熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

ロコモって?

きょうは怖~いロコモのお話を。

知人から聞いた話です。
腰を曲げて杖を使ってよちよちと歩く後姿はどう見ても80歳のおばあさん、ですがその女性は50歳。
ある日歩く事が出来なくなって病院へ担ぎこまれました。
肥満気味のその女性、検査をしても内臓系には別段に異常は見当たらなかったのだそう。
家の中でほとんど動かない生活を続けていたようで、「ロコモ(運動器症候群)」と診断されたようです。

ロコモとは「ロコモティブ シンドローム」(運動器症候群)の略。
骨や筋肉、関節など体を動かすために必要な「運動器の障害」により「要介護」のリスクが高まる状態。
生活環境が便利になって動かさないでいると、使わない部位の骨や筋肉が衰えるそうです。

①筋肉が減少し、骨強度が低下していく
②筋肉が減少すると関節に過剰な負担がかかり、痛みを伴うようになる
③骨量が低下しているうえに筋肉のサポートがなくなるので、ささいなことで骨折しやすくなる
④歩行困難になる
⑤運動不足により、健康状態が悪化
⑥介護が必要になる

骨がスカスカになってもろくなる「骨粗鬆症」は薬に頼るのではなく、運動も必要なようです。
私も骨密度が低い「骨粗鬆症」予備軍なので、体を動かす重要性を再認識しました。
パソコン前に座っている若~い貴方も、十分お気を付けくださいね。
スポンサーサイト

ピロリ菌退治

胃カメラ検査で私の胃にもピロリ菌が居る事が分かったので除菌することになりました
一週間、朝食後と夕食後の2回薬を飲むだけです
一回でも飲み忘れが無いように!と念を押されました
「その間アルコールは?」と聞いてみましたら「出来るだけ避けてください」との回答
は~い、分かりました(~_~;)

睡眠時無呼吸症候群の検査結果の方は…
確かに無呼吸になっている時もありますが治療の対象になるほどひどくはないとの事

「血液検査も申し分ありません」と云いながら検査結果表をくれました
で、その中に「梅毒」の検査も…「梅毒」の検査なんて妊娠した時以来かも
病院側の検査点数稼ぎかなと思いつつも、なんでも無いのが一番!

で、面白いのは「梅毒検査報告書」の下が「梅毒検査証明書」になっている事
昔の「赤線」なら「梅毒検査証明書」の提出もありだろうけれども
今のご時勢で「梅毒検査証明書」を提出する場面なんて考えられないんだけれど…

睡眠時無呼吸症候群の検査キット

胃の上部不快感で病院へ行ってきました
胃カメラ初体験!
自分の体内をモニターで見られると期待していました
…が、のどの部分麻酔の他に注射麻酔をする病院でした
麻酔の注射中に眠ってしまい、15分後に目が覚めた時には全て終わった後でした

眠っている間に検査が終わるのは苦しくないし体の内部を見るのはイヤという人にはオススメ
「麻酔を掛けたくない人は事前にお申し出下さい」との張り紙を見つけたのは検査後でした
残念!次回、検査を受ける時には「モニターを見たい」と云うことにします

で、検査結果は「逆流性食道炎」との事
早い話が食道と胃の繋ぎ目の「下部食道括約筋」がゆるんで胃酸が食道に逆流するというもの
膝など目に見える部分だけではなく全身の筋肉が衰えていくんですね
…これが老化と云うことなのでしょう

その病院の待合室で見かけた張り紙「睡眠時無呼吸症候群の検査をしませんか?」
「お前、イビキで時々無呼吸になっているぞ」と夫から云われていたので検査を申し込みました
費用は3割負担で3000円程度だったと思います

数日して自宅に↓の一週間レンタルの検査キットが送られてきました
大きさの目安に検査キット本体の下に黒い携帯を置きました
一晩寝られなかったなど検査を失敗しても3回まではやり直しが出来ます
検査が終了したら、入っていた梱包ダンボールに入れて着払いで送るだけ
b225.jpg  b226.jpg

はたして検査キットをつけながら寝られるのかしら?
心配無用でした…しっかりと爆睡していました
検査結果は次回検診の時です

MRI検査を受ける

ある日の朝、左後頭部・左耳の後ろ・左肩が痛くてオマケに頭痛がした
耐えられない痛みでは無いけれど頭痛なんてほとんど縁が無かった私
ひょっとしたらも脳梗塞?くも膜下出血?そんな不安がよぎる年代だもの

午前中の仕事を終えて帰宅し、午後は脳神経外科のある病院へ行きました
病院の先生には「神経痛のような痛み・頭痛・聴力低下など」を訴えると
「まずはレントゲンと脳のMRIを撮りましょう」
 
MRIとレントゲンの画像を前にして

先生 「脳には異常が認められませんね、小さい梗塞はあるが気にする必要なし
     この年代だと多かれ少なかれ誰にでもある現象で年相応の脳です」
    「聴力低下はやはり加齢だな、頭痛は肩こりから来てるネ、何か思い当たらない?」
私   「肩こりの自覚は無いんですけど…思い当たるとすればポータブルゲームかな」
    「確かに長時間悪い姿勢でプレイしてました(~_~;)」

実はDSでドラクエ9をプレイしているんです
悪い姿勢のまま気が付くと一時間経過してたなんて事もあるものね~
頭痛の原因はこれか~…と妙に納得してしまいました

先生 「問題は首だね、しかしスゴイ首をしている」
私   「???」
先生 「アーチが普通と逆になっている」
と云いながら模型で説明してくれました
私の首は↓の③ストレートネック 後屈位に近いようです
ストレートネック

日を改めて首のMRI検査と血液検査を受けました

先生 「後屈しているだけじゃなく左右にも微妙にズレてるな~、
     脊柱管の狭窄が起きて周りの神経を圧迫して痛みが出ているようだ」
    「原因は分かった、次はさてどうするか…だ
     牽引して楽になるようなら少し通った方が良いね、筋肉を和らげる薬も処方するから
     これで少し様子を見て」
私   「首の変形は何か努力をしたら元に戻るものなのでしょうか?」
先生 「50年以上掛かってその首になったのだから無理だね~」
    「あっ、そうそう、血糖値も正常、コレステロールも正常、血液検査の結果は申し分なしだよ」
 
全ての検査費用に二万円ほど掛かり(3割負担)家計には痛い出費だったけれど(~_~;)
脳ドッグを受けたと思えば安い!安い!
先生は首の形は元には戻らないと話されましたが首のアーチ回復を調べてみようと思っています

変形性膝関節症

変形性膝関節症、頚椎狭さく、難聴など体のあちらこちらが不調になって
整体や沢山の健康法の本を読み漁っています

冷えから来る血行不良(血のめぐりが悪い)
日常の動作のクセで体がゆがんでいる
それらが体調不調の要因だと多くの本に書かれています

左右均等の体操をして体のゆがみを正し、
食べ物や運動で血行促進を促す方法が良いようです

変形性膝関節症でお困りの方、↓のぺージが参考になると思います
変形性膝関節症を治す

整体・カイロプラテック・マッサージなどの店がとても多くなったと感じます
整体で治った方も大勢いらっしゃるようですし、マッサージは確かに気持ちが良いです
でも、行きだすと整体・カイロプラテック依存症になってしまいそうでなんだか怖い

首の牽引

ある朝、夫が首を痛がっていて痛みの原因は分からずに「寝違えたかな」と…
こっくりこっくりと首が前後左右に揺れての居眠りは気持ちが良いものです
でも中高年になると居眠りで首を後ろに倒した際に鞭打ち症になる事があるらしいです
夫の首の痛みも本人は気付かないがそんな事があったのだと思われます

翌日もあまりの痛さと首を曲げる事が出来ないので病院で診てもらいました
レントゲン検査の結果は骨には異常なしとの事で経過観察だとか
ただ、鎮痛剤は処方してくれました
薬を飲んでいる時は痛くないようですがあくまでも鎮痛剤は痛み止め
薬が切れるとズンと重い痛みがあるらしい

骨に異常が無いならと…タオルを使って首の牽引をしてみることに…
モデルはジェニーとバービーにしてもらうことにしました
b55.jpg

まずはまっすぐに上を向いて寝てもらいます
次に浴用タオルやスポーツタオルを二つ折りか三つ折りにして用意します
後ろ首に掛けて耳を覆うように持ってタオルをゆっくりと引っ張ります
1・2・3・4・5と数えたらゆっくりと緩める、これを数回繰り返します(多分5分程度)
一気に力を入れたり抜いてしまうのは厳禁、ゆっくり慎重にです
これで首の痛みはだいぶ取れてとても楽になったようです
ネット上にこんな記事もありました
デスクワークで凝った、首・腰・背中をほぐす!
ただ、首の牽引もやり過ぎは良くないとの意見もあるので常時行うのはNGかも…

膝周りのストレッチ

私の変形性膝関節症はひざに水も溜まらずに小康状態を保っています
さすがに正座は出来ませんがしゃがむ動作は以前よりは楽に出来ます
床に手をついて体重を分散させないと立ち上がれませんが…
変形性膝関節症の基本体操(足上げ、横上げ、内股に力を入れる)に加えて
足首回しと寝ながらの足のストレッチ兼スクワットをしています
ストレッチ兼スクワットの仕方をミクロマン人形を使って説明します
b52.jpg

b53.jpg
写真より足をもっと体に近づけて寝ながらしゃがむような動作です
(人形は足が長くて同じ姿勢の再現が出来ませんでした)
上を向いて寝ながら膝を立てて腰を浮かします、次に床につかないぐらいに腰を落とします
この姿勢をしばらく保ったり、腰を上下に動かしたり、かかとの上げ下げをします
きっと膝の悪くない人にとってはなんでもない動作なのでしょうね
その後は両足を上げて足の裏側をストレッチしたりぶらぶらと動かしたりします

私は最初この姿勢を取った際は膝周りの筋肉をはじめとして太ももの外側・内側・
前側・後側の筋がピーンと突っ張っているのが分かりました
膝に水が溜まっていたり膝が痛くて曲げていなかった人は膝周りの筋肉を使っていない
必然的に一部の筋力が落ちてきたり筋肉が固まって柔軟性が失われているようです

この運動をしている内に筋肉に柔軟性が戻ってきたようで動きがスムーズになってきました
どこかの筋力だけをつけてもダメ、筋力も柔軟性も全体のバランスが大事だなと痛感しています

就寝中のオナラ

ある日、夫が「お前、寝ながらオナラしていたぞ」
私は「嘘ばっかり、オナラをした記憶が無いもの」
ブラックアウトを起こした時の夫と私とを逆転させたような会話…

確かにくしゃみをした弾みで「ブッ」と出てしまう事は経験していました
意識的に「ブ~」「ス~」と出していたこともあります
「いびきをかくことはあっても無意識状態でオナラなんて…」
その時はとても信じられませんでした
・・・しかし、本当だったんです、オナラをした感覚で目が覚めたんです
ガ~ン!ショック!!「ヤダッ、本当に無意識にオナラをしている…」

オナラを我慢出来ないくらいに括約筋が衰えている、私?
高齢者用オムツのコマーシャルが思い浮かび…加齢現象もココまで
進んだのかと暗澹たる気持ちになったのですが…

「寝っぺ」は若い人にも結構あるらしい現象だと分かって少し安心
でも…でも…口からはいびき、お尻からはオナラ…とっても恥ずかしい
足腰の筋力トレーニングに括約筋のトレーニングも加えよう (~_~;)

腱鞘炎になってしまった~

もう少しでセーターの後ろ身頃が出来そうなのに…
編むことを頑張り過ぎて手を酷使したらしく手首が痛い…
接骨医で診てもらったら腱鞘炎ですって
しばらく手を使わないで安静にした方が良いらしい
編み物も中断、仕事も2,3日はお休みを貰いました。
無理が利かない年齢なんだな~と実感(T_T)

老人性難聴って…

「老人性難聴になるとこんな風に聞こえます」とTVの番組で取り上げていました。

高音と子音が聞こえにくくなる、TVの音を大きくする
何度も聞き返すのがイヤで聞こえないことを笑ってゴマかす
「7時までに卵を買ってきて」が「1時までにタバコを買ってきて」
そんな聞き違いが多くなる

ウンウンそうなのよね~…と思わずうなずいてしまいました。
例えば
夫が「ナシが食べたいな~」
それを聞いた私が夕食に焼きナスを出して
「あなたがナス食べたいって云ったから作ったわ」
「俺そんな事言ってないよ」
私と夫の会話もそんなトンチンカンな応答が多々あります。

私が耳の異常に気付いたのはピアノの最高音が聞こえなくなった時です。
私自身がキーを押して音を出しているのに私の耳には聞こえない
…これはショックでしたね。

失った聴力が戻ることは無くて聴力の助けをするのが補聴器です。
簡易補聴器…私も時として使っています。
便利ですが近くの雑音も拾ってくれるので逆に聞き取りにくいときもあります。
そのうちにお世話になるであろう病院で調整してもらう本格的な補聴器は
きっとお値段もすこぶる高いのでしょうね。保険が利くのかしら?

少しだけリハビリ

膝に水が溜まってからは避けていた膝を深く曲げる正座やしゃがむ動作…
膝の炎症が消えた後も筋肉が退化したのかこれらの動作が出来なくなっていました。
しゃがもうとするとストンとお尻が地面について体育座りになってしまいます。
これじゃいけないと気づき
家に居る時には足に重りを付けて足上げ運動やら自転車運動を…
お風呂の中では立ったり座ったりの運動と正座やしゃがむ練習を…
足のストレッチ、足首などを回して筋肉や関節をやわらかく…と
少しだけしゃがむ動作が出来るようになりました。
まだ自分の足首を持つなり何か支えが無い立ち上がれませんが…。
自力で立ったりしゃがんだりが出来るのを目標にしています。

膝に負荷を掛け過ぎて炎症を起こしては元も子もないし
使わなければさび付いて動かなくなるでしょうから
職場の和式便座で用を足しながら膝のご機嫌を伺いながら
「今日は調子が良い」から運動の回数を増やそうとか
「ひざが少し痛い」から今日はあまり無理をしないでおこうなどと
リハビリをする上でのバロメーターにしています。

中腰などの無理な姿勢は腰を痛めてしまいますから…
しゃがむ動作が出来ないと生活する上で本当に不便なんです。

人間ドッグデビュー

今まで職場での健康診断を受けていたので人間ドッグは受けた事がありません。
午前の半日コースを夫が受けると云うので私も一緒に受ける事にしました。

受診前日は午後9時までに食事を済ませてそれ以降は寝るまで
水・お茶以外は口にしちゃいけない…
そんな時に限って「アイスが食べたい」なんてムショウに思います(^_^;)
当日の朝は絶食・絶飲です。
食いしん坊の私は横浜のクリニックに到着するまで駅中で売っている
ハンバーガーやコーヒーの香りに思わず生つばが出てきました。
クリニックに到着した後は受診服に着替えて検査項目ごとに検査室に入ります。

今まで胃痛など無縁でしたので今回初めてバリウムを飲みました。
バリウムは飲みにくいと聞いていたのですがそんなに飲みにくくはありませんでした。
その前に飲んだ炭酸でゲップを我慢する方がかえってきつかったです。

胃のX線検査は頭部が下になったり上になったりする台の上で
右向いて・左向いて・一回転してなどの指示が次々と言われます。
胃の中のバリウムを回しながらX線の写真を撮る技師さんも大変でしょうが
短い時間に次々と指示される方も大変…
「ハイ、右向いて」「顔は向けないで体を右に向けて(~_~;)」
若い時分は直ぐ体が反応したのに、今は指示された事柄に体が直ぐ反応しない…
「右を向くように指示された」と脳が考えてから
新たに「体を右に向けなさい」と脳が体に命令を出している…
そんなロスタイムが発生…おまけに右?左?と脳がパニクってます。
思わず脳の退化を実感しました(~_~;)
バリウム検査終了後に下剤が処方されそれを飲みました。

血液検査の結果は後日分かるようですが内診その他の検査では夫婦共異常なし。
検査の結果にほっとして中華街で食事をしました。
食後早速下剤の効果が表れて…私には下剤は必要無かったかも…。

チャドクガにやられた~

朝起きてみたら手にプチプチが…昨夜は気が付きませんでした。
DSCN0231.jpg
これは紛れもなくチャドクガの発疹!顔でなくて良かった!!
手の甲の部分だけだったので一安心。
自転車で飛ばしている時にどこかで蛾や毛虫に触れたのかも知れません。

チャドクガは、椿やさざんかの木に付く毛虫です。
幼虫ばかりでなく脱皮殻やサナギや成虫や、卵までもが毒針毛を持っています。
今までチャドクガには結構手ひどい目に遭っているんです(>_<)
刺された時は痛くもかゆくも無いのでさされた事に気が付かないんです。
その内に真っ赤で小さな発疹が一杯…
じんましん?かななんて思っていると次第に痛痒くなってきます。
我が家で一番の被害者は息子かしら…
子供の頃、毛虫を手に乗せ、その手で顔をこすったのだからたまりません。
体中が赤い発疹で…さすがに病院で手当を受けました。

葉の一枚に集結しているチビ毛虫のうちに駆除出来れば良いのですが
まめに庭木の手入れをしていない我が家だったので…。
そんな思い出があるので可哀相だったけれど
庭に一本あった椿の木は切ってしまいました。

膝のこと

今の仕事は階段を上がったり降りたりの作業が結構あるので
膝の周りの筋肉を鍛えるには良いリハビリになっています。
まったく膝に痛みが無いかと云えばうそになりますし
相変わらずしゃがんだり座ったりの動作は苦手です。
正座をしようとすると足にお尻がペタン乗らずお尻が浮き上がってしまいます。
膝が痛かったので今までは避けていた和式トイレですが
あるとき和式しか無かったのでそのトイレで用を足した後
…立ち上がるのが大変でした(T_T)

その時思ったのは
膝が痛くなってからイスなどすっかり洋式の生活に慣れてしまい
座る、しゃがむなどの動作を極力避けていました。
その結果、使っていない筋肉が退化してしまったのではないか…と。

かと云って無理な動きをしてはまた膝が炎症を起こしてしまう…
で、考えたのが湯船の中で正座やしゃがむ訓練をすること。
温まった筋肉は柔らかくなっているでしょうし、
浮力で体重が膝に掛かり過ぎる心配も無いでしょう。
どこまで回復するか分かりませんが続けようと思っています。

補聴器を買いました

TVドラマの声が聞き取りにくい、声の小さい方の言葉が聞き取りにくいなど
聴力の衰えが進んできたようなので耳穴式の補聴器を買いました。
価格の高い商品もありましたが私が買ったのは2万円以下の軽度難聴用。
DSCN0194.jpg
今まで聞き取りにくかったTVドラマのセリフが良く聞こえます。
ただ、少々不便な点も。TVのCMの音が大きくて耳障りです。
また、自分の周りの音(例えば新聞をめくる音など)も聞こえすぎてしまいます。
とっとの雄たけびに至っては音割れして脳天をつんざきます。

通常はうっとうしいので外していますが、
重要な話題の時などは聞き逃さないように耳に付けようと思います。
説明書では機器が湿気に弱い為湿った耳垢の方は付けられません、との事。
私は乾いた耳垢なので大丈夫でした。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん