
  八王子市で画停電中、61歳の男性が、発電機を使用して、一酸化炭素中毒で死亡
  青梅市で七輪などで暖をとり、一酸化炭素中毒で、重傷者1名、軽症者1名
  発酵食品(ヨーグルト・納豆など)や医薬品が製造出来ない
  鎌倉の病院では、計画停電で人口透析用の機械の故障が相次いだ
  神奈川県で県営水道の一部地域で断水、水の出不良、にごり水の発生
  水道水をつくる浄水場や下水を処理する終末処理場では自家用発電機を使用
  茂原市ではエレベーター閉じこめのトラブルが7件、家の中で転倒し負傷するケースが2件

2、市民生活で困った事 
  市役所・市民会館等公共施設が停電時間は使えず、ほとんどの行事はキャンセルになった
  (後にチケットの払い戻し作業が発生した)
  スーパーの売り場からヨーグルト、納豆を始め冷凍食品・生鮮品が消えた
  飲食店では刺身などの生もののメニューが出せない
  歯医者・美容院などは受けていた予約をキャンセル、新たに予約受付も出来ない
  防犯のため、自治会はパトロールを強化、警察官は署内での寝泊りを余儀なくされた
  一部のマンションでは水道も止まり、当然、トイレも使用不可
  学校給食は簡易給食(調理作業を伴なわない、主食(パン、ごはん)と牛乳のみの給食が予定された
  小学校の先生は休憩時間になるとトイレに水を流す作業が発生した
  人工透析が実施できなかった
  手術が予定どおりできなくなった
   自宅で人工呼吸器が使えなくなり入院を余儀なくされた
   パーキングから車を出せなくなった
  観光地の旅館が停電するとわかると旅行はキャンセルせざるを得なかった
  ゴミ処理場がストップした(立川ほか)

3、生活面で困った事
  交通機関の運休でバス代など余分な出費が掛かった
  私鉄も停電、バスもほとんどない地域なので困った(最寄のJR駅まで徒歩1時間半以上かかる)
  携帯電話を持たない一人暮らしのお年寄りは救急車も呼べない
  エレベータが停止しているのでストレッチャーが使えず、背負わないと救急車にすら乗れない
  温調節が出来ない重度の障害者がいる家庭は3月の停電時に低体温にならないようと苦労した
  スーパーやドラッグストア等お店の開店時間、閉店時間が毎日変わるので、振り回された
  勤務先、自宅、学校、外出先の停電時間が異なるのでまったく予定が立てられない
  通電時間に家事をしなければ…と思うだけでとてもストレスを感じた
  帰宅時、夜道の一人歩きはとても怖かった
  赤ちゃんがいるので暗い&寒さの中でオムツ替えやミルク…体調の悪化にヒヤヒヤしてます
  パートの主婦は 停電のせいでシフトカットで 大幅な収入減、 ダンナも給料減った

4、精神面での影響
心が折れそうで夜の停電は嫌だなあ
心安らげるはずの自宅で落ち着いた生活をできないなんて、苦痛以外の何者でもありません
毎日違う時間、毎日違う生活サイクルに疲れました
停電しない地域のための節電のような気がしてきて、節電がバカらしくなってきたのも事実
一部の人間だけがスケジュールを持ち、停電に振り回される生活はおかしい
只今停電中です。ラジオからの「節電にご協力を」に…これ以上はない位の協力をしてますよ~
自分はとりあえずどこかに逃げます寒い夜中に暗い部屋に3時間も居たら身体も精神的にももちません…
3時間停電すると言っておきながら半分の1時間半、助かったと思う半面東電に振り回されてると思うと腹が立った
一部の停電実施区域に強制的に負担をしいている割に、それに対するフォローや納得いく説明がない
一度大規模停電になってみれば!! 東電・政府どうする??? な~んて思ったりもして
なんだか停電地域の人達とは、連帯感があります

やはり 停電にならない人達は痛みはわからない、停電中に出掛ける方が悪いんだ…と言われた。
「被災地の人達はもっと苦しんでるんだ」「3時間くらい我慢しろ」「仕方ない」もう聞き飽きました
除外地区の人に「本当に停電するんですね。」心ない言葉にストレスもかなりなものです
本当に知らないって怖い 、平気で人を傷つける 、傷つけた事すら気づかない

最も電気消費が多い所が計画停電外っておかしくない?
停電地域で病院とかが困ってるときに、都内のとある駅前は、ネオンが煌々と光っていて非常に遺憾
照明ガンガンつけて、スタジオ内はきっと暖かいテレビで節電節電と言われても納得いきません、腹立たしいです
計画停電されないオフィスの電気は眩しい、そして暑すぎる暖房 、この人達の為に計画停電をしていると思うと…
今夜は寒くなるので電力の需要が高まるため1グループは停電、その1グループの人は天気の犠牲?だよね
計画停電のこの不公平、いらいらの一番の原因にほかなりません
停電地区と非停電地区の不公平を訴えても、停電区域内の不公平と問題をすり返えて報道された
マスコミなどで「計画停電」がきちんと報道されず、停電しない地域で「本当にやっているのか?」という状態になった

参考資料

「計画停電」を実施した区域
栃木県・茨城県・埼玉県・群馬県・千葉県・神奈川県・山梨県・静岡県・東京都(足立区・荒川区・他市町村)
「計画停電」が除外された区域
東京都 (板橋区・江戸川区・大田区・葛飾区・北区・江東区・品川区・渋谷区・新宿区・杉並区・墨田区・
      世田谷区・台東区・中央区・千代田区・豊島区・中野区・練馬区・文京区・港区・目黒区)

3/14日~3/28日まで実際に計画停電を実施された回数
  第1グループ 7回 (    15日、16日、17日2回、18日、22日、  24日 )
  第2グループ 7回 (    15日、16日、17日、  18日、22日、      25日、28日)
  第3グループ 5回 (    15日、16日、17日、  18日、22日 )
  第4グループ 6回 (    15日、16日、17日、  18日、22日、23日 )
  第5グループ 7回 (14日、15日、16日、17日2回、18日、22日 )

計画停電の実施区域         計画停電予定表           計画停電実施状況         
te1.jpg    te2.jpg    te3.jpg
上記以外のニュースソースとしては
相模線、配電改良に着手
公演中止・延期相次ぎ市民の文化活動にも支障
ヨーグルト、納豆品薄のワケ 医薬品やビールにも影響
「被災地」新浦安からの一視点
「計画停電で手術できない」 除外されぬ病院、不安の声
未曾有の国難というなら、副次的な被災まで国が全力でバックアップすべき
事例は色々なブログ、掲示板等に書き込まれた事を拾いました

4/8日に東京電力は今後の計画停電を「原則不実施」とすることと発表したが完全廃止とは言っていません
現に、やむを得ず計画停電を実施する場合の停電対象として計画停電5月予定表が東京電力HPに載っています

4/15日に東京電力からの発表によると計画停電等に伴う電気料金の割引について
30アンペアの一般家庭では32.76円×停電した日数の割引
停電日7日の第2グループが約229.円、
停電日6日の(一日に6時間の停電が有っても)第1、第4、第5グループは約197円
停電日5日の第3グループは約164円…が、5月分から割引されるそうです

大前研一氏による「必要がなかった「計画停電」~消費者心理を萎縮させた人災」との指摘もあります
4月25日に労働運動総合研究所労働総研緊急提案をしたようです
計画停電をみんなで考えよう! でも、「計画停電」完全廃止要求を提案しています
・・・追記・・・
毎日新聞(5月5日)に検証・大震災:混乱「計画停電」の記事が出ました
(毎日新聞、5月5日)
スポンサーサイト

海外版のDVDを再生

震災以来、パソコンに向かっていることが多くて運動不足気味になっています
そのせいか足の筋肉が落ちてきた感じがするので膝の痛みが出てくる前に運動再開!
日本版、アメリカ版のフィットネス系のDVDを何本か持っています。
どれも10分程度のプログラムが多いので(DVD一本には60分程度の内容が入っています)
その日の気分でダンスやカーディオをチョイスしています。
英語はさっぱり分からないけれど何とか体の動きを見て運動しています(^^♪
アメリカ版のDVDも市販のDVDプレーヤーで普通に再生が出来ていますよ。
11b083.jpg
ただ、パソコンのWindowsメディアプレーヤーやWinDVDで海外のDVDを再生する時は
「商用パッケージソフトのリージョンと利用する機器のリージョンが一致しないと再生できない
よう制限される」リージュンコードが存在するので気をつけなければなりません。
世界のテレビ方式とリージョンコード
パソコンのリージュンと違うリージュンのDVDを入れるとこのように表示されます。
11b085.jpg
リージョンコードを変更出来ますが、変更出来る回数には制限があります、確か5回。
リージョンコードを変更できる回数がなくなった場合は、最後に設定したリージョンコードが固定され、
その他のリージョンコードのDVD-VIDEOは再生できなくなります。
固定されたリージョンコードを変更する方法はないそうです。
また、リージョンコードや変更できる回数は、DVDドライブに記憶されるため、
DVDドライブのドライバを再インストールしたり、パソコンをリカバリしても戻せません。

海外のDVDを再生する場合はリージュンコードに関係なく再生が出来るフリーソフト
VLC media playerなどで再生するのが良いようです。
11b084.jpg

トンビとカラスのバトル

仕事で構内を移動中、頭上を見上げると黒い鳥同士が近づいたり離れたりしています
最初はカラス同士のケンカかな?と思っていたのですが、鳥の大きさが違う、片方はトンビでした
そして、体の大きいトンビが「ピー、ピー」と逃げ、体の小さなカラスが追いかけています
そのまま、見ていたかったのですが仕事があるので建屋に入りました
その後どうなったか気になったので仕事を終えてから芝生の手入れをしている人に尋ねると
今日はトンビよりカラスが優勢だったようです

職場の近くに大きな松の木があります
この松の上部に二股部分が有り、去年はカラスが巣を作っていました
いつの間にかそこをトンビが強奪したらしく、今はトンビのねぐらになっていたらしい
春になってカラスが巣作りをしようとしてトンビとのバトルになったようです
松の二股部分を住居にするのは、カラスか、トンビか、しばらくは目が離せません

雑草を抜いた穴の昆虫を狙っているのだと思いますが2羽の白セキレイが
芝の手入れをしている人のそばに寄ってきてそこから離れないのも良く見かけます
模様に特徴があるのでたぶん同じ固体だと思われます
他につぐみやムクドリも見かけます
鳥好きの私は構内を移動中にそんな鳥たちの姿を見かけると心が和みます

昨年の猛暑で松の花が多いのか、机も床も雑巾で拭くと黄色くなります
黄色の花粉は洗うと取れるのですが、こんなに黄色くなるのは初めて(~_~;)

避難するかどうかは自主的に…

福島第一原発の半径20キロ圏内は22日午前0時をもって、災害対策基本法に基づく
「警戒区域」に設定され、この区域は住民を含めて、原則として立ち入りが禁じられた。
住民は津波被害を免れた家をも捨てる「決断」を迫られ、政府の方針に振り回されたようです。
圏内の住民らからは「家に戻ったら逮捕するとでも言うのか」と不満の声も上がっているようです。

また、福島県飯舘村では4月10日に地元中学校で大学教授の講演があったそうです。
内容は「原発に近い村最南端部を除き、基本的に村は安全だ、安全だ」という話。
ところが、その翌日の11日、村全域の「計画的避難区域」入りが公表された。
「みんなずっこけましたよ。何だったんよ、昨晩の『安全だ』講演会は、って。」
詳しくは 「みんなずっこけましたよ」でどうぞ。

被曝に関して武田邦彦氏のように被曝量は少ないに越したことなないとの意見もあるでしょう。
片や、環境における人工放射能50年のグラフで今よりも1960年代の頃のほうが被曝量が
多かったという説もあります。

どちらにしても子供や若い人は将来の健康を考えて避難して被曝を避けた方が良いと私も思います。
ですが、年配の方々を無理やり避難させるのが良い方法とは思えません。
仮設住宅の建設見込みさえ、まだ十分に立っていない状況下、
段ボールの上に寝て、野良仕事も出来ず、プライバシーも無くストレスが掛かる避難所生活、
それも、長期間に及ぶ避難、そちらの方が被曝するよりも危険なのではないかと思います。

もし、私が原発周辺に住み、多少の買い物以外は自家製野菜を食べて暮らして行けるのなら
やっぱり避難しないで家に残る生き方を選ぶだろうと思います。
避難しないことで寿命が1~2年縮まったとしても別になんてことはないと思うからです。
避難所のダンボールの布団より自宅の布団で亡くなることを私は望みますから。

政府はその区域の詳しい情報、危険性を開示し、説明し、
「避難する」「避難しない」は住民自らの意思を重んじて欲しいと思います。
そして、一日も早く、体育館での避難生活が終わるように、仮設住宅の建設を急いで欲しい。

最大放射線量各地で減少、横ばい…東京、埼玉が平常値に・・・
との事で、首都圏ではあまりニュースにもならなくなりました。
やっぱり「東京さえ良ければ…」の日本国なんでしょうね、政府とマスコミは。

埼玉県知事の節電提案に賛同します

埼玉県知事のブログ4月22日(金曜日)の一打 「節電ポイント制の導入」から
私は昨日、海江田万里経済産業大臣、蓮舫節電啓発等担当大臣、
枝野幸男官房長官、東京電力の藤本孝副社長にお目にかかってきました。
その目的は、埼玉県で3週間ほどかけて検討した節電対策のポイントを提案するためです。

家庭と中小企業に関しては、節電意欲を持っていただかなければいけないと思っています。
それには、ピーク時の7月から9月までの3か月間でありますが、例えば、御家庭には
25%以上35%以内の節電をした場合、2,500円分のポイントでお返しをする。
そして、35%以上の節電をした場合は、5,000円分のポイントでお返しをする。
中小企業には電力料金をその分引き下げる。
・・・中略・・・
そこで、テレビの画面には電力の供給状況と使用状況をリアルタイムで表示する。
電力供給量に対して、現在の使用量は80%です。90%です。93%になりました。
95%になってしまったところで、ぴっ、ぴっ、ぴっと警報音が鳴る。
警報音が鳴ったので、皆さんはクーラーを止めたり、テレビのスイッチを切る。
そうしたことを瞬間的に行うことによって、大規模停電を避ける。
こういう緊急節電協力警報的なものをやったらどうか、このように思います
あとは、政府の決断だけであります。
私も、あの東京電力の計画停電を無計画停電と言って相当批判をしました。
ただ批判をするだけではなくて、具体的な提案を持ち、そして県民の皆さん、
あるいは国民の皆さんの本当の思いというものを実現していきたい、
そのように考えて、昨日は都内を回ってきました。

その後、東京都の石原知事、千葉県の森田知事、神奈川県の松沢知事と会って、
1都3県で協力して節電の仕組みなど共同歩調を取っていこうということで、
お互いの案を持ち寄り、整理した上で、統合メニューを作ることなども決めてきました。

・・・・・・・・
埼玉県の皆様、良い知事を選出なさいましたね。
この案が採用されることを強く望みます。

あの根拠のない「無計画停電」で人を死に至らしめ、
「計画停電のため信号機が消えた交差点で、少なくとも死亡事故が2件、重傷事故が2件」
「計画停電中に事故 搬送先の病院も停電のため検査ができず重体」

交通機関は運休、もしくは運行量を制限し、駅の改札機も使えず、
公共施設は機能出来ず、ほとんどの行事はキャンセル、予定も立たず、
歯医者・美容院などの予約受付も出来ず開店休業の状態。

今時、電気がなくても通話出来る黒電話をお持ちの家庭は少ないでしょう
一人暮らしのお年寄りが狙われることを危惧してか、自治会はパトロールを強化
災害・防犯対策のためだと思いますが警察官は署内で寝泊りしていました。

製造工程で温度管理が難しい発酵食品、無菌状態を維持する医薬品は製造出来ず、
スーパーの店頭から納豆・ヨーグルトが消え、
冷蔵・冷凍に不安があるので冷凍食品・生鮮品が消え、
居酒屋のメニューから刺身など生物は消え、客足は遠のき、自営業者には死活問題。

ポンプで水を汲み上げるマンションでは断水、オール電化の家は全ての機能が停止。
電気がつく間に家事をしなければ…と思うだけでとてもストレスです。

各家庭に発電機や蓄電池があるのならともかく、インフラ(社会基盤)とも呼べる電気を
一方的に止めることは生存権侵害、人権侵害だと思います

失業不安・過度のストレス・怒りは電力会社の社員や家族に向けられるのです。
「こんなときに オール電化とは何事か、とクレームがついたようで」
オール電化の新規営業中止で、家電量販店などに「ステッカーなどを 外して下さい」と
お願いに行ったところ、今度は店側から「なんでこっちにしわ寄せが」と怒りを買う。
そして、何の罪もない子供がイジメにあったとも報道されていました。

そんな「計画停電」を九州電力も考えているのだとか
自分の首を絞めることになるので、自社の社員のことを思うなら思いとどまった方が良い。
計画停電は百害あって一利なしだと思います
もし、一利あるとすれば良くも悪くも電力会社の体質が公にされることでしょうか

「計画避難」で村が分断

阿武隈(から避難中)裏日記から抜粋
川内村は、この20km圏危険区域指定により、村が分断されてしまいました。
主な施設では、「いわなの郷」という村内最大の複合施設と複合医療施設
「ゆふね」が20km境界線ぎりぎりに引っかかって立ち入り禁止にされました。

ゆふねの放射線量は福島市や郡山市となんら変わらず、危険性はまったく
ありません。
逆に、村唯一の医療施設を封鎖されることによる危険は計り知れません。
村に戻っている家の多くは、老人がいるために避難所生活が続けられない
ということで戻っているのです。
独居老人も多く、彼らにとっては「ゆふね」を奪われることは命綱を切ら
れるのと同じです。

人の家に勝手に下痢ウンコをばらまいておいて、自分たちは臭いからと
そこに近づこうともせず、「おまえんちはウンコまみれだからもう使えないぜ。
近づいたら罰金だぜ」と言っているわけです。
なんとタチの悪い犯罪者どもでしょう。説教泥棒よりはるかにタチが悪い。

ウンコをばらまかれても、我々は死にません。
ウンコが臭いから土地を捨てるなんてこともしません。
いや……ウンコは土が分解してくれますが、あいつらがばらまいたのは
分解不能な毒物。
これがただのウンコだったらどれだけよかったことか……。

放射性物質という爆撃からいかに身を守りながら生活していくか、
結局のところ、自分で決め、行動していくしかありません。

・・「計画避難」の不条理を訴え、憤慨している気持ちがとても伝わります
記事中、気象研究所地球化学研究部のデータを示し


核実験による汚染状態はあのチェルノブイリ以上だった
あの時代(1960年代)、毎日土の上を走り回って遊んでいた我々は、
すでにとんでもない内部被曝をしていることでしょう。

・・・・・・えっ、初耳!です

お粗末体質の東電

被災地の福島県川内村から避難されている方のブログ「阿武隈裏日記」より
消防士が放射線線量計を携帯している……
そういう地域に住んでいたのだなあと、後からじわじわっと実感させられた。
・・・そんな被災者の生の声に耳を傾けたいです
電源車も用意できなかった東電の記事から抜粋
・・・この時点で、電源完全喪失という恐怖のシナリオがスタートしました。
陸側に東北電力からのバックアップ電源ケーブルを二重三重に敷いておけば、電源喪失は起きませんでした。
バックアップ電源設備を海側、しかも防水もしていないただの地下に置いておくなどという馬鹿げたことを
していなければ、自前のディーゼル発電は動いていたでしょう。
さらには、7時間もかけて到着したという電源車が「ケーブルの長さが足りず」「プラグの形状が合わず」
使えなかったなどという間抜けな結果になっていなければ、冷却機能は回復していたはずです。
到着まで7時間もかかったということは、原発周辺に電源車さえ置いていなかったのです。
接続ケーブルすら準備していなかったのです。
施設の外側に、非常用送電受け口さえつけていなかったのです。
ましてや、「プラグが合わなかった」というのはなんの冗談でしょうか。
東電って電気屋さんではなかったでしたっけ?
・・・・・・
ギャグなら笑えるけれど、ここまでお粗末体質だったのですね 、東電って。

2007年には福島県議会で共産党が原発の安全性確保のための津波対策についての質問をしたという。
福島原発10基の耐震安全性の総点検等を求める申し入れ

これらの声を無視し、単純なミス連発の人的事故なのに「想定外の災害」と国民を騙し、
日本中をめちゃくちゃにし、世界中の海を汚し、日本の信用まで落とした東電
原発を管理する東電、東電を監視する原子力安全保安院、原発を推進した政府、
皆「自分は悪くない」って顔で記者会見している姿には腹立たしい気持ちで一杯です。

もう一つのお粗末さ
計画(輪番)停電を決定する時も何の考えも無しに「足りないなら何処かを停電させれば良い」
イザ、停電させてみたけれど都内に、納豆もない、ヨーグルトもない無い無いずくし…
テレビでは「震災の影響で物不足」って騒いでいましたけれど、「計画停電の影響で物不足」が正解でした。
その証拠に納豆もヨーグルトも首都圏の物不足は解消されつつあるでしょう?

その東電、原子力や火力など電源別の発電実績を示した資料をホームページから密かに削除していた。
計画停電の実施や中止を巡っては、同社の本当の発電能力が問題の核心になっていた。
ホームページからの突然のデータ削除は、このデータを開示し続けると、東電が不利な立場に
追い込まれることを恐れたためではないか、との見方も出ている。

被災者の補償金にはのらりくらりの東電、こういった隠蔽工作だけは非常に早い。

その東電、6月分の標準家庭の電気料金を5月分と比べ85円前後値上げするそうです。
政府も消費税の税率を上げる考えだとか…
東電も政治家高官(皆とは言いませんが)も自分の懐は痛めずに他からむしり取る守銭奴に成り下がっている。
守銭奴とは - 金銭を貯めることに異常な執着をもつ人。貪欲でけちな人。…とあります。

ドール服 (ヒンクハウス風)

ず~と昔にジェニー用に作ったピンクハウス風の洋服です
元は確か私のピンタック入りブラウスだったと思う
もうドラマの「デカワンコ」は終わってしまったけれどフリフリドレスに懐かしさを覚え、マリーンに着せてみました
11b080.jpg  11b081.jpg  11b082.jpg

17日(日曜日)朝6:00からテレビ朝日の「学びEye!]は北陸福井の永平寺でした。
1244年、道元は、坐禅と同じように「食事」も大切な修行であるとし、
永平寺では食を司る役職の僧・典座(てんぞ)を中心に、200人の修行僧が食を通して心身を磨く、
その修行僧達の姿を取材していました
典座(てんぞ)の言葉の中で印象に残った言葉があります

「高級なマツタケだから有り難く扱い、
大根の葉だから粗末に扱うということではなく、
どんな食材を調理するときでも、深く感謝し、
敬いの心を持つことが肝要である」と。


日本人の多くは仏教を通してこういった心を持っていたように思います。
それが武士道、サムライとして海外から評価されていたように思います

今の日本人は?政府は?東電は?・・・どうでしょうね

節電

東電は8日、今後、計画停電を「原則実施しない」と発表しました
が、「原則実施しない」が曲者です、決して計画停電は廃止とは言っていませんから
現に停電対象4月予定表があります…私たち一部地域住民の人権を無視し奴隷とみなしています
この「計画停電」
原子力発電所に事故があった場合、停電を行い、市民を脅迫し、原子力発電・反対の声を「口封じ」するために
事前に「計画的に」、準備されていた「計画的犯行・停電」との陰謀説まであります

真実は藪の中ですが「計画停電」のおかげで節電意識がとても高まりました
と、言うか、東電には1円たりとも無駄なお金は払いたくないというのが私の本音です
たとえパチンコで1万円負けたとしても東電に1万円は払いたくはありません
ホントは不買運動で東電と縁を切りたいのですが独占企業なのでそういう訳にも行かないのが悔しい
この気持ちは計画停電で被害を受けた人々はみな持っているだろうな~

節電の第一歩、まず基本料金、契約アンペアの見直し
家中の電気製品のワット数を確認してワット数÷100でアンペア数が分かります
ワット数は家電品の裏や横に記載されている場合が多いです、もしくは取り扱い説明書の仕様書で確認します
自分の生活パターンに当てはめて、同時に使う可能性がある家電品のアンペア数を足していきます
冷蔵庫1.5アンペア(以下A)・炊飯器4A・32インチテレビ1.5A・電子レンジ7A・蛍光管0.3Aなど…
その合計数が30未満なら30アンペア、50未満なら50アンペアといった具合です
少ないアンペア契約では度々ブレーカーが落ちるので、それもストレスです
(ブレーカーを変更すると1年間は変更出来ませんのでご注意ください)
20A 546円、  30A 819円、  40A 1092円、  50A 1365円

我が家は現在30アンペアの契約、
20アンペアでも十分なのですがエアコンを稼動させたり冬季にホットカーペットを使用すると
心もとないのでブレーカー容量はこのままでいきます

次に「電力量料金」
使った分だけ請求される料金で、使えば使うほど単価が高くなる仕組みになっています
120kWh未満:1kWh当たり17.87円
120kWh以上:1kWh当たり22.86円
300kWh以上:1kWh当たり24.13円

3月分の使用量は167kWhでした、出来るだけ120kWh未満に抑えたいと考えています
電気ポット追放、節電タップに変えてこまめにスイッチを切り待機電力をカットします
今までテレビを付け「ながら」パソコンを見ていたりの「ながら」を止めます
これらの方法でどれだけ節電出来るかな

庶民がセッセと節電し始めたので東電の売り上げが伸びずに東電もあせったのか
15日、7月末に5200万キロワットの電力供給力を確保する見通しがついたと発表しました
いずれ電気料金の値上げの話になるだろうけれど、その前に庶民は節電の技を身につけるでしょう

いわき市の森まさこ議員に賛同します

いわき市の森まさこ議員と蓮舫大臣との質疑応答です
約1時間と少し長いのですが核心を突いています
H23/04/15 参議院消費者問題特別委員会・森まさこ議員vs 蓮舫大臣
その中で
1、正確な数値・根拠に基ずく情報を出す
2、それに対す指示・プランの提示
・・・これがないと被災者は人生設計が立てられないんです
3、もっとも大切なこと
被災者を国が守るという姿勢
…残念ながらそれがないんです
そして、地元の首長は事前に何も連絡を受けずにいきなりニュースで知ることの不条理などを訴えています

森まさこ議員にエールを送りたいと思います

被災者の現実は…

被災した引きこもりや支援者たちは今――から
いま、孤立する弱者が求めていることは何か、支援の届かない人々のために本当の情報を…

避難所のトイレは、水が流れていないので、詰まってしまう。
しかし、市役所の職員は、そこまで手が回らない。
何か感じるものがあったのだろう。その当事者は、トイレの詰まりに目を付けたのだ。
弱い人に対して、何かしなければと思ったのではないか。

海外のメディアは、そういう汚いところを取材している。
日本のマスメディアは、きれいな映像ばかり撮りたがって、隅っこには光を当てないという。
本当のことを伝えきれていない。それがいま、被災地で起きている現実である。

また、ニーズと支援が合っていません。
高齢者の方々は、杖が欲しいと言っている。しかし、支援で来るのは、車椅子。
震災で道路がないのに、車椅子をどう使えというのでしょうか」
「彼らは自分で歩きたいんです。
歩いて、流された家を見て、瓦礫の中から使えそうなモノを海で洗ったりしたがっている。
だから、杖を欲しがっているのです。

テレビに出た集落は、支援物資が一気に送られてくる。
しかし、隣の集落では、何も届きません。
住民同士で、ものすごくモメている状況もあって、現実はひどい。
いま望んでいるのは、本当の情報を流してほしいということです」

「募金してもらっても、うちらみたいな団体には、お金は回って来ません。
結局、大きな支援団体にしか、お金は落ちないのです。
石巻市に集まった義援金も、使われる先は、人が集まって目立つような広くて大きな所ばかり。
本当に困っている人のことは見えていない。
大きな避難所の中でも、足が痛くて、炊き出しすら食べに行けない孤立した人たちがいる。
1ヵ月経っても“カップラーメンでいいから、温かいものを食べたい”と言っている人がいる。
それが現実なのです」
・・・・・・・・・・・・・

孫氏の100億円の寄付とは言わないまでも、大勢の人が被災者の方へと募金されたと思います
私たちが募金したお金は義援金?それとも支援金?

義援金は、日本赤十字社や、中央共同募金会の二団体によって扱われる。
募金活動や、企業や団体から集められた義援金が赤十字社に送られ、被災者に平等に分配されることになっている。
各自治体の被災者数や被害状況を調査してから分配するとため、被災者の元へ届くまでに時間がかかってしまう。

支援金は、被災者支援のために活動するNPOやボランティア団体へ贈られるお金のことを言う。
各団体が支援金で物資を購入、被災地へ届けるという形になる。
最近は募金詐欺も多いらしいので市などしっかりした団体へ募金するのが良いと思われます

多額の義援金が集まっているにも関わらず、困っている被災者の方々にはお金が行き渡らない現実
仮設住宅の建設も進まず、この先も避難生活を続けなければならない現実
何も出来ない自分に歯がゆさを覚えます

日本のジャーナリズム(報道精神)を問う

福島原発事故レベル7は日本の「敗戦」。から抜粋
本コラムやラジオあるいはツイッターなどで私の発言を知っている方々はご理解いただけるだろうが、
結果として私の役割は、「最悪の事態(レベル7)」にならないために、政府や東電に直接訴えかけること、
さらには彼らの隠している情報を暴き、住民や国民に提供することにあった。

それはひどく困難な仕事になることも容易に想像が付いた。

なぜなら、3号機の建屋が吹き飛んだ15日、「米国とフランスの新聞がそれぞれメルトダウンの可能性に触れている」と
ラジオなどで発言しただけで、想像を超える大量の批判が私のツイッターに寄せられていたからだ

だから、メルトダウンが始まっている可能性、格納容器が破損している可能性、猛毒プルトニウムが放出
されている可能性、海洋汚染の始まっている可能性、避難地域外にも放射性物質が飛来している可能性、
東京にも飛んでくる可能性を指摘してきたのだ

その結果残ったのは、私自身の無力感と大手メディアによる「上杉隆」という存在の徹底した無視である。
しかも、この結果が出ていても「いい加減なデマを飛ばした」「根拠無く煽っている」というレッテルを貼られている。

また、民放テレビを中心に大手メディアも、その「大本営発表」にまんまと乗っかり、
誤った自説にこだわることで嘘をつき続けてきた

だが、そんなことはもはやどうでもいい。レベル7は日本にとっての「敗戦」なのである。
私たちは、いまその現実を直視しなくてはならない

・・・・・・・・・・・・・・・
ネット情報は真の情報もあればうその情報も沢山有る
それに比べ、テレビ・新聞の情報はそんなに間違ってはいないだろうと信じていました、私も。

ですが、新聞などでは報じない海外からの原発画像をいち早くネットで見ることも出来ました
今回、原発事故・計画停電関連のことをあれこれネット検索していると
テレビ・新聞の報道で流れている情報とネット情報とはかなり違っていることに気がつきました

また、テレビでは流れない東電の記者会見場の中継をリアルタイムで見ると
会見動画←で動画が見られます
3/30の東電記者会見はフリー記者ががんばって質問していましたが、
いつもは記者クラブとなれ合いの質疑応答なんでしょうね

そして、テレビで「反原発」って言うと干されるらしい
俳優の山本太郎さん(36)はTwitter上で9日、「原発発言やリツイートはCHECKされ必ず仕事干される、
お前がその事に触れられぬ事は皆判ってくれる。二週以上前から母は僕に釘をさし続けた。
日雇い労働役者稼業明日から干されてどう生きてく?だからって黙ってテロ国家日本の片棒担げぬ。
親不孝許せm(__)m日曜高円寺行くのも許してチョ」と述べ、デモに参加することを表明したらしい
そのデモについては原発やめろデモ大成功!!!史上空前の15000人が高円寺に!
デモがここまで大きくなれば報道されても良いはずなのに…マスコミで放送されないのはなぜ?
日本の報道はやっぱりおかしい!

政府・東電などの都合が悪い情報は流さず、計画停電の話題はあえて取り上げようとしないマスコミ各社
報道されるのは都合が良いごく一部、かなり情報が管理されているな~と思い始めています

家庭用蓄電池の発売が今年の6月に…

各家庭が夜間に蓄えた電力を昼間に利用すれば、昼間の瞬間最大使用電力を抑えられる。
東芝は2012年に予定していた家庭用蓄電池の発売時期を今年の6月に前倒しする。
年度内に発売予定のパナソニックも前倒しを検討する。

東芝は蓄電能力が1キロワット時、3キロワット時、5キロワット時の3種類を投入する。
持ち運び自由でコンセントをつないで充電し、白物家電やデジタル家電に電気を供給する。
5キロワット時の場合、15畳対応のエアコン1台を約6時間運転することができる。

今までは家庭用蓄電池でも100万円以上しており、一般家庭ではなかなか手を出せない金額でした
価格は1キロワット時の製品で40万~50万円だが、政府の補助金などが導入されれば、
実質は20万円を切る可能性もある
日経記事;『東芝やパナソニックが家庭用蓄電池 節電需要で前倒し』に関する考察より

ゴールデンウィークは無駄使いをしないでせっせと貯金
家庭用蓄電池が発売されたら私も買いたい!
100万円は無理だけれど20万円ならボーナスを使わなければOKかな?

東電がいまだにあきらめていない「計画停電」という名の強制停電
夏のピーク時、首都圏の電力需要が供給を上回りそうになった時、
その他大勢の人の電力供給のために、少数の限られた区域を強制停電させる
区域の住民に説明をすることも了承を得ることもなくいきなりブチッと停電させるのが東電流
自らブレーカーを落とす自主停電ではありません、ましてや節電でもありません

何が言いたかったのかといえば家庭用蓄電池の発売は「計画停電実施区域」に優先的にして欲しい
なんたって「電気が足りませんから明日から計画停電が復活します」って東電は言いそうだもの
今まで「計画停電」で停電させた家々に東電は慰謝料代わりに配っても良さそうなのに…
そのくらいに「計画停電」で毎日毎日生活をかき乱されました
1時間以上停電した日6日(内1日は2回計6時間停電)×約33円を割り引きますって…「何それっ!」
あ~、また愚痴が出る~

アンパンマンのパペット

計画停電・原発の話題が続いて作品のアップが滞っていました
孫のために作ったフェルトのアンパンマンとバイキンマンのパペッット(指人形)です
アンパンマンの顔を作り直したけれどかわいらしくするのが難しい(^_^;)
孫に「アンパンマンと違う!」って言われそうな予感…
レベル7の原発事故…孫たちが大人になる頃の日本はどうなっているのだろうか

今日になって3月15日頃にはレベル7に相当する放射性物質が放出されていたと政府見解がありました
昨日「計画的避難区域」なんて言い出した政府・・・いまさらながら・・・
首都圏に住む私たちが使う電気の供給の為に作られた福島原発、
その電気を使っていた私も加害者の一人、避難区域に住む方々に申し訳なさで一杯です
どうか子供たちに健康被害が出ませんように・・・
11b078.jpg    11b079.jpg
ダラス教授は第1原発について「米軍やIAEA(国際原子力機関)が独自に収集した原子炉のデータは悲惨」と
明かしたうえで、「ここ2、3週間が(安定化への)ヤマだ」と分析した。
米権威が激白「原子炉データ悲惨!」 日米の数値に大きな開き…
まだ、政府と東電は事故を過小評価している?

やっぱり大事故だった!

福島第1原発事故がチェルノブイリ原発事故と同等の「レベル7」に引き上げられたようです
福島第1原発から大気中に放出された放射性物質について、原子力安全・保安院は37万テラベクレル
(1テラベクレル=1兆ベクレル)と推定。原子力安全委員会は63万テラベクレルとみており、
数値は異なるが、いずれもレベル7の基準である数万テラベクレルを大きく上回る…とある

「安全だと言い続けてきて今度は想定外と言い続けている。はらわたが煮えくりかえる思いだ。
この事故で何百万人もの人に迷惑をかけているのに、今さらごめんなさいでは済まない。
2度目の爆発のときからものすごく大変なことになっているというのは分かっていたはず。
村は振り回されているし、俺たちも相当被曝(ひばく)していると思う」と怒りをぶちまけた。
産経ニュースより

シューベルトは知っていてもシーベルトなんて単語は原発事故で初めて知りましたヨ
○○シーベルトがどれほどのもので、どれくらい蓄積するのか誰にもわからない
「いまのところ健康には問題ありません」と言い続けている政府と東電
今日・明日はネ、でも10年後、20年後は?30年後は?
すべての国民に将来の健康面での不安材料を与えてしまった…特に子供たちが可哀想

「計画的避難区域」というまた訳の分からないことを言い出した政府
原発は安全だと信じきっていたから避難するなんてことは住民にとっては「想定外」
「計画停電」と言う名の「無計画停電」で近隣住民を翻弄した東電同様、
今度は政府が「計画的避難区域」で住民を翻弄するのでしょうか
よほど「計画…」がお好きらしい

そして、住むことも立ち入ることも出来ない土地が日本に出来てしまった
世界の海につながっている日本の海に故意に「放射能汚染水をタレ流す」恥知らずぶり
食物連鎖で世界中の海産物に放射能汚染をもたらす危険があるのを知っているのだろうか
答えはいつも「想定外」

日本という国に絶望感

東京都内で思いのほか電力消費量が多いのが東京大学だ。
昨年8月の本郷キャンパスの電力使用量は、22,725,240kWhと、都内の国立大学の中でダントツの消費量だ。

東大本郷           22,725,240kWh
東京医科歯科大学      5,427,360
東京工業大学         4,564,080
電気通信大学         1,837,488
東大駒場            1,770,240
東京農工大学小金井     1,303,628
東京農工大学府中        824,078
東京海洋大学品川       650,191
お茶の水女子大学        649,248
東京学芸大学           616,488
東京芸術大学           612,646
一橋大学               328,899
東京外国語大学          317,208
東京海洋大学越中島       313,605
政策研究大学院大学       165,028
(出展:文部科学省)

東京電力は、都合のいいときは電力は自由化されているという建前を言い訳に使っている。
そして、この大学料金は大学ごとに料金が違う。
ほぼ地域独占の電力会社でありながら、大口顧客には安い料金を提示し、
家庭からはその分高くいただいているというのが実態だ。

需給調整契約に基づいて、安く電力を買ってきた大口消費者と
正規料金を払ってきた家庭が同じ扱いにされてはたまらない・・・・・・
河野太郎ブログごまめの歯ぎしりより抜粋

東電は人命にかかわるかも知れない計画停電という名の強制停電をあきらめてはいないそう
都内を守るためのセーフティネットとして計画停電区域は盾になれって事なんでしょうね
セーフティネット (safety net) は、「安全網」と訳され、網の目のように救済策を張ることで、
全体に対して安全や安心を提供するための仕組みのこと。すなわち社会保障の一種である…ウィキペディアより
計画停電実施区域の人の命は大学のキャンパスよりも軽く見られているのかと思うと悲しくなります

末期の肺ガンだったお母様は、呼吸器を使っていたが、まだまだ元気だった
…計画停電で毎日停電、1日に6時間も停電の日もあったそうだ
娘さんはガソリンもなく電車も運休でなかなか駆け付けられなかったそうだ
やっとガソリンを入れて駆け付け、入院させたものの…3日程で症状が急変して亡くなられたと…
計画停電がなければ、せめて細かな配慮がされていたら…きっとあと何ヶ月は生きられたと思われる
こんな事態が起こるのが計画停電です

東北の被災者の方々はさぞかし政府・東電に裏切れれ、失望し、悔しい思いを心に秘めておいでだと思います
同様に計画停電実施区域の住民も国に見捨てられた感があります…この日本という国に絶望感を抱きます

使用電力状況を知ることが節電の第一歩

410.png
朝日新聞社、読売新聞社などのホームページに使用電力状況が表示されるようになりました
テレビやパソコンで「使用電力状況」を常時表示出来れば具体的に電気の使用状態が分かります
まずは毎日、朝・昼・晩、天気や気温で変わる使用電力状況を皆が知ることが大事だと思います

知ることで家庭・オフィス・自営業者など、それぞれがどの時間にどうすれば良いのかの対策も考えられます
東電の単に「節電にご協力ください」のCMよりははるかに良いと思います

例えば炊飯器でご飯を炊きながら洗濯機で洗濯をし、テレビもエアコンも常時作動させていた家庭なら
炊飯器でご飯を炊いた後で洗濯をするとかその時間はテレビを消すとか
テレビを見ながらのパソコン作業など、ながら作業を止める
エアコンが止められない状況ならその時間はテレビやパソコンの使用をあきらめる
・・・そういったことを各自が判断できるようになることが節電につながると思います
それにはまず使用電力状況を知ることです

パチンコ屋に節電批判が相次いでいるそう
確かに電飾ギラギラの台が多いのは事実
だからといって廃業させろなんて言語道断!
そこで生計を立てている人が居ることを忘れてはいけません
いずれパチンコ台も節電仕様になると思います

もう一点、
東京は明るすぎるように思います
私が住む町は貧乏なので街灯の間隔が広いと言うか街灯の本数が少ないけれどそんなに不便さは感じません
蓮舫議員、どうか計画停電実施区域を視察してください
その目で計画停電実施区域の節電の仕方を見て、東京での節電の仕方と比べてください
意識の違いがはっきりと分かるはずです

国民の怒り・世界の怒り

「例えると、国は『雨が降ってくるぞ』という天気予報だけ出して、『傘をさせ、かっぱを着ろ』と
言ってこない。予報とともに、その準備を迅速に指示して頂きたい」
「この1カ月近く、放射線量の値をみながら、毎日不安に生活している福島県民の状況を、実感しているのか。
県民の怒りは、極限に達している。東電本店の記者会見をみていると、福島県から遠く感じてならない。
もっと緊張感をもって臨んで頂きたい」
「福島県は国策に協力し、国は原子力の特別措置法に基づいて政策を展開した。
失ったものは本当に大きすぎて想像できない。悔しい限りだ」
知事「国の指示あいまい」 原発事故巡りインタビュー

浪江町の根岸弘正総務課長は「住民一人一人への賠償金額が確定していない段階で受け取ることはできない。
避難生活が長期化している住民への補償が先だ」と怒りをあらわにする。町の人口は約2万600人。
1人当たり1000円も行き渡らないと指摘した上で「事故の原因は東電。東電が直接住民に配って歩くのが
筋ではないか」と憤った。
見舞金拒否の浪江町「東電が直接配って歩くのが筋

自らはいち早く安全圏内に逃げ込み、あげくに「ただちに人体に影響があるものではない」という無責任な
政府発表をテレビと新聞で伝えるのである
政府の指定が「屋内退避」であるため、南相馬に留まらざるを得ない市民は数万人もいる。
避難のための費用が出ないからだ。泣く泣く留まる人々の中には放射能の恐怖に怯える母親や乳幼児もいる。
新聞・テレビは「ただちに人体に影響があるものではない」と住民に伝えるのであれば、どうして自分たちも
留まらないのだろうか? 読者や視聴者に対する裏切りであるばかりか、住民を愚弄した行状ではないだろうか。
桜井・南相馬市長怒る ~対マスコミ編

飽くことなく利益を追求するが、1円の出費さえケチる。
老朽化した原子炉を危険性も顧みずに使い続けたのは東電の体質を象徴している。
東電は南相馬市への対応でも吝嗇ぶりを発揮した
桜井・南相馬市長怒る ~対東電編~

『現場と官邸の感覚が違う。官邸の認識は机上の空論だ』、桜井市長は吐き捨てた。
桜井・南相馬市長怒る~対政府編

マスコミ人間の品格の低下は、首相会見の前に○テレビの男性スタッフがマイクを切り忘れて「ふざけんなよ、また
原発の話なんだろどうせ」続いて女性の声で「あ~なんか笑えてきた」などの信じられない暴言が流された事実
ツイッター情報によると、仙台市内の給油所にて○テレビの報道スタッフが「優先的に給油させろ!報道の自由
を奪うのか!」と言って給油所スタッフと揉めたなどと言う情報からも明らかです。
この様な低劣な倫理観がマスコミを支配している限り、風評被害はなくなりません
事実の報道より、事実をネタにして物語を作りたがる報道

「海洋に放射能汚染水を流すなんて信じられない。これで日本は世界中を敵に回した」
まさか政府はそのことを知らないわけではない。
菅首相は、自らが海洋への放射能汚染という環境犯罪の「首謀者」になっていることをきちんと認識すべきである。
日本が「海洋汚染テロ国家」になる日――放射能汚染水の海洋投棄に向けられる世界の厳しい視線

この計画停電は、必ずしも良い効果をもたらしてはおりません。
病院でも、工場、商店、農場など大変なことになっています。
工場によっては、1、2時間前から機械を暖めなければ稼働できないものもあります。
いろんな意味で弊害が出ています。
 こうした弊害を、東京電力のエリート社員や経済産業省のエリート官僚はわからないのです。
だから、東京電力本社はもとより日本中の東京電力の支社・支店も一日に3時間、バラバラに、
まず停電をすることです。
知事ブログアーカイブ(平成23年3月)

反原発ソングとして真っ先に思い出すのは1988年忌野清志郎がアルバム「カバーズ」で発表した
「Love me tender」のはずだ。「カバーズ」は発売直前に発売中止が決定したことでも話題を呼んだ。
そして、斉藤和義の歌はキヨシローの歌を非常に意識している。たとえば、「ほうれん草食いてぇな」
は当然「牛乳を飲みてぇ」に呼応している。
「ずっとウソだった」は「Love me tender(キヨシロー)」のアンサーソングといえる。
キヨシローの「静かな怒り」は、斉藤和義の「怒りの末の無力感」に受け継がれた。
「ずっとウソだった(daichiazuma)」の歌詞を文字おこしした

政府と東電に欠けているもの

政府と東電に欠けているもの…
非を認める潔さ
そして心底からの申し訳ございません、という謙虚な心
おかげさまで生かさせて貰っています、と感謝の心
 
政府指針が定まらず国民に不安を与えたことを政府はお詫びししましたか?
放射能物質を垂れ流してしまったことを各国にお詫びしましたか?
東電という一企業を監督できなかったことを国民にお詫びしましたか?

原発事故にの責任を東電は認めましたか?
原発・計画停電などで各方面に迷惑を掛けてしまっていることのお詫びを東電はしましたか?
放射能汚染で国民をはじめ世界中に迷惑を掛けていることのお詫びを東電はしましたか?

世界各国から援助して貰っているのに、日本国として各国に感謝の気持ちを伝えたのでしょうか?
六本木ヒルズの森ビルをはじめ各電力会社や企業から東電は電気を分けて貰っていると思うのですが
その感謝の気持ちをキチンと国民が分かる形で伝えているでのしょうか?

太陽・月といった自然界をはじめとして色々なものに神様が宿っていて、トイレにだって神様が居る
人々に対しても尊厳と謙虚な気持ちを持っている
それが一番の日本人の良さであると信じています・・・その心が欠如しています

将軍を褒め称える国営放送、その一方で飢えた民衆が居る北朝鮮の映像を日本人はテレビで見ている
それと同様の日本の映像がに世界各国に流れているだろうと思います
世界各国から「最低の国は日本」として評価・認識される前に気づいて欲しいものです

放射線って?被曝って?被爆って?

今、色々と騒がれている放射能汚染、
学者によって「安全だ」「危険だ」とさまざまに意見が分かれているのは、実はまだ
低い被曝線量の影響はよくわかっていないのが現状だから…なのだそう

私たちはつねに放射線を浴びているようです
空気・水・食物にも微弱な放射性物質が含まれているし、ラドン温泉など放射能泉や地下など
自然界で常に体内被曝しているそうです
また、一般のジェット機の飛行高度では、地上における自然放射線の100倍程度の強さを持つ宇宙線が
降り注いでおり、飛行機を利用すると、日常的に浴びているレベルより強い放射線にさらされる。
特に長距離国際線に乗務する乗務員の被曝が問題になっている。・・・、そうなんだ、初めて知りました
『Newton 2008年10月号』に掲載された,身近な“?”の科学「放射線」

食品中の有害物質もそうですが放射性物質も、有るか無いかが問題ではなく、その程度が問題だそうです
だから、放射性物質をあまり取り込まないように注意した方が良いとのことです
目には見えない火山灰が降っていると思ってマスクをし、外出を避け、汚染された食物を避けて…って
食べられる物が何もなくなってしまう、だから良く洗って食べる方法しか出来ないでしょうね、現実は…

いま、問題視されている「放射線」とは電離放射線のこと。
波長が短く(エネルギーが大きい)、原子に付属している電子を引き離す能力(電離作用)を持っています。
電離放射線の被曝量が多ければ生体に影響を与える(白血病やガンが増加する)ことが一般に知られています

それに対して非電離放射線とは光や電波など比較的波長が長い(比較的エネルギーが小さい)もので
光(遠赤外線、赤外線、可視光線、紫外線の一部)、放送用電波、交流電源/電線/電化製品から発生する電磁波、
マイクロ波(電子レンジや携帯電話)などが非電離放射線です
周波数の高い一部の紫外線は電離能力を持ち、生体組織を破壊します・・・だそうです

ひばくと発音は同じですが
「被曝」は「放射線にさらされること」、「被爆」は「直接爆撃を受けること」を意味するそうです

過去に起きた東海村JCO臨界事故で至近距離で中性子線を浴びて亡くなった方の被爆治療の記録があります
バシッという音とともに青い光を見た。被爆したのだった…東海村臨界事故 痛々しい記録です 

原子力ってどんなもの?

原子力ってどんなものなのかが理解できていないので調べてみました
放射性物質とは何か(化学反応と核反応の違い)が理解しやすいかも知れません
少しだけ抜粋

ちょっと乱暴に言うと、火力発電所は分子を壊して発電するのに対して、原子力発電所は原子を壊して発電する。
分子を壊して組み換えることを化学反応と言い、原子を壊して組み換えることを核反応と言う。

使用済み核燃料とは
化学反応(燃焼反応)において、これと似た状態はあまりないが、強いて言えば炭だと思う。
炭は材料が中途半端に燃えた状態で、条件によっては火が消えるが状態が変わるとまた燃え出す。
一応は安定しているが、燃えつきてはいないので(完全に安定な状態に移行していない)ので、
火をつければまた燃え出して強い熱を出す。

また、現在、福島第一原子力発電所で起きている問題の第一の原因は、使用済み核燃料の崩壊熱である。

使用済み核燃料の中には、原子核を壊してできた中間的に安定した状態の原子核を持つ物質がある。
これは、壊れかけの組体操のピラミッドと同じで、全員がペチャっとなるまで(安定的な原子核に崩壊するまで)、
核反応を起こし続ける。その時に、発電に使う熱よりはずっと低いが一定の熱を放出する。
この反応は化学反応ではないので、止めることはできない。ただ冷やし続けるしかない。

そして、この過程は何重にも外界と隔てられている中で行なわれるはずであったが、その熱を冷やせないでいると、
蓄積した熱によって、隔離している防御が壊される(格納容器、燃料棒、パイプ等の破損)。
そうすると放射性物質が外に出てしまう。・・・これが現在、福島原子力発電所で起きていることのようです

こちらは原発緊急情報 データはあくまで予想ですが、知っておいて損はないでしょう
被曝するとどうなるの?
「大量の放射線に被曝すると、体の中でも細胞分裂の活発な部分、白血球、腸の粘膜、皮膚などに影響が出てくる、
白血球が少なくなるとウィルスや細菌、カビなどに感染しやすくなる…とありました

原子炉は、あなたのすぐ隣にある! 結構身近な場所にあるのですね

原子力とは関係がありませんが、今朝の朝刊の投稿から拾いました。そのとおり!座布団5枚!

「大丈夫?」って聞くと「大丈夫」
「安心して良い?」って聞くと「安心していい」
「心配ない?」って聞くと「心配ない」という
それでも不安になって「安全なの?」って聞くと「安全だ」と答える
聞き間違いでしょうか。いいえ、昔から。

「心」は見えないけれど「下心」は見える
「思い」は見えないけれど「思い上がり」は誰にでも見えるのである。

Unknown(不明)発言

菅首相は東日本大震災の被災地再生に向けて「エコタウン」などの街づくり構想を披露したそうですね
「世界で一つのモデルになるような新たな街づくりを目指したい」と述べ、
「山を削って高台に住むところを置き、海岸沿いの水産業(企業)、漁港などまで通勤する」
「植物、バイオマス(生物資源)を使った地域暖房を完備したエコタウンをつくり、
福祉都市としての性格も持たせる」と説明した。

これを聞いて、申し訳ないけれど「管首相はまともな神経なのかしら?」と私は思ってしまいました

「作業員の安全」か、「原発事故の収束」か。高濃度の放射能に汚染された福島第一原発で、復旧作業員に
危険を強いることへの懸念が高まっている。放射線被曝(ひばく)への補償・手当の見直しなど、課題は山積みだ。
・・・と、未だ「作業員の安全」と「原発収束」と…復旧作業対応に苦慮という状態なのに…

街づくり構想を立てる前に第一にすべきことがあるのではないでしょうか?
天災の地震・洪水で被害を受けた被災者、原子力発電がらみで東電の人災で被害を受けた被災者、
被災者たちに救済の手を差し伸べることが最優先されるべきではないのか

その考えがすっぽり抜け落ちている・人を人とも思わない、政府そのものの考えが諸悪の根源に思えてきました
まず、天災・人災問わず一切の被災者に安心して住める仮設住宅などの提供、生活面の援助など
国として救済の手を差し伸べた後に街づくり構想を立てても遅くはないでしょう
そして、東電には人災としての負担相当額を請求すれば良いことではないのでしょうか?

「東電でのことは東電で…」って、「詳細はUnknownなので」と発言を多用した東電会長と同じ発想、
まったくの他人事・・・それはないでしょう

東電社員を責めるのはお門違い

東電の社員・家族の人がとてもつらい立場に立たされているようです

今も過酷な環境下で作業を進められている原子力発電所の作業員
被災地の人々からの愚痴を聞きながら黙々と働いている社員
電力の需要と供給の数字に胃痛をおこしているであろう社員
毎日罵声を浴びせられているであろうコールセンターのお姉さん
東電に勤めているというだけで白い目で見られてるご家族の方、

「原子力発電」「計画停電」の愚痴などを言える立場の私より
そんな愚痴すら言えない人々のことを気遣ってあげたいと思います
東電に勤めている多くの人は皆様と同じ普通のサラリーマンです
私たちと同様、東電上層部と政治家たちとの癒着体質の犠牲者です

東電上層部の癒着体質・原子力での隠蔽工作は責められても仕方がないと思いますが
何の関係も無いこの人たちを責める行為は絶対にしてはいけない行為だと思います
罪を憎んで人を憎まずです

こちらの記事も一読をお勧めします罪を憎んで人を憎まず

計画停電最大の欠点

たった数分間の取材で計画停電を知ったようなマスコミの報道は正しくはありません
計画停電実施対象外に住んでいる人は3時間の停電がたいした問題がないように思うでしょう
・・・が、とても怖い問題をはらんでいるのです
東電はなんの危機感も持たずこれから夏に向けて現行の「計画停電」を続けようと考えているようなので
計画停電実施区域に住んでいる私から現行の計画停電最大の問題点をあげてみたいと思います

「計画停電」は防犯灯・警察・病院・学校等必要最低限の施設などは停電しないだろうと思っていました
しかし、味噌もくそも一緒くたの配線のやっつけ仕事だったようで
イザ蓋をあけてみたら信号は止まり、最低限の灯りも無し、病院も警察も機能しない

計画停電区域がすっぽり無法地帯に化する訳です(そこまでマスコミは突っ込んで取材してくれません)
送電所のスイッチ一つで強制停電、場所によっては市町村丸ごとブラックホールの無法地帯になります
防犯灯・セキュリティシステム作動しない、通報できない、防犯ビデオ作動しないので証拠が残らない
このシステムを故意に作りだしている東電

そして「計画停電○グループは明日何時に計画停電が実施されます」って知らせるって事は
犯罪を企てる人に「明日は○グループを停電させますからお好きのどうぞ!」ってことでしょう
てことは、「東電は犯罪の片棒を担いでいる」ことになりませんか?

計画停電対象地区に住んでいて「身の安全が図れない」ことが一番の問題なんです

もう一つの問題点は夏の暑い昼下がり
都心部に電気を供給するために一部の区域を「計画停電」と言う名の強制停電
その他大勢の人のために一部の区域の人は、
防犯のために窓を閉めきった部屋で、扇風機さえ使えず熱中症で死亡
「人柱停電」になれっ!って言うことでしょうか?

日本国憲法 第三章 国民の権利及び義務
第十四条  すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、
政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。・・・ってありますけれど…

計画停電についてのご意見はFC2BBSでお願いします

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん