熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

着物ドレス

全円スカートが出来たので二部式着物の上着と合わせてみました
右の画像はメリークリスマスの文字がちょっと季節外れですが
(クリスマスに買った商品のリボンで作ったドレスなので…)
ジェニー用に作ったドレスにジャケットのように着せてみました
ジェニー用をバービーに着せたので背中のスナップが開いたままです(>_<)
b137.jpg    b138.jpg    b139.jpg
全円スカートの裾はこよりをよるようなかがり方(巻きかがりと云うのかな?)
にしたかったのですがカーブがきつかったので三つ折りにしてかがりました
布を断った時はきれいなドレープが出来ていたんですけどネ…
裾の長さもチグハグになって残念な仕上がりになってしまいました(^_^;)
スポンサーサイト

バービー用二部式着物

ひさかたぶりに人形服を作り始めています
私の場合は手元にある生地を見て「何か出来ないかな?」と考えるのが好きなので
いざ始めて見たらイメージと違うと途中で作るのを止めてしまう悪い癖があります
ジェニー用の十二単も袴が出来あがっただけで放置状態です(^_^;)

今回はバービー用のリバーシブルの二部式着物(上下が分かれている着物)を作りました
「私のドールブックジェニー13」の二部式着物の型紙をバービー用に110%に拡大して丈を調整
花嫁用の前後見頃が離れている上着だったので前後見頃を続けるように型紙を調整
前脇と後脇が同寸法だと胸の高さがあるバービーは胸に取られておはしょり部分が
後より前が短くなる可能性があるので前脇を後脇より8ミリ程度長くしました
前後の長さの差は脇下の身八つ口で調整しています
中央画像は制作途中の上着、右画像は出来上がった上着と制作途中の全円スカートです
リバーシブルに縫うのは結構難しかったです
一部分を縫い残してぐるっと一周縫って縫い残しの部分から裏に返すどんでん返し縫いが出来る
と思ったのですが上手くいかず、何度か縫い直しました(>_<) 
b130.jpg b131.jpg b132.jpg
で、出来上がった着物を着せるとこうなります
b133.jpg  b134.jpg  b135.jpg  b136.jpg

とっと日記 足を伸ばしてます

私がパソコンに向かう時はファンヒーターを私の足元に向けている事が多いのです
すると、とっとも私の足元に来てファンヒーターから出る温風で暖まっています
今日は足も伸ばしてくつろいでいました(*^_^*)
b128.jpg     b129.jpg

日常清掃5掃除機

皆さん良くご存じの掃除機です
家庭用を使う場合もあれば業務用を使う場合もあります
業務用掃除機は家庭用より吸引力が多少強いかな~と思う程度です
中の布フィルターを時々洗わなくてはならないのと掃除機本体が重たいのが難点

掃除機を掛ける際は←↓→↑と云ったバラバラな向きに掛けるのではなく
奥から始め出入り口に下がりながら一方方向に掛けるようにします

特に踏み跡が残る毛足の長いカーペットの場合は先にテーブルやイスを拭いてから
最後に足跡を残さないように掃除機を掛けます
もし、コンセントを抜く場合など掃除機を掛けたカーペットを踏んでしまったら
掃除機のヘッド(ブラシ部分)で踏み跡をなぞって足跡を消しておきます

日常清掃4ダスターモップ

通称ダスキンモップ…掃き・拭きが同時に出来るモップです
モップを床から持ち上げないよう力を入れ過ぎないようにして前方に押し進みます
廊下の巾いっぱいに∞のように振って前に進む場合もあります

このモップは床の表面に付いたゴミ・汚れをからめ取るのが目的なので
ゴシゴシと力を入れて拭くのはNG、なでるような感じで進めます
モップに付いたゴミはふるい落としてほうきとチリトリで取り除きます

モップの房がきれいな内はとても手軽で良いのですが直ぐに汚れてしまうのが難点(>_<)
水モップで拭いた方がさっぱりとして床のツヤも出るように私は感じます

床をワックス掛けをした当初はこのモップを使用する事もありますが
企業の外注として入っている掃除会社に勤務する私はほとんど使いません
オーナー企業の社員自らが掃除をする事務所内などでは使用しているようです

日常清掃3T字型水モップ

自在ほうきに次いで登場するのは水モップです
まずは→水モップの持ち方
自在ほうきと同じような持ち方で基本は左右に振って拭きます
但し進行方向が自在ほうきの場合とは違います
自在ほうきは前方へ進み、水モップは後方へ下がる
初心者が最初につまずくのがコレ
自在ほうきと同様に前に進んでしまうのです
すると先輩から「拭いた所を踏んで汚してはダメ!」と注意を受けます
私もしっかりと先輩から注意を受けた一人です(^_^;)

モップの房を半分に分けて手で絞る(これは思ったより難しいんですよ~)
モップの絞り方
半分に分けた房を両方いっぺんに内側にひねっても絞る事は出来ます
…が、力の無い女性では絞り方がちょっと甘くなります
女性の力でもきっちりと絞りたい場合はにちょっとしたコツがあります

半分に分けた片方の房を内側にひねる時にもう一方の手は反対側の房抑えの端を持って
テコのように房を持った手の側に倒すのです…これでモップを固く絞る事が出来ますよ
文字だけだと分かりにくいと思いますが他に上手く表現が出来ないものですから(^_^;)

モップを絞る作業中はモップの柄が見えませんから柄を振り回してしまいがちです
長い柄が周囲の物や人にぶつからないように細心の注意が必要です
↓は通路にバケツを用意してのモップ作業の例です

水を入れたバケツを通路の邪魔にならない場所に置いてモップを洗ってこぼれた水を拭く
バケツの遠い場所から周囲に気を配りつつ後退しながらバケツに向かって拭き進みます
もし途中でゴミを見つけたら後ろ(バケツ側)にゴミを先送りします
拭きながらバケツまで戻ったら、モップをゆすいで絞りゴミが有ったらその処理をします
バケツを置いた後が○のように残ってしまう輪ジミを防ぐ意味でもバケツを置いた床を拭きます
バケツ・モップを持って次の場所に移動する・・・と、こんな感じです

自在ほうき・水モップともに柄の長さが長い現場が多いようです
柄が短いと前後に水拭きする際は屈む姿勢になり腰を痛めるようですが
左右に振る場合は柄が長過ぎると先端を持つ側の肩が疲れてしまいます
身の丈に合った用具を使えると良いのですが皆身長が違うから難しいかもネ~

日常清掃2 自在ほうき

掃除初心者がまず戸惑うのがT型の自在ほうきとチリトリを使っての掃き掃除です
片方の手の親指で柄の先端をふたをするように持ち、もう一方の手は柄の持ちやすい所を持ちます
詳しくは→自在ほうきの持ち方
柄の先端を親指で覆うのは作業中に柄の先端が他人や物にぶつからないようにする為と
万が一の場合、手がクッション代わりになって自分の顎や喉を強打しないようにとの安全対策です

自在ほうきを床から離さず穂先をつぶさないようにしてゴミを押し出すように前方に掃き進みます
座敷ほうきのように掃きだしてはゴミを舞い上げる事になりますからNG
掃き方は奥→出入り口、隅→中央が原則です
ゴミをまとめたら今度はチリトリの中にゴミを入れます
この時、ほうきとチリトリを並行にしてゴミを入れようとしても上手くいきません
ほうきとチリトリがぶつかりカンカンと音が出るだけです
自在ほうきを90度回転させるようにするとゴミがチリトリに入り、音も出ません
ゴミの取り残しが無いようにチリトリを後ろへずらしながら2,3度繰り返します

掃除作業全般に云えるのですが「静かに作業する」事が大切です
掃除中ですと言わんばかりに階段で自在ほうきを壁にコツンコツン当てるのもNG
チリトリを使う際も出来るだけ音を立てないように作業を進めます
でないと、「うるさい!電話が聞き取れない!」と、苦情が寄せられてしまうかも…

日常清掃1(掃除の基本)

清掃と一口に云っても一般家庭・ホテル・病院・オフィス・工場などそれぞれの現場
日常清掃も一日に一回だけの清掃が入る現場と日に何度も巡回清掃が入る現場
ワックス掛けやガラス掃除などの定期清掃などなど沢山の種類があります

そんな沢山ある現場の中で某企業の屋内での日常清掃のパートをしている私です
先輩達から教わった事、私自身が気がついた点を色々と書いてみようと思います
尚、それぞれの現場ごとに作業手順も違っていますし、私の思い込みも有りますので
清掃作業全てに当てはまる訳ではない事をご了承ください

拭いた鏡に雑巾の繊維が残ってしまう
モップ掛けした床がくすんで見える
自在ほうきで掃いてもきれいにゴミが取れない
掃除機を掛けた後がにおう
手抜き作業をした訳でもないのに…なぜ?と思う事がありませんか?

そんな時は用具置き場を見てみましょう
使用する雑巾やモップが臭い
用具室のモップはべちゃべちゃ
モップの毛先が団子のように固まっている
自在箒が目詰まりしている…いかがですか?

掃除作業に追われて用具の手入れをおろそかにしている人が多いんです
確かにキチキチの時間内で用具の手入れまで手を回しにくいのも事実
ですが、汚い雑巾の使用は汚れを取るのではなくて汚れを付ける事になります
清潔な用具で掃除することが結果的にはきれいな掃除につながります

雑巾は良くゆすぎ広げて干しておく
モップは良くゆすぎ固く水切りをして手櫛で糸を揃えておく
自在箒は時々櫛で詰まったゴミを取り除く
たまには掃除機のフィルター部分を掃除する

雑巾とモップは天日干しが良いのですがそれが出来ない現場がほとんどでしょう
なのでカビの増殖を抑えるようにしっかり水切りをする必要があります
中には漂白と除菌を兼ねて漂白剤を多用する人が居ますが、
色が抜けて白くなると同時に繊維が痛んでけば立ちの元にもなりますから
漂白剤の使用はほどほどが良いようです

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん