熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

東電生中継

実況中継東電記者会見 過去ライブで見られます

ほら、ほら、出てきた!
「不公平・無責任・無計画停電」の弊害が…
「計画停電で手術できない」 除外されぬ病院、不安の声 2011年3月30日朝日新聞ニュースより
「被災地」新浦安からの一視点 「Astand」2011年03月30日より
スポンサーサイト

新聞、テレビと事実は違う

新聞、テレビの言っていることと事実が違うぞ!
政府と東京電力の隠ぺいがひどい状況だということですよね
やっぱり!上杉隆 緊急インタビュー

カイワレ総理

1996年O157騒動の時、貝割れ大根の風評被害に対して貝割れ大根を食して見せた菅厚生大臣(当時)
管総理大臣本人も無菌室育ちの貝割れ大根だったのかと思うほど、まったく、危機感ゼロですね

このまま、原子力問題、計画停電(輪番停電)問題を東京電力に丸投げしたままの状態で良いの?
一国のリーダーなら各国から専門家を呼び対策を講じるのが先決だと思うのですがいかがでしょう
東電のあやつり人形から脱却するチャンスだというのに、「チェンジ」という言葉を知らないのかな?

今や、日本国内であまり報じられない「東電前で原子力反対デモ」や原子力の問題点は日本国内よりも
海外メィディアの方が詳しいようです
計画停電で日本の弱点を世界中にさらしてしまいましたね
テロの標的になり、9/11のようになっても知~らない。

今のまま災害被災者を助けずに被害者を見捨てるような政策(あわてて撤回しているようだが)
地方経済を衰退させ、国民を勝ち組・負け組とに分断させている計画停電問題を
そのまま見てみぬ振りをしているのが一国の主ですか?

早々に建て直しをしないと、もし、9/11のような事態になったら
「大変!」と驚く人よりも「天罰!天誅だ!」と思う人が増えるでしょうね
今こそ一つにならなければならないのに「一つになろう日本」のCMがしらじらしいです

管総理は今までの腐敗した自民党政権の後始末を強いられている訳で管総理が悪いわけじゃない
今、管総理は一国のリーダーなのですからリーダーシップをもっと発揮して欲しいと思います

「計画停電」不安な夜

計画停電を提案された方へ
計画停電の取材で「星がきれいですね」と発言されたタレントさんへ
「今夜は冷え込むので暖かくかくしてお休みください」と話したアナウンサーさんへ

貴方の年老いたお母さんが真っ暗な部屋でちょっとした音におびえている
貴方の年頃のお嬢さんが後ろの足音におびえつつ暗闇の中を帰宅している
貴方の小さなお子さんが暗闇の中でパニックになって泣き叫んでいる
寒い夜、暖かくしたくてもできない状況で暗闇の中にいる

貴方はそれでもまだ計画停電が良い方法だと?

朝日新聞3/27社説より

ようやくメディアが「計画停電」について声を上げてくれました朝日新聞3/27新聞社説です
全文掲載しちゃいけなかったみたいですね ごめんなさい 一部だけ紹介します

・・・電力不足―計画節電へ政府は動け
政府がちゃんと音頭をとって「計画節電」に踏み切れば、
関東圏の停電を回避できるというのに、それをしていない。無責任ではないか。・・・

少しずつこの現状を分かってくれる人が増えてうれしいです

計画停電に思う

たびたび計画停電話題ですみません
今はまだマスコミや新聞は原子力問題・被災地問題の話題でもちきりです
しかし、騒がれているそれらの問題の裏で政府の姿勢が見えた関東の計画停電問題
ローカルな話題で原子力や被災者問題よりも問題視されませんが注目に値する問題だと思います


東京電力の言いなりで決まった計画停電、東京電力は政府よりえらいの?きっと癒着があるのでしょう
東電のずるさはこれから起こるであろう数々の訴訟問題の矛先を政府にすりかえようとしたらしいこと
政府が東電の計画停電を了承したことで、国の政策の一つになってしまったでしょう?
計画停電実施の正式発表までに時間がかかったのはなぜか?で、
「法律に基づく大臣決定による強制的な供給制限」ということにできれば、まさに「当社の責めとならない理由による」
超法規的な措置として、東京電力が停電による損害賠償義務を負わずに済む構成となるはずだったからです。
しかし、政府はこれをまるで自己責任と言わんばかりに突き放しました。
だからこそ、「東電が(約款に基づいて実行する)計画停電の実施を“承認”した」という言い回しになったのでしょう。
…とありましたので上の文を訂正しました
震災被害を受けていない人、ましてやその一部の人にだけ損害を与える行為は天災じゃなくて東電の人災でしょう?
法律に素人の私ですが、「東京電力」という一企業が訴えられるべきものだと思うのです

政府高官は自分たちが日本国を支配していると錯覚しているように見えます
そして政府高官は国民を自分たちを養うための道具だと思っているらしい
「都心中央が大事、都心さえ守れば日本は安泰、傷ついた地方や庶民は切り捨てる」という姿勢
ローカルだからこそ政府の姿勢と政府の問題のありようが手に取るように見えてきました
まるで国民が飢えても知らん顔で軍事練習をしているどこかの国と図式は同じように思えます

電気を止められたら困るマスコミ各社は「計画停電」はタブーで話題にしたがりません
以前、地方の人が言っていた「テレビ局は信用できん!」・・・それは本当でした

電気が使えず不便な生活を強いられるだけならまだ我慢ができます。
が、停電で全てのライフラインを切られる人がいることにまったく配慮されていない
どういった基準で今まで停電していた区域が無停電になりえるのか分かりませんが無停電区域が広がっています
「その区域には配線上停電させられない場所がありまして…」との答えしか返ってきません
信号での人身事故が続いてさすがにまずいと思ったのか、主要な信号機はつくようになりましたが、
元はといえば鉄道・信号・病院・学校などのライフラインの配線と一般住宅の配線をキチンと分けていない
東電のおなざりの仕事が原因でしょう?
そんな無停電区域が増える中、今も計画停電区域内の学校や病院が停電するのは紛れも無い実無です

毎日計画停電を実行されている区域がある一方、都心部(特にオフィス街)は節電している気配が見えない
それは田中優×小林武史 緊急会議より引用した↓が原因かも知れません
「実は家庭の電気料金というのは省エネを進めるために、使うにつれて単価そのものが高くなるようになっているんです。
それに対して、事業系の電気料金は使えば使うほど安くなる。だから、省エネしても事業者は得にならない。」

そして都心部との地域格差だけではなく、同じ区域で停電区域者と無停電区域者との格差
この前まで停電になる度に「ホント何とかならないのかな」と憤慨していた人から
「あら、まだ停電してるところがあったんだ」と心無い言葉が浴びせられる
こんな生活が毎日、そしてこれからも続くと思うだけで神経がやられます

「宮内庁は24日、天皇、皇后両陛下が福島第一原子力発電所事故に伴う東京電力の計画停電に合わせ、
皇居・御所で15日以降毎日、自主節電を続けていることを明らかにした。
羽毛田信吾長官らによると、御所では計画停電の第1グループに合わせて自主的に電源を切っている。
17、18、22、23日は1日2回実施。東電が停電を見送った場合も実施しているという。
羽毛田長官によると、天皇陛下からは「大勢の被災者、苦しんでいる人たちがおり、電源すらない人もいる。
私の体調を気遣ってくれるのはありがたいが、寒いのは厚着をすればいいだろう」
「いつこういう事態があるかわからないし、こういうことはやってみないとわからないから、
学ぶ機会ではないか」という趣旨の発言があったという。」

皇室のような考え方の人が増えたならきっと日本は今より良くなるだろうと思う、いや思いたい!

不公平停電物語『狼少年トウデンくんの夏』

関東近隣で起こっている事を書いてくださった不公平停電物語さんの作品を掲載します

ニホン国のカントウに、トウデンという名の無責任で無計画で不公平な少年がいました。
トウデンの仕事は、カントウに住む人のためだけに電気を作って配ることでしたが、
ある日大災害が起きてカントウ用の電気が足りなくなりました。
困ったトウデンは、「明日からみんな順番に電気を止めて停電する」と決めました。
カントウのみんなは「仕方ないね。みんな順番なんだから全員で協力しよう」と言いました。
ところが、一番大きな町だけは順番から外れたのです。町の人は便利な生活を続けました。

それだけではありません。
停電の順番が回ってきても、BさんCさんDさんの家はいつも通り電気がつきました。
同じグループなのに、Aさんの家だけが停電で真っ暗になりました。なぜでしょうね?
…Bさんがセイジカだから?…Cさんがカンケイシャだから?…Dさんが怒ると怖いから?
無責任な性格のトウデンのことですから、聞いてもきちんと答えません。

無計画なトウデンは、停電する前になってから大声で叫びます。
「今からこのグループには停電が来るぞ!停電が来るぞ!」
しかし、そのグループに入っているBさんCさんDさんは言いました。
「なんだ。停電なんて来ないじゃないか」

不公平なトウデンはなぜだか、別の村でもEさんFさんGさんの家を停電の順番から外しました。
トウデン「このグループには停電が来るぞ!停電が来るぞ!」
BCDEFG「なんだ。また今日も停電は来ないじゃないか。ほんとは停電なんかしないんだ」
ほんとは、いつもいつもAさんの家だけが真っ暗になるのですが、みんなは気付きませんでした。

トウデンは無計画なだけでなく卑怯者でした。細分化で不公平を無くしたように言いました。
人びとはすぐ騙されて、これからは公平に順番に全員が停電するのだ、トウデンはよくやった、と思いました。
でも、何と言うことでしょう。やってみたら、今までと全く変わってませんでした。
停電する時はやっぱりAさんの家ばかりで、BCDEFGさんの家は今まで通り一度も停電しませんでした。

こうして、計画停電に当たっても停電しない家がどんどん増えてゆき、いつもいつもAさん一人だけが苦しんでいました。
「停電が来るぞ!」とトウデンが叫んでも、「うちには一度も来ないから大丈夫」と安心する人が増えました。
いつしか多くの人びとが、停電のことも節電のことも忘れていきました。
Aさんだけが毎日真っ暗になるせいで、お店は潰れ、こどもは寒さとストレスで病気になりましたが、
無責任なトウデンは知らんぷりでした。

そして暑い夏がやってきました。今度は本当に電気が全然足りなくなりました。
今度こそ、トウデンは本気で叫びました。「大きな停電が来るぞ!大きな停電が来るぞ!」
けれども大きな町の人や、たくさんの人びとは、ずっと停電が無かったので、その事をもう忘れていました。
そしてついにカントウの人たち全員に、本当に大きな停電が来てしまいました。

決してふざけてる訳ではありません。物語にすれば、知らない人の興味を引くかも?と考えました。
転載フリーとのことです

日本の政府って…

連投です
東電の計画停電は愚の骨頂、問題解決になっていない
計画停電の実施状況に明らかな「差別」「恣意」を感じます。
千代田区・港区などを避けて群馬県などの弱い立場にある地域に集中しています。
こうした姿勢も非常に「東京電力らしい」ところです。
真っ先に自社のビルから停電にするくらいの誠意を見せるべきだと私は思います
…今の計画停電の問題点を分かっている人がいると思うだけで少しほっとします
東京電力をどうするか
東京電力を潰せという議論が起こる可能性が高い。いや、既に起こっている。…そうでしょうね
国民に「一億総頑張り」を求めておいて、じゃ、政府は何をするのかと思えば・・・
厚生労働省は18日までに、東日本大震災の被災者が、他の市町村に避難して生活保護を申請した場合、
避難先の都道府県や市町村が保護費を支給し、費用も負担するよう求める通知を都道府県に出した。
また、厚生労働省が「計画停電に伴う休業は賃金補償しなくていい」という通達を出していたのである
厚労省は鬼ですね

いやはや、日本の政府って…
被災者の受け入れ対応しかり、東電の計画停電しかり、政府は東京だけが大事なのでしょうね

計画停電で損害を受けられた会社の人は東京電力は損害賠償責任を負うのか?
事業者が計画停電で営業停止を余儀なくされたことについての損害の立証は比較的容易です。
なので、裁判に持ち込めば、損害賠償が認められる可能性があります…が、どうでしょうか

計画停電で悲劇

計画停電で事故が起こっています
一つは
17日夜に信号機が消灯していた厚木市の交差点でバイクの男性(18)が
軽ワンボックス車と出合い頭に衝突した事故は、県内で計画停電実施時の初めての死亡事故となった。
現場は交通整理の警察官が配置されていなかった小規模の交差点。

もう一つは
さいたま市の女性(65)が、東京電力の計画停電で信号が消灯した交差点でトラックにはねられ、
最初に運ばれた病院でも停電のためコンピューター断層撮影(CT)の検査ができず、重体となっていることが、
埼玉県警などへの取材で分かった。転送先の病院に着いたのは事故の約1時間半後。
女性は集中治療室に入っているという。
さいたま市消防局や県警によると、女性は17日午後5時20分ごろ、同市北区の国道16号交差点で
自転車に乗っていてトラックにはねられた。信号は停電で消灯中。交通整理の警察官はいなかった。
女性は頭を打って意識不明となり、同6時ごろ、さいたま赤十字病院(同市中央区)の救命救急センターに
運ばれた。 清田和也センター長によると、センターは重症患者を受け入れる「3次救急」の拠点だが、
同6時20分からの計画停電に備えCTなどの電源を切っていた。応急処置はできたが、脳の損傷の有無や
程度を検査できず、約10キロ離れた同県川越市の病院に転送。着いたのは同6時50分過ぎだった。
清田さんによると、人工呼吸器などは自家発電で作動できるが、CTは消費電力が大きいため対応できない。
しかし周辺の病院の態勢が整わず、応急処置のため受け入れたという。清田さんは「事故や、3大疾病の脳卒中や
心筋梗塞(こうそく)は時間との勝負だが、計画停電中は十分な診療ができない。
救急センターのある病院だけでも停電地域から外してほしい」と訴えている。…朝日新聞社より

信号が消灯していなければ起きなかったかも知れない事故です
計画停電のために信号を消灯した東電の人災の事故で過失責任は大きいと思うのですがどうでしょうか?
補償はもちろん東京電力も負うのでしょうね、それとも、双方の不注意として片付けてしまうのか…
計画停電が原因の事故は他にもまだまだありそうですね

計画停電下、ろうそくの火が原因で火災が発生し、通報が出来ずに大火になったら?
         救急車を呼べないことで死亡者が出たら?熱中症で死亡者が出たら?
計画停電の停電が無ければ起きなかった事故に対して東京電力はどう対処するのでしょうか

我が家の3月分の電気使用量167kwh(3671円)で、28日で割ると一日あたり約6kwh
ちなみに計画停電が無かった2月は183kwh(3996円)で29日で割ると一日あたり約6.3kwh
夫婦二人の家庭なので一般家庭よりも若干少ないとは思いますが…
こんな一般家庭の家を何万軒も停電させ、もし人命を奪ってしまった時の命の代償よりも、
大口顧客の蛍光管を間引くなどの節電のお願いをする方が東京電力にとってはるかに経営的に
リスクが少ないように思うのですがいかがでしょうね~
原発の賠償問題と計画停電の賠償問題…ダブルパンチ・・・そのツケは結局は国民に?

交通情報・計画停電情報をテレビで知る方法

今までテレビの画面に災害情報や計画停電情報のテロップが流れていたのですが少なくなってきました
地デジテレビをお持ちの人は交通情報・計画停電情報やニュースなどをテレビで知りたい時、
リモコンのdボタン(データ連動)を押すと知る事が出来ます
まだあまり知られていないので、新聞やテレビでこういった機能を分かりやすく説明してくれると良いですね

昨夜の停電は1時間半で終了でした
停電する回数も時間も減少気味なのはうれしいけれど、ドタキャンではまったく予定が立てられません

また、あくまでも節電ではなく停電なのでライフラインに不安があります
非常灯も点かず、電気が無いと動かせない灯油やガスストーブ、電話が使えないので救急車を呼べない
場所によってはポンプが作動しないので水も出ない…
そう、停電はライフラインが切れている状態で
   節電はライフラインが切れていない状態です

計画停電の夜、ろうそく(懐中電灯の乾電池は品切れ)を灯して食事を取る
もし、火事になったら水で消すことも消防署へ連絡することも出来ない
こんな不安な時間を過ごすことを強いるのが計画停電です

折り紙 Naomiki Sato Roseと計画停電話題   

「森ビル株式会社は、東北地方太平洋沖地震の影響による電力供給力不足への懸念を受けて、
東京電力株式会社に対し、六本木ヒルズの特定電気事業による発電設備(事業者:
六本木エネルギーサービス株式会社(森ビル子会社))の電力を融通することといたしました。
六本木ヒルズでは、独自のエネルギープラント(特定電気事業施設)により、域内の電力供給を行っています。
当プラントは、都市ガスを燃料とするため、電気による電力制限の影響を受けることなく、極めて安定的な
電力供給が可能です。このたびは、六本木ヒルズ(森ビル)の節電対応とともに各テナント企業や入居者の
皆さまの節電協力も受けて、東京電力に電源提供いたします。」

うらやましい限りですね、六本木ヒルズにはテレビ朝日も入っているそうです。
自前のエネルギーや太陽光発電装置で煌々と灯りが灯っているのはそれだけの設備投資をしているのだから
そこが明るくて暖かくても当たり前で、そんなのは不公平とは思いません

○グループより△グループが計画停電の回数が多い・少ないとグループ間で不公平感を持っているかのような
報道のされ方ですが、○も△も□も計画停電対象者は皆、東電の被害者だと思っています
都内21区と有力者の一声や東電のさじ加減一つでこれからもず~と停電とは無関係の人、
現在計画停電される区域はこれからもず~と停電され続ける…そのことに対する不公平感です
有力者の一声の一例が↓
20110324175952.jpg
先ほど東電検針票と一緒に「太陽光発促進付加金のご負担についてのお知らせ」が入っていました
4月の電気料金から電気使用量(kWh)×0.03円の負担増です(ーー;)

計画停電1グループの皆様、
18:30から22:00まで暗闇と冷えに震えての3時間の停電が始まりますね
今夜は冷えるようですからお風邪を召しませんように!
私はこれからご飯支度に取り掛かります
11b075.jpg  11b076.jpg  11b77.jpg
心を落ち着かせようとバラを折っています
つのこう箱の折り方から作ったガクを花に差込んでみました

計画停電対象世帯へ自家発電機を…

計画停電のない「計画停電対象外」にお住まい方へ
 私の体験や知人の情報を基に計画停電生活者の日常をシュミレートしてみました

月曜日・・・A時間(6:30~10:00まで)
寒い朝なのに暖房なし
朝起きて歯を磨き顔を洗おう…お湯が出ないだけでなく水すら出ない
冷たいトイレの便座に座ってスッキリ、便器の中のものを流す水が出ない
バケツに汲み置きした水を床にこぼさないように注意しながら便器内に流す
炊飯器でご飯を炊くこともパンをトースターで焼くことも出来ないので冷たい朝食を食べ、
お弁当も作れないので子供には市販のパンを持たせる

火曜日・・・E時間(18:20~22:00)
停電前の午後5時に夕食を済ませる、もしくは作っておいた夕食をろうそくや懐中電灯の明かりで食べる
火事にならないか心配だが電池がお店に売っていないのでろうそくを照明代わりに使う
寒いし、お気に入りのテレビドラマも見ることが出来ないから早々と布団に入る…眠れない(ー_ー)!!

水曜日...D時間(15:20~19:00)
昼間に夕食の準備を済ませておくか、午後7時過ぎに炊飯器のスイッチを入れ食事の準備に取り掛かる
夜、友人から「何回も電話したのに出ない」と怒られる
電話を掛けた方は相手の呼び出し音がなっていますが、受ける方は停電の為に電話が鳴りません
電話に出たくても出られないのです、もちろん留守電機能の応答も出来ません

木曜日・・・C時間(12:20~16:00)
早めの昼食を食べてたまに洋裁でもしようかな…ミシンも動かせないから本を読む
午後4じ、通電したので炊飯器のスイッチを入れて駅前のスーパーに買い物に行くが…
計画停電グループが違うので今度はそのスーパーが計画停電中(ガ~ン)

金曜日・・・B時間(9:20~13:00)
朝食の片付けも終わって洗濯と掃除をしよう
掃除機も掛けられない、洗濯機が動かないだけじゃなく水も出ない
あきらめて散歩、えっ、手前の信号は青なのに次の信号機は消えている
車の事故が起きないのが不思議!
(グループ分けが入り組んでいる所はこんな場所もあります)

…とまあ、こんな具合に日替わりメニューの計画停電を時間を変えられて毎日強いられています
毎日強制的に停電させられるのは苦痛以外のなにものでもありません
「タイマーを使えば停電でも影響無いでしょう?」と言われます
が、毎回の停電で00:00とリセットされる家電もたくさんあります
計画停電のためにわざわざ必要としていなかったキッチンタイマーを買うの?
私の知り合いにはフルタイムで仕事をしている人がいないのですが一体どうやっているのでしょう?

同じ境遇の被災者同士なら「大変だったね、お互いがんばろうネ」とお互いを励ますことが出来ます
しかし、停電と節電の違いを理解していない計画停電対象外の方に
「被災者の方を思えばたかだか3時間程度の停電、しょうがないんじゃない」と言われるとムカッ<`ヘ´>

計画停電で得た供給の電力は被災地へ送られている訳ではありません
計画停電は東京都心部の供給不足のためなんです
供給不足とされている東京、
記者会見場やテレビ局の背後に点灯されている多くの蛍光灯、薄着のアナウンサー
「節電にご協力を!」と言っているお膝元が本当に節電しているのか、はなはだ疑問です

東京電力(株)へ提案

東京電力側の都合で強制的に停電(計画停電)を実施されている各家庭(企業)の希望者に
無料で自家発電機の貸し出しをして欲しいとの提案です

   提案理由
都心部や同じ区域内でも一切停電しない区域が存在する事実に不満がありますが
首都機能の混乱を避けるため、何らかの事情があるためにいたし方ないと思うことにします

しかし、東電が守りたい首都のライフライン同様に各家庭にも守りたいライフラインがあります
例えば携帯電話を持っていない高齢者が自宅で具合が悪くなって救急車を呼びたい
しかし停電により電話が使えないので救急車も呼べないという事実
通話中だとしても計画停電の時間になると待ったなしで無常にも切れてしまいます

病人や乳幼児のために暖房が必要な家庭、朝のお弁当だけは作ってあげたい家庭
高齢者や乳幼児がいる家庭のみならず、それぞれの家庭で切らせたくないライフラインがあります
東電がこれから先も計画停電を続けるつもりなら、家庭用の自家発電機を無料貸し出しするなど
「計画停電実施世帯」が最低限のライフラインが守れるようななんらかの方法を考えて頂きたい

このまま東電が何も手を打たないで死亡事故等が多発した場合、数え切れないほどの訴訟問題に
東電は悩まされる結果になると確信しております…と、東電にメールを送ろうと思います

計画停電でノイローゼになりそう

一昨日、昨日と計画停電がなくて少しほっとした日を過ごしました
ストレス発散で1円パチンコで遊び、焼肉を食べてきました…あまりストレス発散とはなりませんでしたが(~_~;)
駅前の通りは、店内が暗くガラス戸に「営業中」の張り紙をしたお店が多かったです
「店内は暗いですが明るい笑顔で営業しています」の張り紙には頑張っているネと思わず笑顔になりました

焼肉を食べながら夫と計画停電の話をするがなんだかかみ合わない
毎日停電と向き合い停電していない時間を縫うように動かなければならない私はストレスが溜まっていき
計画停電対象外地域に勤務して通電時間後に帰宅する夫は今までと大して変わらない日常を送っているので
私が何でイライラしているのかが分からない…非常に温度差があることに気がつきました

Dr_Radialist様に寄せられたコメントに私と同じような心情がつづられているので引用します
「よく、停電くらい、と言うようなことを言う人がいるけれど、節電と停電は根本的に違うんだってば!。
夫もまだ停電を経験していないので、もうまったく私の怒りに無関心です。
ストーブも、「石油がつくだろ」つかないと言うと「じゃあ、こっちはつくんだろ」とガスを指さす。
違うよ、それどころか水道もでないんだ。都区部の方はマリーアントワネットか、と毒づいています。」
※「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」と発言したとされるマリーアントワネットです

また、夫と会話の中で
私「さっき知り合いの学校の先生と立ち話をしたのだけれど、学校も給食の提供がままならず
  停電でトイレの水が流せないのででホント困っている、これから対策会議があるって言っていた」
夫「えっ、学校と病院は計画停電の対象外じゃないの?」

皆さん、夫同様に学校と病院は計画停電の対象外と勘違いされているかも知れませんが
学校も病院も計画停電の対象外じゃありません、毎回停電します
暗い教室で、停電時を避けてトイレに行き、時には温かい給食が食べられない日も有る
そんな日常がこれから毎日続く生徒
一方、都心の学校では明るい教室で、停電に関係なくトイレにも行けて、温かい給食が毎日食べられる
今までの日常生活が送れる生徒
平等の扱いを受けなければならない子供達が学校の住所が少し違うだけでこうも違う生活がある
こんな不公平な生活を強いる計画停電は早急に見直すべきです

先週4日間で、計画停電回数計5回、停電時間15時間を経験した計画停電第1グループの私の体験談
15日は16:00~19:00
16日は13:00~16:00
17日は10:00~13:00 18:00~20:30 と2回の停電
18日は 6:30~10:00

18日も2度目の計画停電の予定がありましたが見送られました
17、18日と二日続けて2回の計画停電が実行されたら第1グループの人々はマジでブチギレてしまうかも

私が仕事(掃除)に行く職場も同じ第1グループなのでそこも我が家と同じように停電しています
非常灯も消えますので昼間でも真っ暗闇な部屋があります
もちろん常時節電のために暖房は切ってあるので社員はジャンバーやコートを着込んで仕事をしています
17、18日と2度の計画停電予定が入っていた日、社員は少なく、まったく人がいない部署もありました
停電時は電話・ファックス・パソコンも一切使えませんから仕事にならないだろうな~と思います
バッテリーでノートパソコンは使えてもサーバーもネットも使えないので限られた作業しか出来ないでしょう
守衛さんは毎回の停電ごとにドアを自動・手動に切り替えるという余計な作業をしなければなりません

汚れているであろうトイレを真っ先に掃除しようと思っていたら通電と同時に人がなだれ込んで来て
そのトイレ掃除は一番最後になりました
社員の皆さんもトイレをぎりぎりまで我慢されていたようです

停電時は流しの水が出ないなどで掃除も出来ませんから停電時間を避けての時差出勤になりました
仕事を終え、自宅に戻ると通電している時間に炊飯器でご飯を炊き、洗濯などの家事も済ませます
銀行や買い物などは行き先の停電時間を調べてそれを避けて行かなければムダ足になります

常時、職場・自宅・出先での計画停電のことを頭に入れて行動しなければなりません
ご近所迷惑と気にしつつ真夜中に洗濯などの家事をこなさなければならない人も出てくるでしょう
今までの生活リズムが崩され、こんな生活がこれからも毎日続くと思うだけで…とてつもないストレスです
計画停電ノイローゼの人がこれからたくさん出てくるでしょうね

Dr_Radialistからの便りに寄せられたコメントです
原子力発電についてですが私もこのコメントに共感したので掲載させていただきます

『ずっと前から原発が安全というCMを見るたびに、思っていたことがある。
そんなに安全だというなら原発は国会議事堂のすぐ傍に作って、国が本当に
安心だというところを見せてくれということだ。
あってはならない事故が起きてしまった今、現場で事態の収拾に命がけで努力して
戴いている方々にはただ頭が下がるばかりである。
しかし、多分今回の最大の責任者東電の社長は申し訳程度に何度か、メディアの前で
誠意の感じられないコメントを出しただけである。
放射能の影響のほとんどない東京の本社で、多分自分の今後を打算的に考えているだけなのだろう。
早く楽になりたいなあなんて思いながら。
こんなことが今後起こらないにするには、電力会社の社長室は原発のすぐ傍において、
社長に命がけで経営させててどうだろうか。
今回の地震と津波は想定外と責任回避する向きもあるようだが、社長室が原発のすぐ傍にあれば、
想定の範囲も今よりはもっと大きく捉えるようになるだろう。
また、万一今回のような不測の事態が起こった場合でも、経営よりも安全を重視した判断ができるようになり、
今回のような自己保身による初期対応の判断ミスもなくなるだろう。』

ウエシマ作戦

計画停電の不公平さを私だけではなくて皆様感じていらっしゃるのですね

私が特に感じているのはどの局も同じような内容の放送を垂れ流している民放の放送局
何で「民放各社が団結して自主的に輪番停電をして節電に勤めます」とかの発想が出て来ないのだろう
それこそ石原都知事発言の「日本人のアイデンティティーは我欲になった」そのものですよ
この日(この時間)は○○局で合同放送を流します、他の局は節電のために休みます…といった具合に
放送局の輪番停電をしたら相当な節電対策になるのでは?と私は思います
実際に災害や停電を経験したキャスターの言葉は真実味を帯びるだろうし
「テレビ局も停電して節電しているのだから私も節電に協力しなくちゃ」と視聴者も思う事でしょう

このところ、計画停電時間外でもテレビを消しています(報道特番は高みの見物で内容は薄っぺら)
これはこれで我が家の節電になっているのかな~

計画停電の疑問、東電担当者に聞きました
朝日新聞(3/19朝刊掲載)と同様の記事がネット上にありました
神奈川版ですがどこの地域にも当てはまると思います

単純に住所では区分け出来ない仕組みは良く分かりました
でも…
「できるだけ停電しないように、ぎりぎりまで電力の需給バランスを見きわめています。
そのうえで、グループ内のAとBの変電所を止める、それでも足りなかったらCとDの変電所も止めよう、
さらに足りなかったらEも止めようという風に調節をしています。このため、グループ内一律に停電しません。」
停電したり、しなかったり…この不確かさが逆に混乱を招いているように思えるのですが…

そんな中、“物資を買い占めず「どうぞどうぞ」と譲り合う心が大切である”ということから
「ウエシマ作戦」がネットユーザーの間で広がっているらしい
元は「俺がやる!」「じゃあ俺が!」と手を挙げる二人に続いて手を挙げた上島竜兵に
二人が「どうぞどうぞ」と譲るダチョウ倶楽部のギャグです

無計画な計画停電

昨日(3/17)は9:20~13:00までの一回目の停電に続き16:50~20:30までの二回目の停電が実施されました
一日に二回(計6時間)の停電はやはりつらいです…何も出来ませんし、冷凍庫の中が心配になります

今日(3/18)、第1グループは6:30~10:00までの時間割Aの一回目の計画停電がありました
供給不足の懸念が大きい場合の13:50~17:30までの時間割Fの停電も覚悟していましたが見送りになりました
停電が中止になり電気が使えるのは嬉しいのですが計画停電に振り回されているようでなんとも腑に落ちません

スーパーの発注の経験者としては停電を実行したり、しなかったり…というのは一番困ります
生鮮品を発注する場合、その日の客数予想・天候・気温を考慮して発注数を割り出します
時間割Fの停電を予定してたのに停電しなかった場合、普通は店の営業を続けますね
客数予想が大幅に狂って「開店しているのに商品が何もないじゃないの」とクレームが殺到していそうです
クレーム処理だけではなくて人の手配やらなにやらでお店の皆様は頭を痛めていることと存じます
逆に停電しないと見込んでいたのに停電した場合、売れ残った生鮮食品を廃棄処分しなければなりません

何もスーパーに限ったことではなくて、製造業もこの東電の計画停電の無計画ぶりに右往左往している…
機械を一定時間稼動させないと製品が作れないので製造をストップしている
計画停電が物不足の原因の一つになっている…そんな実情を東京電力首脳部はご存知なのでしょうか?

東電も需要と供給とのバランスで頭を痛めて綱渡り状態なのは重々承知していますが
「計画していた停電を中止して電気を供給したのだから良いだろう」的なお上視点が見え隠れしています
こんな無計画な計画停電が4月一杯まで続くのかと思うと先行き不安です
いったい夏のクーラー使用時期になったらどうするのでしょうか

不公平な計画停電

ひんしゅくを買うかも知れませんが首都圏の大規模停電 大賛成!
だって計画停電があまりに不公平なんですもの

一日に2回(計6時間)停電する地域があるかと思えば、計画停電がされない地域もあります
第1グループの我が家は今朝10時頃~午後1時まで停電し、その後午後6時頃~8時半まで停電しました
かたや、計画停電の予定の無い都心ではパチンコ屋も居酒屋も普通に営業しているのだとか…
ネオンキラキラ、ジャンジャンバリバリと湯水のごとく電力を使っています…この差は何?

そんな区域の普段の生活を支えるために近郊・近県に、これだけの犠牲を強いているなんておかしくない?
蓮舫議員、スーパーの品切れ視察よりも計画停電を公平に仕分けてください、お得意でしょ?
政治家の皆様、東電のトップの方々、都民の皆様、天罰は公平に受けとめましょう
「停電は会議室で起きているんじゃない。現場で起きているんだ!」
会議室が現場になったならペーパー案よりももっと良い具体案が出るのでは?

被災された方々を思えば、停電で寒くても暗くても我慢します
しかし、のんきに計画停電を他人事のように報道しているのには腹立たしい気持ちで一杯です
平日の停電が無理なら、せめて土日や夜間の計画停電は都心部にも順繰りにして欲しいものです

計画停電実施2日目

被災地の方々のお姿にとても心が痛みます
月並みですがお見舞いとご冥福をお祈り申し上げます

と、同時に民放のテレビメディアに少し腹が立っています
NHKはともかく、民放各社のテレビ局がこんな時こそ合同で報道しても良いと思うのですが…
各局が番組作りのためにバラバラに消費している電力やガソリンを一つにまとめるだけでも
相当な節電、節約になると思うのは私だけでしょうか?
各局がスクープ取りに躍起になって、被災された方や番組を見る視聴者を忘れていない?

そして、テレビ局が多い港区などは計画停電のグループ分けからはずされています…何故?

…と、グチはさておき、すったもんだの末、昨日(3/15)から始まった計画停電(輪番停電)
東電のグループ分けの情報では、地域が複数のグループに有って、どれに属するのか分かりませんでした
昨日、実際に停電になってみて初めて我が家は「第一グループ」なのだと判明したしだいです
また、同じ「第一グループ」内でも停電にならない区域が有ったりとまだ全容が掴めない状態です

昨日の停電は午後4時~7時
明るい内は折り紙を折ったり本を読んだりが出来ましたが、暗くなるとそれらも出来ません
毛布を掛けて暖かくしてポータブルゲーム機(DS)で遊んでいました(~_~;)
これが結構明るくて「懐中電灯代わりになるかも?」なんて考えていました
停電じゃない時間にはこまめに充電しておくことにします

懐中電灯やろうそくをつける事も考えましたが、予備電池やろうそくの買い置きもないので
本当に必要な時まで出来るだけ使わないでおこうと思っています
スーパーやお店の棚はカラッポ状態で電池やろうそくを買うことが出来ませんから

暗がりの中、電灯が付いた時にはやっぱりホッとしますネ

今日は午後1時~4時まで
暗闇の停電に比べたら明るい時間帯の停電はそんなに不便にも感じませんでした
ただ、掃除、洗濯、アイロン掛けなどの家事が滞って行く…
サボッているとは言わないで停電のせいにしてしましょう(^_-)-☆

電気が使えなくなって感じたことは旧式の製品のありがたみと良さ
家のお風呂は旧式なのでガスさえ通っていれば入れます
また、トイレも水洗レバーが付いている旧式なので水が出れば使えます

かたや、職場のトイレは最新式の全てリモコンなど電気で操作し、水洗レバーが付いていないいタイプ
これは電気がないと水も流せないんです
センサー付の洗面ボールの水もアウト、手を洗う水も出ません
なので、職場のトイレには水を入れたバケツが多数用意されました(~_~;)
便利さを追求した結果がこうなるのかな~

追記
車の料金式パーキングにもご注意を!
停電で車をパーキングから出せないとの情報もありました

折り紙 川崎ローズ

汽車の表紙の「折り紙夢ワールド」にもバラが紹介されています
「福山ローズに似ているので折り方もそんなには難しくは無いはず…」
ところが工程33~35の折りたたみ方(ピンクのテープを張った部分)でつまずき、前回はギブアップ(ToT)
折り図を見なくても福山ローズが折れるようになった今、再挑戦してみました
同じ場所でつまずいたものの何とか折れたので、川崎ローズと福山ローズを並べてみました

青の折り紙下が「川崎ローズ」、青の折り紙上が「川崎ローズのひらいたバラ」
川崎ローズにも種類があります、詳しくは川崎博士のバラ比較 でどうぞ

黄色の折り紙上が福山ローズ、下は福山ローズ3段階工程の37終了後に底をたたんだものです
福山ローズについては折りばらウェブサイトでどうぞ
裏の花芯の立ち上がり部分です
折り易さでは花芯からの立ち上がり方が分かりやすい福山ローズに軍配が上がる…かも
11b069.jpg  11b066.jpg  11b067
11b068.jpg
明日はひな祭りですね、雛人形を飾っています
子供たちがまだ小さかった頃に私の妹が和紙で作ってくれました(*^_^*)
11b070.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん