熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

腰痛の原因は…

腰痛がひどくなって職場を離れた人が居ました
整形外科の先生からこのように言われたそうです
「背骨がずれている、同じ姿勢を長く取り続けるとこうなる事がある」…と

いつも左肩を上にしてモップを持っていたり、右手だけで雑巾掛けをしたり…
そんな利き手側を酷使した使い方と固着した姿勢を長く続けていては
体が悲鳴を上げるのも無理からぬ事…これも一種の職業病かな?

その話を聞いてからは利き手だけでなく左右平等に動かすようにしています
例えば廊下の水モップ拭き…廊下半分を左肩を上にした姿勢でモップを持ったら
後の半分は右肩が上になるよな持ち方にしてモップで水拭きする
右手を伸ばしてガラスを拭いたら次のガラスは左手を伸ばして拭く…と行った具合に。
慣れない内はぎこちない動きについつい元の動きの楽な姿勢になってしまう事もありましたが
左右対称の動作を心がけながら仕事をしています
おかげで今は右手・左手どちらが上になっても違和感無くモップが振れるようになりました
スポンサーサイト

久々のとっと話題

日光の当たる場所で足も翼も伸ばしてうっとりゴキゲンなとっとです
b93.jpg
たまに痙攣発作を起こしますが以前ほどにはバタバタと暴れなくなりました
発作の一時が過ぎた後は収まるのをとっとなりに学習したのでしょう

過去に何度も頭や足を強打していますから骨や神経が変形や傷付いている可能性があります
それが何らかのきっかけで神経が一時的にマヒして痙攣発作が起きるのではないか…
マヒがずっと続く訳ではないので脳や脊椎は正常かな…と思っています

♂ウズラは縄張り意識が強いのか、とにかく動く物を追いかけ追い越そうとします
それも見失ってしまうほどのすばやさで動くんですよ~
人間側はゆっくりと気を付けながら注意をして歩いてはいるのです
ですが「危ない!」「ドキッ!」とする場面が何度もありました
どう云うわけか歩いている足元の真下にとっとは来るのです
踏みつけ・蹴飛ばし事故未遂は放し飼いにはつきものでしょうね

最近は年のせいか足腰の衰えが見え、ちょっとした段差でもつまずいています
ついばむ位置が微妙にずれているので視力も衰えて来たみたい
4歳を過ぎてすっかりとオジサン化しています

べこ餅

今日は子供の日
北海道ではかしわ餅と並んで良く食べるべこ餅
関東では売っていません…で、作ってみました
参考にしたレシピは  べこ餅 レシピ
白生地と黒生地を棒状に伸ばして巻き込み切り分け葉の形に形成します
箸で葉脈を付けたら蒸します
b94.jpg
上白糖の代わりに三温糖で作ったので真っ白じゃ無いけれど
↓小さいべこ餅の出来上がり…とっても懐かしい味です(^o^)/
b95.jpg

軒下にハチの巣が…

何気に見上げた家の軒下にハチの巣が出来つつある…
b91.jpg
これは足長バチの巣…放って置くとだんだん大きな巣になるので速攻で落としました
b92.jpg
卵を産んでいた女王蜂は逃げてしまったのでまた新たに巣作りを始めるでしょう
大体同じ場所に巣を掛けるのでしばらくはこまめに家の軒下を監視します

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん