熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ナンバ歩きの馬

7/27の「目がテン」の番組より…
モンゴルの遊牧民が使う馬はナンバ歩行の馬が多いのだそうです
ナンバ歩行の馬に乗ると、乗り手は乗りやすくて疲れないのだそう

「ナンバ」とは、「右手と右足、左手と左足を同時に出す」歩き方の事です
山道などで手を振らない歩き方も「ナンバ」と呼ばれているようです
対して現代は右手と左足、左手と右足を同時に出し体をひねる歩行です
そして、昔の日本人は浮世絵にも見られるようにナンバで歩いていたようです

昔の日本人は歩くときに腕を振っていなかった、そして体もねじっていなかった
腕を自由にしておくことで刀やその他のものを持ったりしていても歩きやすいし
腕を振ったり体をねじったりしないから疲れ方も少なかったらしい
飛脚や馬丁などの足の速さに驚いた外国人も居たようです
昔の日本人の動き方や体の使い方は現代人とは異なっていたのでしょうか

「ナンバ」動作は剣道・柔道をはじめとして太極拳などにも結構あるようです
そして「ナンバ」はとても着物に合った歩き方だったようです
着物姿で体にひねりが入る現代の歩き方で歩くから着崩れするようです

でも、ナンバ歩行の馬が居たなんて驚きです
スポンサーサイト

今日のとっと

毎日暑~い!
仕事を終えて帰宅した後はゴロゴロと過ごす私の傍でとっとは動き回って元気一杯
そんなとっともやはり暑いのか、水入れに小さな氷を一つ落とすとガブガブと飲みます
でも、冷たい水を調子に乗って飲み過ぎると下痢をしちゃいます
↓の写真は
登ろうとする部分の上が開放感が有りある程度の広さがないとジャンプでは登れないようで、
一生懸命片足を掛けては登ろうとしていますが…チョット無理みたい^_^;
木と木の間のほんの隙間でクチバシを折る事が判明したのでガムテープで塞ぎました
b64.jpg

男脳と女脳

14歳の中学生がバスジャックをしました。
「親に叱られたから」「親を困らせたかった」「注目されたかった」が理由のようです
きっと多くの女性はこんな理由で事件を起こす事が理解出来ないと思います
私はどうも脳の違いによる男の子独特の犯行動機のような気がするのですが…

事件を起こす時、男の子は「自尊心が傷ついた…そこしか考えられない」ように思うのです
「こんな事をしたら…こうなる」と体験を通して大人に成長するのが男の子ではないでしょうか
女の子は「事件を起こした後の事を考えたら何てバカバカしい」と子供の頃から思うようです

脳には、脳梁(のうりょう)という、左脳と右脳をつないでいる部分があります
それが男と女で太さが違うようです、男性は細くて女性は太いそうです
その太さの違いで考え方・物の捕らえ方も違うようです
「男性は「これはこれ、それはそれ」とストレートで別々な考え方をするのに対して
女性は「それもこれも」と同時に欲張り的で多面的な考え方をしてしまう

その脳梁の違いは会話をする時にも現れているようです
男性はほとんど言語中枢がある左脳だけを使って理論立てて話しをするのに
女性は言語中枢以外の情報も混在して理論立てた話ができなくなるようです

確かに私達夫婦の喧嘩の時にも男脳と女脳の違いは出てしまいます
夫は「喧嘩の原因についての事柄」だけを冷静に話しているのに対して
私は感情が入り「あの時はこうだった」など過去の事をほじくり返してしまいますもの
女の「同時に右も左も多面的に考える」事が問題を複雑にしているのかも知れませんね

オマケ
「なぜなんですか?」 「なぜできないんですか?」
詰問調でぶつけられると、男性は攻撃されているような気がするようです
それが正論であればあるほど、男は追いつめられて逃げ道がなくなるように感じるらしい
逃げ道がなくなると、どういう行動を起こすかというと 「拒絶する」「攻撃的になる」 ようです
もちろん個人差があって万人に通用することとは思いませんけれど…

秋葉原事件に思う

秋葉原無差別殺人事件から一ヶ月以上が過ぎました
その間に、容疑者のご両親が謝罪会見をし、容疑者の弟さんが手記を発表しました
容疑者の家庭が冷たいだとか、母親の教育が過ぎただとか色々と云われているようです

教育熱心過ぎて時にはヒステリックを起こす事もあった母親と
母親の行き過ぎた行為を止める事も子供を庇う事も出来なかった父親
確かに家庭環境に問題はあったと思います。が、この家族が特別ではないと思います
家族が一丸となって困難に立ち向かう状況ならば家族の絆が深まるかも知れませんが
下宿人同士のような希薄な親子関係・兄弟関係の家庭は何処にでもあると思うのです
ご多分にもれず我が家もそんな感じの家族です

親の果たせなかった大学進学の期待を子供に託しすぎた重圧が原因?
とも云われていますが実際はどうでしょうか
自分の夢を子供に押し付けてしまう親は世の中には沢山居るでしょう
芸能界のステージママ、スポーツ選手のパパなどに結構多いと思います

私自身、子供二人を育てた子育てを振り返ると…
一子には子供の心を受け入れる余裕も無く、子供に一方的に押し付ける育て方をしたし
二子には程々の手抜きと云うか融通の利いた余裕の育て方をしたような気がします
確か容疑者も長男…育てられ方の違いも何か関係があるのかも知れません
子育てに関しては色々と思いがあるのですが今はまだ自分の意見をまとめられません

容疑者自身が職業を始めとして何処かに心のよりどころを持てていたならば…
もし、「親の力が足りなくなり捨てられた」を「学習面では母を超えた」と思えたなら…
没頭出来る趣味や慰められるペットなど…何かしらの逃げ道を持っていたら…

容疑者の資質、育った環境、社会情勢、きっかけ、そんな幾つもの偶然が重なった
ことによる事件だと思うのです
事件にはならないけれど、似たような状況は沢山あるのではないかと…
重大災害を1とすると、軽傷の事故が29、そして無傷災害は300になるという
労災で良く使われる「ヒヤリハット」を思わず思い浮かべてしまいました
ハインリッヒの法則

容疑者が罰せられる事は当然の事ですが、事件を起こしていない弟さんが職を失う事に
なったのは残念です。そっとしておいて上げたい心境です 

知覚過敏…その後

私の口の中を見ると…確かに歯茎全体が下がって歯根部分が露出している感じです
歯医者でしみる歯にコーティング剤を塗ってもらい、歯磨きにシュミ○○を使っています
以前感じた飛び上がるようなしみる痛みは余り感じなくなりました
何でだろう…塗った薬のせい?痛みに鈍感になり痛さを余り感じなくなった?
しかし、何処かしらの歯にしみる感覚は残っていて、まったくしみないという事は無い
そして、時折ピキ~ンと痛みが走る時がある(ToT)

痛みを起こさない食べ方は
少量の食べ物を口に入れ、痛みが出ない歯の部分を選びながらゆっくりと噛んで食べる
スイカ・とうもろこしなどはかぶりついて食べるのが一番美味しいと思うのに
口いっぱいに頬張る食べ方はちょっと怖いな~
アイスクリーム・シャーベットもゆっくりと…溶ける前に…

シニア用携帯電話

携帯電話の基本料金も以前と比べて随分と安くなりました
特に家族割引で申し込むと家族間は基本料金だけで通話出来ます
そこで、地方に住む母親にシニア用の携帯をプレゼント。

DSなどのゲームもする母なのできっとメールも直ぐに覚えてくれるでしょう
ただ、気がかりなのは好奇心旺盛な母のこと、色々なボタンを押しまくって
ウェブを見るつもりは無くても知らない内に接続してしまうのではないかと心配
私の携帯などはボタンを誤って押すと直ぐにウェブが立ち上がってしまいます

でも、その携帯には設定でインターネット接続ブロックが出来ます
通話とメールは普通に出来るがインターネットは使えない
…これならネットに繋がる心配もないから高額なバケット料金の心配もなし
ウェブの通信料ってとても高いんですね…着歌などダウンロードしたら(@_@;)
メール・ウェブ料金の目安(ソフトバンク)

購入した携帯電話に電話帳登録やメールアドレスなどの設定をして送るつもりです
そのシニア用携帯は文字が大きくて見やすい画面はとてもGOOD!
親切な操作方法は携帯を初めて持つ人にはわかり易いと思います
でも操作に慣れてくると
いちいち「…しますか」「決定ボタン」操作はうざったく感じてしまうかも…

操作方法は普通に・文字が大きく・インターネット接続ブロックの設定が付いている
…そんなシニア携帯があれば私も欲しい

女性のファッション

夫と私、二人でアルコールを飲みながら

   「何で女はミニスカートやへそ出しファッションで男を誘っておいて、そこに男の視線が行くと
   『 どこ見てんの?いやらしいわね』って云う顔で睨むんだ?」

   「ファッションはファッション。別に男にサービスをしている訳じゃないよ、誤解しないで」

   「私ってナイスバディでしょ?といわんばかりに見せ付けているだろ?」
   「見えそうで見えない…そこを見たくなるのが男だろ、男を弄ぶ女はずるいよな」

   「ハゥ?確かに人から見られている自分に快感を覚える女性って多いとは思うけれど…」
   「不特定多数の男性をファッションで誘おうなんて考えは絶対にアリエナイ!」

さては、お酒が入った勢いで電車の中で若い女性をじっと見ていて睨まれたのかな?

とっとの好きな枕

とっとは夫の枕が大好き
b63.jpg
夫の枕より高い枕を置いても夫の枕に座る…高い場所が好き、だけでもない…
同じカバーを掛けた違う枕だと登ってはみるけれどさっさと降りてしまいます
どういう訳か夫の枕に座ってくつろいでは…最後にお土産を落として行く…
これは先代の白ウズラのピーも同様でした
夫の体臭がしみ込んだ枕はウズラにとって落ち着く場所なのか…
夫もオス、とっともオス、種は違うけれどどちらもオス同士
とっとは自分の臭いを枕に付ける事で夫のフェロモンを消そうとしているのか…
とにかく、私の枕には見向きもせず、夫の枕はお気に入り…それは確かです

最近、とっとの早朝散歩で人間は少々寝不足気味です
中央に階段がある家の造りなので、行き止まりが無くて一周すると元の場所
とっとはこの散歩コースが気に入っているようで早朝5時前から散歩を始めます
トコトコと布団脇の畳みを歩いたり、時には走り抜けて行きます
あちらこちらで叫ぶ雄たけびは安眠妨害、ましてや耳元での雄たけびは鼓膜が…(*_*)

外に向かって雄たけび中
b62.jpg
病院へ行こうかと思っていた交差しかかったクチバシ
気が付くと何時の間にか下嘴が折れて、元のかみ合わせに戻っていました

ドール服の浴衣です

私が作る人形の浴衣はこの本の型紙を使用しています
和服は普通前後身頃を続けて裁つので長い生地が必要です
が、これは40cm×40cmの生地でジェニー用なら一着の浴衣が出来ます
バービーは丈・身幅・袖がもう少し長めが良いと思うので45cmは欲しいかな
後ろ帯の所にはぎ目が入りますので洋裁感覚の和服だと思います
b58.jpg
後ろ身頃1枚、右身頃1枚、左身頃1枚、袖2枚、えり1枚を
裁って縫い合わせると↓
これは和柄のハンカチで作りました
b59.jpg
スケスケの生地なので腰巻を付けて着付けました
うちわに隠れて見えませんが帯を締めて出来上りです
b60.jpg
バービーは胸が大きいので着付けに少々手間取りますね
b61.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん