熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

高齢者向けの塗り絵

実家の母が塗り絵にハマっています。
市販されている塗り絵は完成後がきれいに見えるよう下絵の線が薄いグレー色。
80歳近い母はこのグレー色だと見難いらしいのです。
下絵の線がはっきりしていて子供っぽくない塗り絵を探しました。
さっそくB5の画用紙にプリントして郵送しようと思います。
CIMG0866.jpg
この塗り絵のサイトは↓です。
http://care.toshiba.co.jp/care/benri/nurie/index_j.htm
スポンサーサイト

殻つき落花生で節分

もう直ぐ節分。
ここ関東では節分に使う鬼打ち豆は大豆が定番。
ですが北海道では殻つきの落花生を使っていました。
北海道を訪問して豆まきの翌日の道路に殻つき落花生が落ちていたら、
その近くの家で豆まきをしたのだなと思ってくださいね。
豆まきに落花生を使うのは北海道だけのようですね。

あと、北海道で食べる赤飯は小豆の代わりに甘納豆を使用していますから甘いです。
コンビニで売られている赤飯は小豆を使用しているのかも知れませんが
和菓子屋さんで売られている赤飯の大体は甘納豆が使われていると思います。
弔事に良く振舞われるのは小豆を使用して色が付いていない赤飯(黒飯)です。

所変われば品変わる…
豆まきは大豆、甘くない赤飯。
私が関東に来た際はカルチャーショックを受けました。

携帯の料金プラン

Jフォン時代に夫が主回線で私が子回線の契約で入った携帯電話。
4年過ぎてそろそろ機種変更を考えています。
私と夫どちらも他社携帯への通話やメールはありますが
ウエブや写メは利用していません。
夫婦合わせての料金は約5千円程、ちょっと通話が多めだと七千円ほど。
社名がJフォンからボーダフォンへ、そしてソフトバンクに変わりました。
ソフトバンクは色々な料金プランを出しています、が、どれも分かりにくい。
ゴールドプラン、オレンジプラン、ブループラン、今度はホワイトプラン。
Jフォン時代のように「こんな使い方をする人はこのプランがお勧めです」
そんな親切さが欲しいな。
それとも他社へ乗り換えが安いのか…悩みます。

ご両親の手記で…ショック

女子大生バラバラ殺人事件、
その後、亜澄さんが兄弟から暴力を振るわれていたらしいとか
猟奇的な犯行だったらしいとか…色々賑わしていますが真相は藪の中です。
そのご両親が手記を出しました。全文を読みました。
その手記の中でとても気になった部分があります。

…何故あの時、亜澄が「ご免なさい」と兄に謝ってくれなかったのか、
もし、謝ってさえいてくれれば、兄も我に返り、
このような凶行に至らずに済んだのではないか…

ちょ、ちょっと、何か変じゃない?
今はご両親も気が動転しての手記だとは思いますが、それにしても
死者に鞭打つような言葉掛け、これじゃ亜澄さんも浮かばれません。

…妹の亜澄は大変気が強く、絶対と言っていいくらい自分から
非を認め謝るということのできない子供でした。…
 
亜澄さんは頑固で自分で納得するまでは妥協が出来ない子供だったのでしょう。
不器用なので周りと衝突する事も多いですが気持ちは優しくてまっすぐな子だと思います。
ご両親が勇貴君の良い部分を見ているのに、亜澄さんの良さを見ていないのです。
亜澄さんがお気の毒に思えてなりません。

退職する予定

左の膝が痛い→どうしてもかばうので右膝と腰が痛くなってきました。
某スーパーで生鮮食品の品出しと発注をして18年、
運動不足による筋力の衰えも大きい要素だとは思いますが
冷えと重量物の扱いで体が悲鳴を上げているよう…。
そろそろ身体的にも頭脳的にも若い世代にバトンタッチする時期が来たようです。
ですが後任が中々決まらない…。
不思議なもので退職を考えた途端に一日も早く辞めたくなりました。
でも、退職の日まではミスをしない様に気を引き締めなくては…。

折り紙のバラ

『折りばら』(別名:福山ローズ)に挑戦しました。
折り方が難しいので何度もHPを見ながら折りました。
ハサミやのりを使わず一枚の折り紙から作ったバラの表側と底部分です。
CIMG0863.jpg

CIMG0865.jpg
《福山工業高校の電子機械科の授業(3学年課題研究)およびクラブ活動(基礎科学研究部)
の一環として制作しました。》とありました。すばらしい!
折りばらウェブサイトへようこそ!

視聴者の品格

「あるある大辞典」が記事を捏造していた事が発覚しました。
他のどの番組にも「その中にドラマ・見せ場を作る」事は当たり前だから、
捏造は無くても拡大解釈などが多かれ少なかれあるのではないでしょうか。
TV番組・ネット情報など本当の事もあればうそっぱちも山ほどあります。
もちろん、一番悪いのはだます人や嘘の情報を流す人々です。
しかし、内容を鵜呑みにした視聴者自身にも責任はあるのではないでしょうか。
「うそ番組を作った局は悪い」と責めるだけではなく、
自分の五感と経験で色々な情報の中から真実と虚実を見極める…
目利きの練習だと思えば腹を立てることも無いと思いますがいかがでしょうね。

マトン(ラム)しゃぶ

最近、夕食にしゃぶしゃぶの登場回数が多い我が家です。
焼肉に比べて沢山の野菜を食べられるのでとてもヘルシー料理。
牛肉の代わりにマトン(羊肉)を使ってみました。
北海道ではしゃぶしゃぶ用の薄切り肉が売られているようですが
この近辺では売られていないようです。
なので本来は焼肉用であろう冷凍マトン肉を使ってみました。
マトンは少しクセがあるので好き嫌いが分かれると思いますが
さっぱりと食べられてジンギスカンだけしかご存知ない人にはお勧めです。
鍋料理は鍋と材料さえあれば直ぐに食事が出来るからものぐさ主婦の私は大好き。(^_-)

団塊の世代の反省…「オーラの泉」より

「非価格競争力とゆう言葉があります。金額では推し量れない安心感、信頼
これが、職人の生きがいでした。この国の、何かが狂ってきています。
本当は、もっと穏やかな農耕民族だったはずです。どこで間違ったんでしょうね。」
以上、昨日の記事内容にtunehusa様からコメントを頂戴しました、ありがとうございます。

きっと昭和20(1945)年8月15日の終戦がきっかけでしょうね。
その答えらしき事を美輪さんがおっしゃっています。

「オーラの泉」12/27日の放送内容は引きこもりニートを生んだ物質至上主義
いじめは最下等の人間・不幸に学ぶ・便利の代償についてなど
トーク内容がとても良かったのでご紹介します。
http://ain202.livedoor.biz/archives/50476479.html
私達団塊の世代が反省しないといけないですね。

霊能力・超能力・各宗教・占いなど信じる人、信じない人、人それぞれです。
色々な考えの中から生きる上で自分に合うヒントを見つけられれば良いと思います。
但し一つの考え方を100%妄信して他が見えなくなる事はちょっと怖いですね。

自分のオーラ?を見る機械、前にゲームセンターに置いてありました。
多分体内の静電気反応で映る写真かな。遊びで何度か撮りました(^_-)

資生堂の決断

資生堂の前田社長は「ノルマより信頼」への路線変更を打ち出したようです。
「商品・サービスなど企業活動の『品質』は足し算ではなく、掛け算。
一つでもゼロがあれば全てがゼロになる」…と。
「雪印」「不二家」騒動はこの言葉を如実に物語っています。
もちろん不正行為を働いた作業現場が一番悪い事には違いないのですが
マニュアル違反と知りつつも正せない状況もあったのではないでしょうか。
社会全体が「作業効率」「ロス率」「ノルマ」等々…数値第一主義になっています。
営業しかり工場しかり全てが結果の数字で管理されています。
行き過ぎた「効率主義」「数値主義」のマイナス面が表面に現れてきた
と思うのですがいかがでしょう。

日本企業が伸びたのは絶大な「信頼」があったからこそだと思います。
信頼出来る大工さん、品質には折り紙付きだったSonyブランド等々。
昔からずるい人や会社もあったとは思いますが「コンプライアンス(法令順守)」
と、叫ばなくても多くの人にとっては当たり前の事でした。
今や欠陥住宅、リコール製品など、何を信頼したら良いのか…。
「ノルマ」「効率主義」が幅を利かせて「信頼」を失いかけつつある今の日本。
前田社長の様な考えの人が沢山現れて軌道修正してくれる事を望んでいます。

うずらのとっと日記 食いつき攻撃

ケージの掃除をしようとするとすかさず飛んで(走って)来て手に食いつきます。
「ワシの部屋に勝手に入って来て何するんじゃい」といわんばかり。
部屋をきれいにしてくれてありがとうなんて気持ちは微塵も無いとっとです。
CIMG0849.jpg
こちらは夫の足に食いつくとっと。メスと思ってか…敵と思ってか…
とっとに聞いてみたいものです。
CIMG0858.jpg

変形性膝関節症

膝の調子が良くないので病院に行って来ました。
まだ正月明けの余韻なのか病院はとても込んでいました。
午前10時過ぎに総合病院の受付の機械に診察券を入れ受付票を貰って待つこと1時間。
いつもはそんなに待たなくても保険証の確認と「今日はどうされましたか」と
問診の為に名前が呼ばれます。…なのに中々呼ばれません。
「あの~まだ呼ばれていないのですが…」と受付の人に受付票を見せたら
「こちらは整形外科で形成外科ではありませんが…」ガーン???
診察科を選択する画面で「整形外科」のつもりで「形成外科」を選んでしまった私。
膝の事で受診したい旨を伝えて「形成外科」からカルテを回してもらいました。
思わずこのドジさは今読んでいる本「ブリジット・ジョーンズの日記」の
ブリジットそのままじゃない…な~んて思ってしまいました。

で、診察順番が大幅に遅れ、レントゲンを撮って、診察して…終わったのが午後2時でした。
おかげで「ブリジット・ジョーンズの日記」大分読み進めてしまいました。
本よりは映画の方が断然面白かったように思います。

診断は「50代の膝にしては余りよろしくないですね、65歳なら年相応といえるのですが…」
膝に関節注射を受けながら、膝に負担が掛かる事を避けて体重を落とす事、
周りの筋力を付ける様な体操をする事、痛くない程度に歩く事です…と。
進行を出来るだけ遅らせる様に地道な運動療法で努力するしか道はなさそうです。

納豆騒動

TVで紹介された「納豆を食べるだけでヤセる!?」納豆健康法
1)2パック食べる
2)朝晩食べる
3)よく混ぜて20分放置する
4)納豆を調理する際はなるべく加熱しないこと

…のおかげで納豆の品切れ状態が続いていました。
昨日辺りから納豆コーナーのガラガラ状態は脱却して
品薄ながらも何とか落ち着いてきた模様です。

今回は「納豆の品切れ続出」とニュースでも流してくれたので
以前の豆乳の時の様に「いつ来ても無いのね」と
嫌味を云われる事も無かったです。
それにしてもTVの力ってすごいな~と改めて思いました。

ロストジェネレーション

朝日新聞が元旦から一面で「ロスト・ジェネレーション 25~35歳」
という特集を組んでいて今日が最終回でした。
・・・今、25歳から35歳にあたる約2千万人は、日本がもっとも豊かな
時代に生まれた。そして社会に出た時、戦後最長の経済停滞期だった。
「第2の敗戦」と呼ばれたバブル崩壊を少年期に迎え、「失われた10年」
に大人になった若者たち。「ロスト・ジェネレーション」。
第1次大戦後に青年期を迎え、既存の価値観を拒否した世代の呼び名に
倣って、彼らをこう呼びたい。・・・とありました。
丁度私の子供がこの年代ですので興味があり読んでいました。

思うような就職が出来ずに派遣の仕事で食い繋いでいる人、
開拓したITの起業で成功した人、
就職しても倒産等で何度も職を失い生活保護を申請した人、
成果主義に追われてうつになった正社員、色々な人を取材しています。
学校を卒業しても就職口が無かった世代、
就職すると効率主義・成果主義の洗礼をまともに受けた世代です。

学校を卒業したら就職して結婚して新しい家庭を築いて…
そういった親世代の価値観はもろくも崩れてしまいました。
良くも悪くも今までの価値観は通用しない事に気づいた世代です。
そして自分で試行錯誤して何かを築かなければいけなかった…。
ITで無から会社を興し証券取引法違反で失脚した時代の寵児「堀江貴文」氏は
この世代を象徴しているようです。
今までの価値観でもある「証券取引法違反」どんな行為が違反になるのか…
自分の手で価値観を作り上げた堀江氏は未だに分かってはいないと思います。

多様化する社会の中で確実に生活の格差が生まれているようにも思います。
時代の波に乗れて成功したのは一握りの人。
多くの人は先行き不透明な時代に翻弄されているのではないでしょうか。
企業は景気が上向きとの事ですがその背景には正社員になれなかった若者が
低賃金で必死に働いている姿があることを忘れてはならないと思います。

低賃金だと自活する事や結婚する事すらままなりません。
そして不本意ながらも親にパラサイトしている若者もいます。
しかし、いつまでもあると思うな、親とカネ。
親が困窮するともっと困るのは実は子供だと思います。

人を育て技術を教えた…昔の日本型企業。
その良さを切り捨てての効率主義・スリム化・合併の波は若者達から
物を造りだす楽しさ・夢を奪ってしまっている様にも思えます。
「ホンダ」創始者の本田宗一郎氏のような人は生まれにくい環境でしょう。
今の効率主義とスピードに皆疲れてしまっています。
程々の生活・程々の仕事・程々のゆとり…スローフードならぬスローライフ
…ほどほどが一番だと思うのは私だけでしょうか?

ヒヨドリ

CIMG083600.jpg
毎朝メジロとみかん争奪戦を繰り広げているヒヨドリです。
みかんを食べているメジロを追い払ってはみかんを咥えて持っていってしまう
困ったちゃんのヒヨドリですがあの体を維持する為には沢山の食料が必要
…なんだか憎めないのですよね~。

大人の書き取り

CIMG0853.jpg
最近はパソコンを使ってばかりで字を手書きする事が少なくなりました。
読めるけれど書けない字が多くなってしまったのと
悪筆を直すのに清書をしてみたら良いかと思って…
まずは字数の少ない百人一首に挑戦しました。
薄く下書きがしてあるのでその通りになぞります。
ヘンや作りの大きさがバラバラでバランスが悪いのが私の字です。
その字体のバランスを覚えるのにも丁度良いかと思いました。
百人一首の他に奥の細道や般若心経、漢字検定もあります。

大人のぬりえ 大人の書き取り
http://www.geocities.jp/hirobeeee/kakitori.htm


家庭内で殺人事件

兄が妹を殺害してバラバラにした事件がありました。
テレビである人が「親の顔が見たい」と発言していましたが…
一生懸命育てても親の思うようには子供は育ってはくれません。
事件は親の育て方だけのせいではないと私は思います。
家庭内で殺人と死体処理が行われ、殺人を犯した兄が
平素と変わらない素振りをしていたので異様な事件に感じますが
ホテル化した現代家庭では何処にでも起こりえる問題かと思います。

貧しかった昔は家族で力を合わせて…一つの物を分け合って…と
そうして家族の絆が出来ていたのだと思うのです。
今は家族で一杯の掛けそばを分け合って食べるほどには貧しくもなく
仕事や塾などで各自が忙しくて家族で食卓を囲む機会もほとんどない
リビングよりも居心地の良い個室を持っている
豊かな暮らしで家族は「他人より少し身近な関係」に変化している様…
それでいて家族だからこそ遠慮ない物の言い方をしてしまいます。
劣等感を持っているとその言葉に「グサッ」と来るのでしょう。
「他人にも言われない言葉を家族に言われた」…と。
遠慮なく云えて平気でオナラをしても許されるのが家族と思っているのですが
どうやらその辺の感覚が逆なのですね。

そしてカッとなったら後先考えずに直ぐ殺めてしまう。
大人の考えならカッとなっても「殺人」を犯した後の事を考えると実行は?
また、犯した後に「大変な事をしてしまった」と気付くものですが…。
気付かない自己中心的な幼児のままの感情に問題があると思います。
それでいて情報だけは知っているので解体なども平気でやってしまう
知識と感受性のアンバランスが引き起こした事件と思いますがいかがでしょう。

兄弟間の確執は少し前の若貴兄弟を引っ張り出さなくても
昔からどこの家庭でも多かれ少なかれあったでしょう。
少し前までは跡継ぎの長男と他の兄妹との間での確執が、
今は兄弟双方が不公平だと思っていての確執が。
平等に育てていたつもりの我が家でも
兄弟がそれぞれに「○○ちゃんばかり可愛がってずるい」と云っていました。
これは幾ら「そんな事無いよ」と云っても分かって貰えません。
各自が家庭を持って自分が親になったら少しは分かってくれるのでしょう。

現代の20歳の成人式のどの顔も幼いですね。確かに可愛いのですが。
身体はしっかりと大人ですが感情面は子供のままが現代でしょうか。
10歳で奉公に出されるのが当たり前だった時代は
身体は子供ですが感情面では大人だったかも知れません。

マグネットバイクのキィキィ音

夏から使っているマグネットバイク、使い始めにキィキィ音がするようになりました。
30分程度を自転車漕ぎ運動をしながらテレビを観ているのですがこの音が邪魔。
車軸からかな~と思っても何処からその音が出ているのか分からず…
結局夫が左右を止めてあるねじを外しバラしてくれて
前方に付いているローラー部分に潤滑油を注してくれました。
キィキィ音も無くなって元の静かなマシーンに戻りました(^_-)
だんな様に感謝・感激・雨・あられです。
残念ながらバラした際の内部写真を撮って置くのを忘れました。
20070107105754.jpg

お正月が過ぎて

あわただしかった暮れと普段の生活と余り変わらなかったお正月が終わりました。
お正月は少し寝坊が出来て朝のんびり出来たのが何より嬉しかったし、
コタツの中で朝までテレビを見ながら寝た日は体中が痛くて眠かったが
ぐうたらもお正月だから…ね。
その時のとっと?一晩中ケージに戻る事無く、明るい照明下ファンヒーターの前で
くつろいで寝ていた様でです。至る所に落とし玉?!を残してネ。
その一夜以来、前にも増して夜ケージに戻すのが大変な作業になりました。

しっかり夫婦でパチンコにも行って来ました。さすがに店内は込んでいました。
最近のパチ屋は台移動自由・持ち球共有が出来る店が多いので
例え換金は出来なくてもどちらかが出るとなんとか遊べます。
大勝ちもしない代わりに大負けもしなかったお正月でした。
大負けしなかったのは何よりかな~。

昨年3月から始めたFF12。
途中放り出していた時期もありましたが去年中にクリアしたいなと思っていたのですが…。
まだラストまでたどり着けません。遊戯時間トータル133時間。
我ながら良く飽きもせずに続いているよな~と変な感心をしています。
年を取ると地理や人など中々一度で覚えきれないので時間ばかり掛かっています。
それでも謎を解きながらゲームを進めて行くのは楽しいものです。

今年の抱負;膝をこれ以上悪化させない様にする事かな。
水が溜まって痛い方の左足はもちろん、右足にも時たま痛みが出るようになって
少々まずいかな…と思っている今日この頃です。

ブリしゃぶって美味しい!

12/31に買い物に行った際、ぶりの刺身に出来なかったアラ(切れ端)を
安く売っていたので煮たり焼いても良いなと思って買いました。
夫が「ぶりしゃぶ」を食べた事があるらしく「美味しいよ」と云ったので
ぶりを刺身の様に切り、しゃぶしゃぶに使う牛肉の代わりにしました。
昆布だしを入れた鍋にぶり、白菜、ねぎなどを入れてポン酢で食べます。
生臭くなるのではないか?と思っていたのですがそんな事も無かったです。
刺身だと脂っこくてそんなに食べられないブリですが幾らでも食べられちゃいます。
そして血合いの部分も何の抵抗もなく美味しく食べられました。

明けましておめでとうございます

CIMG0821.jpg

CIMG0827.jpg
ジェニーフレンドのあやです。振袖を着せてみました。
ちょっとお太鼓が大きすぎましたがご愛嬌。
1/6ドールは着付けがとっても難しいです。
今年もよろしくお願い申し上げます。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん