熟々年

ご訪問ありがとうございます。

トット 永眠しました

ウズラのトットが昨日の午後6時過ぎに私の手の中で6歳2ヶ月の生涯を閉じました
b231.jpg   b232.jpg
亡くなる4日前(病院へ行った翌日)  亡くなる日(これが最後の写真になりました)

獣医による処置のおかげで食滞の苦しさからは開放されたようでした
シリンジによる強制給餌を2日続けたところ確かに元気にはなりました
しかし、チューブを口に入れるのはとても嫌がります
…食べる楽しみを失ってもトットは生きたいと思っているのだろうか?
栄養補給をして無理やり生かすことはかえって残酷な気がして止めました

体を支えきれずに横向きで自分の周りを一周する円移動だけが精一杯の動きになったので
トットを膝に抱き抱え、温かい練り餌やお湯をスプーンで口元まで運びました
喜んで食べる時、イヤとそっぽを向く時、私の時間の許す限りその食事を繰り返しました
…が、未消化のミルワームが排泄させているので「そう長くはないだろう」と覚悟はしていました

昨日の朝はミルワームを3匹食べましたが練り餌はほとんど食べませんでした
昼に1匹のミルワームをも食べようともしないで寝ているだけのトット
ケージのトットを気にしながら「何か食べさせようか」「このままで良いのか」と堂々巡り

午後6時近く、タオルに包み抱いたトットは目を閉じたまま力が抜けていて妙に軽い
何か一口でも食べられるかな~と思って用意したシリンジに入れた温かいスープですが
飲み込む力が無いのに無理にスープを流し込んだら気管に入って窒息させるので断念しました
なんとなく「別れ」を感じたので、そのまま抱いて頭をなでながらトットとの事を思い出していました

1歳7ヶ月のトットの里親になるために名古屋までトットをお迎えに行った事
家に来た当初はカーテンの開閉音でパニクッて飛び上がって天井に激突した事
パソコンデスク前、布団の上、ソファーの上、台所、洗面台のマット、テレビ前、ヒーター前、
庭が見える掃き出し窓、本棚の隅、ソファーの後ろ、ソファーの下
お気に入りの場所が沢山あったけど足腰が弱くなるにしたがって段々と減って行ったね
交換したてのラグマットに速攻で臭いウンチを落としていくのは縄張りの意味だったのかな?
トットを蹴飛ばしたり踏みつけそうになった事が何度もあったけどそれでも人の足元が好きだったね
昼寝している私の側でトットも寝ていて、まったりとした午後を過ごせた事
無邪気でわがままなトットの顔や仕草が私達夫婦を和ませてくれたこと
2度目の里親になった私達夫婦の元で幸せに暮らせたかな?
「一人で留守番をさせてゴメン」「色んな楽しい思い出ありがとうトット」
「お疲れ様」「楽になっても良いよ」

それに応えるかのように薄目を開け頭を少し振ってから安らかな顔で天国へ旅立って行きました
今朝、庭に埋葬しました 「さようならトット」「ゆっくりお休み」
スポンサーサイト

食滞で病院へ

いつもは朝・昼・晩の3回にすりおろしリンゴと粉砕したシード餌を与えます
昨日の昼は外出で家に戻れないので朝にいつもより多めに餌入れに餌を入れておきました
「お腹をすかせては可哀想」それがいけなかったのかも知れません
夜に家に戻ると餌箱の中身は空、そしてトットのそのうはパンパン
生あくびをするように口を開け苦しいのか羽を膨らませてじっとしています
そしてケージの床は朝に掃除したままできれい…という事はウンチをしていない?

年が年だからいつ★になってもおかしくないとは思うものの、苦しんで亡くなるのは可哀想
なので、獣医に連れて行きました
レントゲンを撮るとやはりそのうに餌が詰まり、腸管にガスらしきものも溜まっているらしい
造影剤検査は体に負担が掛かるのでそれはしませんでした
昨日の餌だけではなくて消化器官が衰えて少しづつ溜まっていたのかも知れません

抗生剤と栄養剤の注射と点滴を受けパウダーフードを処方されました
しばらくは注射器のようなシリンジによる強制給餌になりそうです
ただ今、我が家のアクリルケース集中治療室で保温中です

とっとの近況

オスウズラの元気バロメーターに当たる雄たけびはまだ復活していませんが、
すりおろしリンゴと粉砕したシード餌の主食とミルワームなどを食べて
食べた後はちゃんと排泄して…と、ひとまず元気で小康状態を保っています
8月に128グラムあった体重は115グラムと少しやせましたが標準体重ではないかと思います

トットがウンチをしたら直ぐにふき取るようにしていますが、四六時中とっとを見ている訳にもいかず、
気が付くととっとの体の羽にウンチが付いている…なんて事もあります
なにしろ足元がおぼつかないで転げていますから汚れるのは仕方ありませんね~

ウズラは種子類を主食とするフィンチ類の糞(普通に鳥の糞と呼ばれる)とは別に
盲腸便と呼ばれる粘っこい茶色と緑色を混ぜたような糞をします(これがすごく臭いんです)
ウズラに体臭はないのですがこの糞が体に付いちゃうととっても臭い
そして、すりおろしリンゴを食べるようになってリンゴの果汁で胸元がガビガビに…
毛繕いもままならないトット、ベタベタの胸と糞で汚れた体はさぞかしイヤだろうな~

鳥は自分で水浴び・砂浴びをし、毛繕いをして清潔を保つので洗わない方が良い
羽毛の油分が抜けるのでお湯で洗うなんてもってのほか!など色々なご意見があります
確かに健康な鳥を飼い主の都合で洗う事は余計なお世話で必要のない事なのだと思います

…が、トットの清潔を保つ為に多少のリスクは覚悟の上…と、時々お風呂に入れています
あくまでも自己流ですので試される方は自己責任でお願いします

洗面器に42度程度のお湯を張ります(弱酸性シャンプーを少し溶かす時もあります)
何故お湯?水やぬるま湯は寒いようで震えて鳥肌が立ってます
人間だって水風呂よりあたたかいお風呂が気持ちが良いですもの

首とお腹を持って足から入れます
初めての時にはビックリして暴れますね~
首を持って首から上を濡らさないように(鼻や口に水が入らないように)気をつけながら
足・羽・体を洗います
その後、シャワーや掛け湯でシャンプーを完全に洗い流します
時には首までお湯に漬かるお風呂も経験しています
何度かお風呂に入れた経験から云うと温かいお湯の中で足を伸ばすのはイヤではなさそう
案外「気持ち良い~、いい湯だな」なんて思っているのかも知れません

さて、お風呂に入れた後が重要です
水分を良~くタオルでふき取ります
ツルンとした肌の人間と違って鳥は翼や羽毛で覆われているので隅々までふき取ります
体が冷えると下痢をするくらいにデリケートです
羽毛が完全に乾くまで弱風量の温風ヒーターで乾かします
↓はトットのお風呂上りの様子です
b228.jpg  b229.jpg  b230.jpg
まずは背中を乾かして…      足と手が伸びて来て          リラックス~     

トットの餌

ウズラのトットはミルワームは食べますがそのままの粒のシード餌は食べなくなりました
私は入れ歯になってからは固いものは食べられなくなりましたが
トットは人間と違って歯が無いので固くて食べられないという訳ではないようです
鳥も高齢になると喉の通りが悪くなり消化器官が衰えてくるのかな~などと考えています

私も年と共にパサパサした食感の食べ物よりしっとりした食感の食べ物を好むようになったので
トットが「飲み込みやすい食べ物を欲しがっているな」と感じ取れます
ただ、何をどんな風にしたらトットが食べられる餌になるのかが分かりませんでした

前記事で「うずはは」さんがコメントしてくださった
「う~の時はすりおろしたリンゴを食べてましたね」

これだ~とひらめきました
トットは指で潰してやわらかくしたリンゴを食べていたのでリンゴには抵抗感はないはず
トットが食べなれている餌であるシード餌やビタミンペレットなどをミルサーで粉砕します
粉砕したてのシードは豆臭いというか青臭いような臭いがします
トットが粉砕したシード餌に見向きもしなかったのはこの臭いのせいかも知れません
粉砕したシード餌にすりおろしたリンゴを混ぜました
すりおろしたリンゴが粉砕したシードの粒々を上手くまとめてくれます
またリンゴの香りがシードの青臭さを消してくれました

はたしてトットが食べるのかな~?と思いながら与えてみました
するとどうでしょう、食べやすいのかパクパクと食べています
夏の暑い盛りには餌の傷みが心配ですが今の気候では問題なし
しばらくはこの餌でいこうと思っています
b227.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん