熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

とっと、近づいたら危ないよ!!

DSCN0083.jpg
私がマグネットバイクを漕ぎ出すと走り寄って来ては足に噛み付こうとします。
いつもは時速20キロ程度の速度で30分漕ぐと200㌔カロリーの運動。
とっとが車軸に挟まっては大変なのでとっとが近づくと勢いスピードダウンします。
で、同じ時間を漕いでも150㌔カロリー程度。
負荷を今より少し重くすると30分漕ぐのはちょっとシンドイ(^_^;)
運動をする30分間はとっとをケージに閉じ込めようかな。

写真を見ると床が汚れている…(>_<)
とっとの糞が目地に入っているのと糞の後がシミになって残っています。
洗剤でこすっても取れないんで~す。半分言い訳(~_~;)
スポンサーサイト

ドール服 アオザイ

DSCN009fuku.jpg
アオザイ姿で通学のジェニーとバービーです。
上着はぴったりフイットで下はワイドパンツのベトナム民族衣装のアオザイ。
本式はラグラン(肩)開きなのですがチョット難しくて縫えませんでした。
後開きのホック止めです。
同じ型紙を拡大・縮小したりと調整したのですがジェニーがキツキツ。
でも胸はダボダボになってしまいました(>_<)
しかし、ジェニーの方がベトナムのアオザイ姿っぽい(^_^)
これは夫のワイシャツから作りました。

身長は高いバービーなのに靴はジェニーより小さい。
ピンクのサンダルは100円ショップで売っている人形用を利用しました。

仕事考

退職して一週間経ちました。
朝、少しはのんびり出来るかな~と思っていたのですが…
仕事から帰って来てからこなしていた洗濯や掃除を朝にするとそれなりに忙しいです。
午後は時間に余裕が生まれたので今はTVゲームや読書などに興じています。

下の子供が小学生になった時から始めたパート、ずっと同じ職場でした。
その間、仕事上で失敗した事、楽しかった事、色々な思い出があります。
私の出勤時間は子供が学校へ行く時間より早かったので仕事を終えて自宅に戻ると
鍵は開いている、テレビはつけっぱなし、なんて事が良くありました。
また、サービス業界で働く以上はしょうがない部分ですが土日の休みが
中々取れずに家族で一緒に何処かへ行く機会が少なかったのが少し心残り。
しかし、ローンでアップアップの家計では休みがあってもお金が無い状態なので
「仕事」は行楽に行けない口実でもありました。
そんな中、学校のPTA活動も経験したりと忙しいながらも充実していた日々でした。
子供が高校生以上になると私の給料はほとんどが教育費に消えました。
この頃はパートの給料といえどもホントありがたかったです。

18年も勤められたのは職場が近くて通勤が億劫にならなかった点と
4時間未満の短時間の仕事、そして人間関係が割と良かった点でしょうか。

働くことは嫌いではないので只今求職中。
今は昔のように内職も無いしね~。
子供が小さい時は内職に基盤刺し・ホンコンフラワー造り・髪飾り造りなどをやりました。
余りお金にはなりませんでしたが子供が寝ている間に出来る仕事だったので。
今は教育費も掛からなくなったのでがむしゃらに働く必要もありませんが
やはり自分の自由に出来るお金は少しは必要かなと思っています。
しかし、冷えない職場・膝に負担を掛けない仕事・短時間の仕事…となると中々。
 
我が家の様に夫が正社員なら私が働かなくても贅沢さえしなければ
何とか食べていく事は出来ます。
が、パートやアルバイトの収入だけでは家賃を払って食べて…きっと無理でしょう。
今の若い人や離婚した女性がパートやアルバイトをいくつも掛け持ちしなくては
食べていかれないワーキングプアのニュースを見るたびに切なくなってしまいます。

安眠妨害の原因は…

明け方、うとうとしていると水が勢い良く流れている様な音が聞こえます。
私の耳鳴り?気のせい?
気になったのでお風呂とトイレと流しを見にいきましたが元栓は締まっています。
「きっとお隣がお風呂に水を出しっぱなしにしているのだろう」
と思ってまた布団に入りました。
…朝、朝刊を取りに玄関を開けてみると脇にある外水道のホースから
勢い良く水が出て周りが水浸し。「犯人はこれか~」
手元で開閉が出来る延長ホースを取り付けていたのですが
ホースの接続部分が抜けてしまい水が出っぱなしに…。
前回使用した際に元栓を締めるのを忘れていたようで…。

いつから出ていたのかしら?次回の水道メーターの数値が怖い。
騒音をお隣さんのせいにしてごめんなさい。
きっとお隣さんも水の出る音が気になっていたのでしょうね。

人生を掃除する人しない人

「人としてやって良いやり方と人として許されないやり方」を
麻雀を通じて若者に教えている「雀鬼」との異名がある桜井章一氏と
掃除を通じて人の心をきれいにしたいと見返りの無いことを続けている
(株)イエローハットの取締役の鍵山秀三郎氏との著書
「人生を掃除する人しない人」を読みました。
歯に衣を着せぬ言い回しで今の日本人の問題点をあげています。
「そうよ、私もそう思う」と同感する内容が一杯でした。

>知識があるけど知恵が無い。
確かにマニュアルが無ければ何も動けない人が増えました。

>何かをする時のやり方、そこに「美意識」があるかどうか
>経済基準が優先されて手段や方法を問わない…それが問題。
万引きやゴト行為も見つからなければ良いと思っている人が多い世の中ですもの。

>何も得られなくても頑張る、そこに値打ちがある。
>良い事も悪い事も自分の周りで起きたことは、全て自分から出ている。
>考えてしまうと迷いや計算が入ってくる。
>素直な心で感じていればウソやごまかしは見破れる、などなど。
とても読みやすい文章でした。

巨人と阪神の違いを巨人は「同質集団」で阪神は「異質集団」と鍵山氏は云います。
野球を余り知らない私ですが球団の雰囲気が何となく伝わります。

華麗なる一族

華麗なる一族 終わりましたね。
若い頃に小説も読みTVドラマも見たので大体のあらすじは知っていました。
今回の主役は鉄平でしたが前回は父親の万俵大介が主役だったように思います。
前回の鉄平役は確か加山雄三だったかな。
当初、木村拓哉演じる「鉄平」の長髪サラリーマン姿には違和感を覚えました。
でも見慣れると違和感がなくなりましたね。
若い時にはどうしても鉄平と父親との確執に目を向けて見ていました。
今回は企業の合併・政財界の裏側などが面白くて見入ってしまいました。
特に長田大蔵大臣役の津川雅彦が良かった。
自分は手を汚さないで要求は抽象的に云う政治家の手口は
今も昔も変わっていないのでしょうね。
どんでん返しがあるので鉄平の死は避けられないのですが、
個人的には自殺で終わって欲しくなかったな~。

山崎豊子氏の綿密な取材力と文章力には脱帽です。
当時の医局を舞台にした「白い巨塔」、
日航機事故をテーマにした「沈まぬ太陽」
どちらも読み応えがありました。

バービー プリーツドレス

DSCN0078.jpg
1790年代のエンパイア・スタイルに近づけたかったのですが…。
袖を付けなかったのと襟ぐりの開きが足りなかったので何だか違う雰囲気に。
一枚ではスケスケなので二枚合わせ仕立てにしました。

体温計が42度までの訳

人間が生きていられる最高の体温が42度。
42度になると人の体のたんぱく質が熱で凝固してしまいます。
一度固まったたんぱく質は元には戻らないので…
この体温が数時間続くと死亡するようです。

逆に体温が下がった場合は
33度以下になると血液循環が悪くなって酸欠状態を起こし
28度以下になると凍死で死ぬ確率が高いそうです。
明治時代に八甲田山で多くの兵隊が吹雪で遭難死した事件がありました。
凍死者の中には自分で服を脱いで裸で発見された人がいたそうです。
脳の中にある体温調節中枢が麻痺して…と云われているようですが
医学博士上野正彦氏がユニークな考え方をしています。

人の体温は約37度。
夏に気温が30度だとその差は7度。冬に零度まで下がるとその差は37度。
外気温と体温の差が小さければ暑く感じ、大きければ寒く感じる。
熱が出る(体温が上がる)と外気温との差が大きくなるので寒く感じ、
熱が下がると外気温との差が小さくなるので暑く感じる。
凍死状態になって体温が30度まで下がると外気温との差が小さくなって
暑く感じてしまうのではないかとおっしゃっていますがどうでしょうね。
医学書の難しい説明をされるよりは“なるほど”と思ってしまいますが
低体温の人は普通の体温の人より寒さを感じ難いのかしら?
…そんな疑問を私は持ってしまいます。

とっとが来て一年経ちました

DSCN0058.jpg
「何だかこの音気になるな~」
PCデスクの下に陣取っては私の足を噛み噛みするのが日課。
時にはプリンタの音にジャンプしてケンカを売ってます。
私がTVゲームで遊んでいるとコントローラーを突いて邪魔をしてくれます(^_^;)
利口なんだか、オバカなんだか…でもそこが可愛い!

バービーのお姫様ドレス

ナイスボディとバタくさい顔のバービー、こういったドレスは似合います(^_-)-☆
だいぶ前に私の古いワンピースをほどいて製作しました。
DSCN0073.jpg
只今、残っていた生地のプリーツ部分を使い新しい作品を作成中です。

エコノミークラス症候群

良く聞くエコノミークラス症候群
(長時間飛行機に乗っていた人が立ち上がったとたんに倒れてしまう)
海外旅行には行かないから私には無縁と思っていませんか?

どうしてこの症状が起きるかと云うと…
トイレに行くのがイヤだからとあまり水分を取らない。
すると体の水分が不足して血液がドロドロになります。
椅子に座ったままの姿勢が長く続くことで
足の静脈が圧迫されて血栓が出来やすくなります。
急に立ち上がって歩き出した時その勢いで血栓が心臓へ運ばれて
さらに肺動脈の狭い部分で詰まってしまう。
結果として呼吸困難になって突然死する場合があるそうです。

飛行機に乗った時だけでは無くて長距離バスの乗客や
渋滞中のドライバーにも起こる可能性があるようです。
そして意外にも湿度が低く乾燥した室内で同じ姿勢で長時間
パソコン操作をしている人も…ですって。
水分補給と運動をマメにしましょうね。

ひよどりの餌の食べ方

ss-CIMG1004.jpg
みかんなどは長いくちばしを突き刺すようにして食べているのですが
小鳥の餌を食べる時には下クチバシですくうようにして食べています。
舌がちょろちょろと見えるのはちょっと不気味。

餌台は夫の力作です。
すずめ用にと思っていたのですがすずめは寄り付かずもっぱらヒヨドリが…。

デジカメが壊れた…(T_T)

2005年8月に購入したデジカメ、
そんなに乱暴に扱った訳でも落とした訳でも無いのにシステムエラーと
モニターに表示されてそれっきりレンズが飛び出したまま。
バッテリーを抜いて入れなおしても症状は変わらず。
写真は1000枚ちょっとを写しただけなのに…
ようやく色々な機能を覚え始めたばかりだったのに…悔しい!
修理に出そうかなと思ってカメラ屋に持って行きました。
「メーカー保証期間は過ぎているので概算で一万程度は掛かりそうです」
修理代に少し足すと新しいカメラが買えるではありませんか。
持って行った壊れたカメラも下取りしてくれると云うので新しいカメラを購入。
プラス価格の1パーセントで5年保証があるのでそれも申し込みました。
700万画素数のカメラも2万円を切るようになったのですね。
持って行ったそのカメラは200万画素数で下取り額は1000円でした。

前のデジカメもそうだったけれど2年ほどで壊れてしまうのはどうして?
薄型カメラってレンズを出し入れする部分のどこかに無理がかかるのかしら。
せめて5年程度は壊れずにいて欲しいわ~。
説明書を読んで使いこなせるまでになるにはそのくらいの時間が
オバさんには必要です(^_^;)

新しい水入れを購入しました。

カワイ「クリアサイホン」小
店頭には無いので実物を見たくなってネットショッピングで購入しました。
開封一番に感じたのは小なのに「大きい」直径10センチ、高さ20センチあります。
本来は多頭飼い用のようです。
切り込み部分が5箇所、大きく開いているので圧迫感がありません。
またお尻部分が水入れに入る心配はありません。
これなら水入れが糞で汚れる心配がなさそうです。
水受け部分には沢山の水が入って重いのでウズラが倒す心配もなさそうです。
水深が少し深いのですが水位が一定しているので飲みなれると
鼻に水が入る心配もなさそうです。
全体的に良いのですが窓の切り込み部分のバリが少し気になりました。
夏場に留守をする際の水入れには丁度良い感じです。
CIMG0981.jpg

フィアナに服を…

ミクロマンの一種?装甲騎兵ボトムズ…フィアナと云う名前らしい。
女性がいつまでも裸のままじゃチョットな~…
何か着せる物はないかな~と家中のハギレ類を探しました。
本体が10センチと小さいので薄くて切りっぱなしが利く布を…と。
丁度レースの切れ端があったのでそれを加工することに。
レースとは云え肩先部分を縫うと端からほつれるので苦労しました。
縁飾り用のテープがあったので帽子を作りスキンヘッドを隠しました。
やっぱり小さい服を作るのはとても大変(>_<)
余り良い出来栄えとは云えませんが披露しちゃいます(^_^;)
CIMG0984.jpg

みりんってお酒だったんだ!

先日、夫と「料理にみりんを入れるか入れないか」で口げんかをしました。
私「みりんが無くてもお酒と砂糖で代用できるでしょ?」
夫「みりんはみりんだよ」
…で、調べてみました。

今では調理用となってしまったみりんですが、
焼酎の甘口タイプとして飲まれていた時代もあったそうです。
そして江戸時代にうなぎのタレ、そば汁に使われたのが発端らしいです。

作り方はもち米、米麹、と焼酎。
麹には日本酒と同様に黄麹カビが使われます。
蒸したもち米と米麹を焼酎と混ぜて、約20度の温度で2~3ヶ月ほど熟成させます。
この間に麹の作用でもち米のデンプンが糖分になり甘味が出ます。
またタンパク質がアミノ酸になって、 香りと複雑な旨みが生まれます。
そして圧搾・濾過して製品になります。

清酒は酵母を使った醗酵があるのに、みりんにはそれがありません。
清酒は米を溶かさないように造り、みりんは米を溶かすようにして造る。
清酒とはそんな作り方の違いがあるようです。

では、「みりん風」は?
みりんに似せて作った旨み成分を含む調味料で全然違う物らしいです。

みりんの甘さにはコクや旨みがありますが砂糖は甘いだけ…ですって。
さっそく本みりんを常備しておきましょう。

ドール服 卒業式

卒業式のシーズンですね。女学生姿です。
以前に作った袴ですが右と左の襞数が違うので製作には苦労しました。
CIMG0939.jpg

CIMG0938.jpg

夫婦でパチンコ

休日に夫婦でパチンコに行くことがあります。
夫婦で行って二人とも出るなんて事はほとんどありません。
大方どちらかが出るともう片方は出ないので最終的には損をするパターンです。
最近はほとんどのお店が台移動自由・持ち玉共有OK。
一人より夫婦で来てくれた方がお客は増えるからお店はウハウハ。
そんなお店の思う壺にどっぷりとハマっているKUPO夫婦です。
でも、「そろそろ止めようよ」とブレーキを掛けられるのも夫婦ならでは。
ギャンブルは負けるのが当たり前…と分かってはいても中々止められませんね。

うずらのとっと日記 白ちゃんが帰って

白ちゃんが居なくなって以前のペースに戻ったとっと。
ただ一つ以前と違うのは「ミルワームは無いの」「チーズは無いの」
と…人の顔を見ると飛び上がってくること。
白ちゃんが滞在した時に頻繁におやつをあげていたのでその名残か…。
チーズは犬のおやつ用のチーズを小さく丸めてほんの一欠片をあげています。
今、とっとは頭のてっぺん部分の羽が立って冠ウズラの偽者になっています。
CIMG0979.jpg

ちりめん細工の世界

渋谷にある「たばこと塩の博物館」で4月8日まで展示されている
「和の布遊び」を友人と見てきました。
ちりめんを使った細工物「押絵」「きりばめ細工」「つまみ細工」の沢山の作品と
作る為の型紙や女学校の教科書等が展示されています。
時節柄、つるし雛や御殿飾り雛も展示されていて目の保養になりました。
作る工程の見本も展示されていたのでとても細かい繊細な部分のパーツで
作られているのが良く分かります。
こういった作品を見ると「何か作りたいな~」と意欲がわいて来るから不思議です。
せっかく渋谷まで来たのだからとNHKの見学をして帰ってきましたが
渋谷駅前の人の多さに少々疲れてしまいました。
CIMG0974.jpg

ミクロマン…と云うらしいです

私が買った訳ではありませんがこんな物にまで手を出してしまいました(^_^;)
ドールと云うべきかフィギュアと云うのか分かりませんが
装甲騎兵ボトムズのライフカプセル…この辺の話になると???
カプセル内の人形は要らないと云うので貰ってきました。
CIMG0947.jpg
身長約10センチ、この小ささでスムーズな関節の動きがすごいです。
さすがにこの小ささでは服作りはチョット無理っぽい…。
夫が剣道の構えのポーズをつけてくれました。
竹刀は爪楊枝です(^_-)
CIMG0962.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん