熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

巣立ち雛を親元へ返す

ホームセンターのミルワーム売り場で「もしかしてスズメの雛を拾われた?」
「実はそうなんです」と知り合いになったマイミクの「ぴ-ちゃん」さん
スズメの雛を無事に親元へ返す事が出来たと云うメールを頂きましたので
同じように巣立ち雛を拾われた方の参考になれば…とここにご紹介します

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
雛(以下、チビ)を拾った国道の近くで、安全そうなところを探し歩いていたところ、
木々の生い茂った庭のある旧家があり、そこからたくさんのスズメの声が聞こえてきました
チビも、その家に近づくに連れ、すごい呼び鳴きを始めたのです

庭にいるであろう、多くのスズメがその声に反応していたのですが、中でも、
一際大きな声で呼び鳴きをし、私のいる小道の頭上の電線に飛んできたスズメがいました。

すぐさまチビを入れたカゴを置き、塀の影に隠れてしばらく様子を伺っていたのですが、
さすがに警戒してか降りてはきません
そこは、人様の玄関先で、あまりに挙動不審な状態だったので、思い切ってその家の
人に事情を話すことにしました。
お家の方は大変親切な方で、庭には鯉のいる池もあり、カラスや猫は追い払うように
しているとのことなので、環境的にはかなり安全と思われました

さすがに、その間にスズメたちの声は少し遠のいてしまいましたが、
思い切って、そのお宅の庭の木にチビ助を放すことにしました
チビの呼び鳴きは激しかったので、姿を消せばすぐに戻るだろうと思い、
まずはいったん引き上げました。
そして、夕方まで時間をつぶし、4時近くになって再度様子を見に行きました

すると、庭から、チビの呼び鳴きの声だけが聞こえてきます。
他のスズメの姿は無く、声も聞こえてこないので、かなり不安に …
3日しか面倒を見ていないチビ助の声ですが、呼び鳴きの声は間違いなくチビ。
また、聞き分けられる自分にも驚きでしたが、逆を言えば、人間でさえ聞き分け
られるヒナの声、親がわからないわけがありません。
不安になりながらも、また、その家の方に頼んでお庭に入らせていただき、チビを探しました。
すると、放した木より、より大きく高い木の枝で盛んと1羽で呼び鳴きをしています

まわりにはスズメの声がしないので、「失敗だったかも・・」と、絶望的な気分になってきたその時です。
1羽のスズメが飛んでくるや、 静かにすーっとチビ助の横に止まり、餌をあげ始めたのです
チビ助は、羽を震わせて甘え、餌をねだっていました
感動的な瞬間でした
そして、一瞬静かになったチビ助から、またすーっと飛んでいきました。 間違いなく、親スズメでした

猛暑だったので本当に心配でしたが、無事親元に返すことが出来て、本当に感激しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ぴーちゃんさんが拾われた雛も家の雛と同じ12グラムしかないチビ雛ちゃんでした
無事に親鳥に再会できたおチビちゃん
小さいながらも親鳥の後を一生懸命追いかけてたくましく成長していく事でしょう

飛ぶのを怖がる家のチビ雛…親鳥に返しそびれた罪悪感がつきまといます(ToT)
スポンサーサイト

トットの体重

スズメの雛の体重を量ったついでにトットの体重も量ってみました
若い頃の体重を量っていないけれど小柄な体格なので128グラムってかなり太りすぎ?
動かずに食べるからすっかりメタボ爺さんウズラです
「今更ダイエットって云ってもな~」「老い先長くないんだから美味しい物食わせてよ」
…そんな声が聞こえてくる
このところ追いかけっこをするようになってからなんだか調子が良いらしい
これもスズメの雛のおかげかな?
b185.jpg  b184.jpg  b183.jpg

スズメの雛のティシュ浴び

チビ雛スズメは元気一杯(^o^)/
口の黄色部分も大分無くなり雛らしさは段々消えて大人びてきました
普通サイズのスズメの体重は平均24グラムなのだそう
それに対してこの雛は12グラムしかない…やっぱり小さい
まるでセミに尾羽を付けたような大きさです
もしかして成長が止まってる?これ以上大きくならないのかな~
右足で止まり木が掴めずに止まり木から落ちてしまう事も(~_~;)
もうしばらく保護を続けます

ブログでの動画に初挑戦!続けてもう一つ
ティシュペーパーで砂浴びしています(^o^)
[広告] VPS

今日のトットとスズメの雛

[広告] VPS

スズメの雛日記

ご近所から大きな青虫を頂きました(何の幼虫かは不明)
…が、その大きさにスズメの雛はビビッていました
結局その大きな青虫は庭にリリース

中央画像は一本足で朝日を浴びつつ寝ているスズメの雛
やっぱりお日様に当たるのは気持ちが良いのでしょうね
そうそう、ウズラの専売特許だと思われていた足を伸ばしてのリラックスポーズ
カーペットでの砂浴びモード突入後、一瞬ですがこの雛ちゃんスズメもしていました
自然界のいつ狙われるか分からない緊張の中ではする事が無いのでしょうが
手足を伸ばしての伸びが気持ちが良いのは人間や犬・猫だけではないようです

時には同じカーテンでくつろぐ二羽の姿…決して仲が良い訳ではありませんが
今のところ、なんとなく住み分けています
トットが血気盛んな若いウズラだったのなら雛とは完全別居じゃないと無理かも…
雛の逃げ足の速さにトットの視力と足腰が追いつかないだけなのです
雛の方も一時はトットを親と勘違いしていたような感があり一目置いているらしく
トットを突いたり攻撃することはまずありません
ただ、自分(雛)のケージにトットが入って来そうな時には大きな口を開けて
トットを威嚇しています
自分のテリトリーには侵入して欲しくない、でもトットのケージに入って餌を食べる
このスズメの雛ちゃん、ちゃっかりしています

集団生活をするスズメなら雛でもきっと理解出来ると思ったので
トットの餌箱に首を突っ込んでいる雛に私がトットを抱いて上から押し付けて
マウントの真似事“上下関係では雛よりトットが上”をたまに私がします
雛の勢力が大きくなりつつあるのでトットとの無用の諍いを避けるのが目的です
鳥は敵とみなすと目を狙うので視力の衰えたトットはひとたまりもありませんから…

以前から部屋の隅が好きだったのが隅に居る時間がよりいっそう長くなったトット
たそがれてるのかな~
「トットが一番よ」と言ってはみても抱っこしようとすると相変わらず逃げるトットです(~_~;)
b180.jpg  b181.jpg  b182.jpg

スズメの雛日記

b177.jpg  b178.jpg  b179.jpg
保護してから2週間経ちましたがまだこんなに甘えん坊です
大きさは尾羽の長さを入れても約10センチ、体重12グラム
身幅は2.5センチの隙間を楽々と抜けられます
庭の餌台に来るスズメよりかなり小柄のような気がしますが気のせい?

さくらんぼをあげないようにしたから?トットの餌を食べたがるせい?
…かどうか分かりませんがあれほど嫌っていた粒餌を食べるようになりました
でもミルワームを見ると目つきが変わります

まだ右足が痛いのか右足は畳んだまま左足でピョンピョンと跳ねては
相変わらずトットの餌箱に行ってはミルワームや青菜を強奪しています
トットと雛との両方に同じ餌を入れているのですが
「隣の芝生が青く見える」のは人間ばかりではなさそうで…(~_~;)

運動もしないで食っては寝ての日々…ずんぐりむっくりのウズラ体型になってきました
君、それでは大空を飛べないよ~!

スズメの雛とウズラのトット日記

b173.jpg  b174.jpg
スズメの雛は野菜嫌いでミルワーム大好き!青虫も食べようとしないのを見て
夫「お前はミルワームをやり過ぎ」「お腹が空いたら何だって食べる」
私「確かに…」
翌日はミルワームを極力与えないようにしたら青虫やパン、黄な粉団子もパクついていました
粒餌は「こんな硬いもの食べ物じゃない」とばかりに口で転がすだけで出してしまうので
メジロ用のすり餌を粒餌の大きさの団子にして食べさせようと試みましたが食べません
粟をやわらかくしたり黄な粉を団子にしたりと小鳥の離乳食で苦労しています(~_~;)

尾羽や翼も伸びて大分親スズメの姿に近づいてきましたが寝姿はまだ無防備な雛状態です
きっと一緒に巣立ったであろう兄弟達は枝から落ちないように風に飛ばされないようにと
常に緊張しながら厳しい自然界の中でたくましい若鳥に育っている事でしょう
それに比べて緊張感の無いわがままスズメに育ちつつあります
右足を引っ込めたまま翼で器用にバランスを取りながら左足でピョンピョン歩いています
これだけ人に慣れてしまって足が不自由なら自然界に返すのは難しいだろうな~

買い物に出たついでに動物病院の受付で「足の悪いスズメを見てもらえますか?」と聞くと
「当院では診ないけれどどうしたの?」と獣医
雛を拾った事情を説明して足を痛めている事を話しましたら
「平面を歩くだけでは足がダメになっちゃうからカゴの一番下に止まり木を付けてね」
とアドバイスしてくれました
ついでに「野鳥を飼うには許可が必要と聞いたのですが…」と私が尋ねると
「こちらに問い合わせて見て」と野鳥保護センターの電話番号を書き出してくれながら
「本来はね…でもスズメが飛んで家から出て行くまで面倒を見てあげてはいかがですか?」
b175.jpg  b176.jpg
トットと雛の関係・・・
雛が「ご飯頂戴よ!」とばかりにチュンチュンと翼を下げてトットにおねだりするも
「こんなガキわしゃ知らん」「そんなに腹が空いているなら勝手に食え」
・・・と云っているようないないような・・・
巣立った後も親が雛に餌を運ぶスズメに対して
ウズラの雛は生まれて直ぐに自分で食べ出します

スズメの雛日記

スズメの雛を保護して一週間経ちました
スーパーの買い物カゴのような物を逆さにして中に雛を入れて(雛の安全の為)
一緒に庭へ出て地面の虫を探して食べる練習をしたり
大好物のミルワームでジャンプ出来る高さや飛距離を伸ばそうと練習していました
このまま順調に行けば時間は掛かるけど無事に巣立つと思われたのですが

昨日の朝、ケージの隅で雛がうずくまって元気が無い様子です
右足を上げたままの状態なので右足を痛めているに違いありません
…もしかすると骨折?原因は…
着地失敗?トットとのバトル?止まり木から落下?ケージの網に引っ掛けた?
“巣ではもう寝ない”からとケージ内の巣を撤去したのも原因かな~

…と、云う訳で訓練は中止
以前うずらを診てくれた動物病院へ連れて行こうかどうしようか迷ったのですが
こんな小さな鳥のギブスなんて出来ないでしょうから自然治癒に任せることにします
もし、このまま足が完治しないで不自由が残ったなら野性には返せないので
その時は我が家の一員として迎えるつもりです

足は不自由でも食い気はスゴイ
家庭菜園をしている友人に美味しそうな青虫を貰ったのですが見向きもしません
「ミルワーム頂戴!」「ミルワーム頂戴!」野菜嫌いの偏食雛です(^_^;)

スズメの雛保護6日目

b169.jpg  b170.jpg 
今朝の雛っ子はちゃんと餌台に来ているスズメ達をしっかりと観察していました
モチロン止まり木には私が止まらせました
自力でこの枝に止まれるように飛ぶ力が付いたら雛が出入り出来るように窓を開けて置くつもり
この餌台に来るスズメ達の仲間入りが出来ると一番良いな~と思っています

私の過保護ぶりにあれやこれや云っていた夫ですが雛に手の中で眠られてはメロメロ(^^♪
私以上の溺愛ぶりです

雛の成長の速さには驚く事ばかりで随分とたくましくなってきました
止まり木から止まり木への移動もとてもスムーズに出来る様になりました
開脚気味だった左足も止まり木に止まるようになってからは気にならなくなりました
何とか翼を使って飛び降りる事は出来るようになりましたが相変わらず着地はヘタ
翼を使って飛び上がれる様になるにはもう少し時間が必要かな?

食事はジャンプや場所の移動(飛び上がり)の練習に私がミルワームを与える程度で
私の手からの餌やりは少なくなりました
粟の穂も突いたりして一粒一粒を食べる事も少しは覚えたようですが余り好きじゃなさそう
ハコベも食べないなんてなんて贅沢な(*_*)ミルワームとさくらんぼには勝てません
今のお気に入りはもっぱらさくらんぼであれほど好きだったとうもろこしには目もくれません
餌箱に一緒に入っている青菜を器用に除けてミルワームとさくらんぼを貪欲に食べています
時には左画像のようにトットの餌箱に入っているミルワームをも強奪しに行っています
b172.jpg  b171.jpg
「チチチチ」と警戒音がするので見ると強奪しに行ってはトットに追われてソファー下や
自分のケージに逃げ帰る雛っこです
時には右画像のようにお互いにリラックスして寝ていたりするので二羽の関係はオモシロイ(*^_^*)
雛っ子が飛び始めと着地がちゃんと出来るようになるまで、よたよた爺さんのトット我慢してね
雛が無事に巣立ち終わるまで二羽の良好な関係が続いてくれると良いな~
雛が日ごとにたくましくなっていくのでこのままでは形勢逆転しそうな按配なんです(~_~;)

スズメの雛保護5日目

b166.jpg  b167.jpg  b168.jpg
巣立ち雛は親が探しているので本当は親の元へ返してあげるのがベストなのだそうですが
拾ったのは逃げ込めそうな茂みが無い道路の上、オマケにゴミを狙うカラスや猫が多い場所
親元へ返すには余りに弱々しい雛なのでしばらくはこのまま誘拐を続けます(~_~;)

左画像は簡易ケージの中です
餌箱にはみじん切りした生とうもろこしとチンゲン菜、皮を少し剥いたさくらんぼ、
頭を潰したミルワームなどが入っています
トマト、リンゴ、ゆで卵も食べました(自然界ではいつもこんなご馳走は無いはず)
花や種が付いている野草も入れてあります
本当は庭で虫を取ったり餌を食べる訓練もした方が良いとは思うのですが…

食べなかったのは切り刻んで体液が出た大きなミミズや大きな青虫
いくら雛の為とは言え虫を切り刻むのにはかなり抵抗がありました
…なのに一口ついばんでは口をぬぐって二度と食べようとしませんでした(ToT)
モヤシもミルワームに形が似ているから食べるかなと思ったのですが
飛びついてはきましたが口に入れてモソモソとしてはペッと出してしまいました

中央画像は網戸越しにスズメの社交界を見学するはずだった雛っ子
残念ながら直ぐ後ろを向いてしまいその後は床に飛んで(落ちて)きました
「ここでお兄さんお姉さんの会話をしっかり聞いておきなさい
アンタもココで社交界デビューするのよ」と雛に言い聞かせても「???」
まだ社交界よりもさくらんぼとミルワームの誘惑に勝てない雛っ子です

右画像は
「チョロチョロとうっとうしい奴が現れたな、そんな雛っこになんか興味が無いわい
ただ、縄張りを荒らす奴は子供といえども容赦しないぞ」
とばかりに年配者の余裕でくつろぐトットです

もしかして巣立ち雛?

b163.jpg b164.jpg b165.jpg
保護3日目、4日目
枝に止まったり登るようにと庭の南天の枝を切って止まり木にしました
大好物(?)のとうもろこしに釣られてか私を親だと思っているみたい
私の後を付いてくるようになってしまいました
その姿がとても可愛くて嬉しい反面、巣立ち時には困るな~と反省(~_~;)

お腹が空くと「チュンチュン」
ミルワームやとうもろこし・さくらんぼなど餌で枝に登る事を誘導すると
近い枝から枝へはぶら下がりながらも飛び移る事が出来るようになり
枝の上で寝る事も覚えました
ピョンピョンと床を移動する時には分からないのですが良く見ると体重が右足に掛かっています
右に比べて左足が少し開脚気味になっているようです(成長の段階で治るのかも知れませんね)
相変わらず高い所からは飛ぶのでは無く落下しています
床から5センチの高さもまだ飛び上がれないのが最大のネックかな

食べ方はとても上手になって「チュンチュン」と鳴いていても無視していると
餌入れに入っているみじん切りのとうもろこしをついばんでいます
相変わらず粒餌はまだ食べてくれません(~_~;)

中央画像はパソコン操作をしている足元でトットとスズメの雛のツーショット
二日目にトットに突かれたものの雛もめげていない
小さい体で大きな口を開けてチチチと威嚇
何度かそんな事が有って付かず離れずの距離を保っているようです

日中は部屋に放して運動させていますが困るのが夜間です
トット立ち入り禁止用のネットでは雛はすり抜けてしまいます
もし布団に雛が入ってきたら事故死間違いなしなので簡易ケージを作製しました
約30cm×60センチネットとコインランドリー用の大きな洗濯ネットを利用しました
どちらも100円ショップで売っている物を利用し、下は床板で固定しています
日中はファスナーを開けて自由に出入りをさせて
夜間はファスナーを閉じ下にはすり抜け防止に箱などを置いています
夜に覗くと巣箱の中でぐっすりと寝ていました(^o^)

スズメの雛は親と同じように飛べるようになっての巣立ちだと思っていましたが
ネットで「スズメの雛」で検索をしていたら巣立ち時の雛はまだろくに飛べない状態なのだとか
雛は主に草むらなどの地上で親から給餌して貰いながら自力で餌を取る事を覚え
雨や風に耐えながら危険を学んで成鳥になっていくらしい
そしてこの期間に80パーセントの雛が命を落としているのが現実との事
例えカラスに食べられたとしてもそれが自然の摂理なのだそう
巣から落ちた雛と勘違いして保護した私は立派な誘拐をした事になるのかな~

飛べない雛を巣立たせるなんてまるで小学生に自立を迫るようなもの
スズメって無謀な巣立ち方法なんですね

スズメの雛を育てています

仕事からの帰り道の道路にスズメの雛がいました
上方の木の枝で親スズメが呼んでいるのが聞こえます
雛はその声に応えるもののその場から動かず…飛び上がれない様子です
親スズメよりも近くの枝にはカラスが止まっています
このままではカラスの餌食になるのは明らか…
雛は口がまだ黄色くてまだ飛べる羽になっていない筆毛が多いのできっと巣から落ちたのでしょう
本当は巣に戻せるのが一番なのですが道路から見える場所に巣があろうはずもなく
「野鳥はダニなどが付いているから家に入れたくないな」と思いつつも家に連れ帰りました

家に帰って何か食べさせないと…でも口を硬く閉ざしたまま(ToT)
困ってトットと対面させたら親鳥と勘違いしたのか大きな口を開けたので
その隙にミルワームを二匹口にねじ込みました
ミルは食べられた後でも噛み付くらしいのでモチロンミルの頭は潰して(~_~;)
食べたら安心したのか寝たのでその間にメジロ用のすり餌を買って来ました
スリ餌を練って給餌器で食べさせよう…しかし、直ぐに考えが甘かった事に気づきました
雛の口が小さいので給餌器で食べさせるのは中々至難の業で…
苦肉の策でさくらんぼの枝先に練り餌を付けて食べさせました
鳥は喉の手前に気管があるのでかなり気を使います
そして食べ慣れていないのかついばむものの中々奥まで飲み込んでくれません
練り餌やミルワームなど与えてウンチが出ていればとりあえずOKかな~
それで私の午後の数時間があっと云う間に過ぎて行きました
盛んに親を呼ぶ雛の姿が哀れでとても可哀想でした
夜、プラケースの巣箱で爆睡している雛の姿に安心しつつ子育て初日は疲れました(~_~;)

二日目
朝に余り雛に食べさせる事が出来なかったので仕事を終えると速攻で帰って来ると
チュンチュンと親を求めているのか盛んに鳴いています
とりあえずさくらんぼをちぎって与えると丸呑みしました
まったくの雛雛じゃないので食べさせるより自分で食べるようにすれば良いと気付きました
粒餌はまだ食べようとしません…生のとうもろこしなら軟らかいので食べるかも?
一本198円の生のとうもろこしを買って来て皮を剥ごうとしたら青虫が出てきました
いつもなら「選ぶのを失敗した」と思うのですがこの時ばかりは「超ラッキー」
その青虫を雛に与えたらミルワームよりはるかに美味しそうに一飲みしました
生とうもろこしは雛の好物らしくてがっついて丸呑みしていました(^o^)/
おかげでウンチが水っぽい真黄色になってしまいました
鳥も人間の赤ちゃんと同じで「寝る子は育つ」とばかりに食べては寝ての繰り返し

プラケースから雛を出してトットと対面させたらトットに見事に突かれました
油断していると危険な時も有るんだよと学習出来たかな?
餌台に来るスズメ達の姿が窓から見えると相変わらず親への呼び鳴きをしていますが
とうもろこしを私が与えてから私に食べ物をねだるようにもなりました
飛ぶ練習にはプラケースに閉じ込めておく訳にもいかないのでどうしようかと思案中
あれこれと雛の世話を焼く私に夫曰く「本当に子離れ出来るのか?」
一週間以内には巣立ちの時を迎えるだろうと思っています(チョット寂しいな)
b160.jpg b162.jpg b161.jpg
雛の大きさをピンチと比べてみました、まだ筆毛が残る保護二日目の雛です

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん