熟年

ご訪問ありがとうございます。ラクエル(2012年度バービーファッショニスタ)の衣服作りを楽しんでおります。

花嫁衣裳

着物の花嫁衣裳です。綿帽子の代わりにリボンを結びました。
着物は襦袢地、帯は伊達衿から作っています。
18b155.jpg
型紙・縫い方共に自己流です、本式の着物とは違いますのでご了承下さいませ。
画像を保存してから、「写真をフレームに合わせる」の☑を外し、A4版にプリントしてお使い下さい。
製図した実寸よりも少し縮小されると思いますが、そのままでもお使いいただけます。
外周のΘ━Θ━Θ━Θ━で切り取ってご利用下さい。内側の実線が出来上がり線です。

袖振りと身八つ口にあるタイプの打掛の型紙は↓
肩で合わせた型紙なので、前後つながった長い(60㎝)身頃になります。
型紙に書き忘れましたが、肩から下に30㎝伸ばします。
18b159.jpg

表地は前後身頃・袖・衿、裏地は前後身頃・袖が必要。
制作途中。画像にありませんが長い裏身頃と衿が別にあります。
18b166.jpg

総裏の打掛が出来上がりました。
18b161.jpg

中に着るセパレート着物の型紙は↓ 
上に着る打掛に袖が合うような袖付け位置にしています。下部の型紙に書き忘れましたが25㎝上に伸ばします。
18b160.jpg

表地は身頃・下部・袖・衿、裏地は身頃・下部・袖が必要。
18b167.jpg
⑤袖作り
袖は裏表合わせて4枚一緒に縫う「四つ縫い」をせずに、袖口から裏と表をぐるっと縫う方法にしました。
18b164.jpg
裏を控えるのを忘れたので袖振りから裏地が飛び出しゃいましたね(>_<)
裏見頃は背中心と脇を縫います。
18b168.jpg
表と裏を裾で合体させます。
裏に返したら、衿付けをし、身八つ口をまつり、裏身頃の袖付け部分をまつります。
18b169.jpg

身頃と下部が出来上がりました。
18b162.jpg

帯・懐剣(かいけん)・筥迫(はこせこ)の小物
抱え帯はリボンにしました。
18b163.jpg

簡易衿は↓ カーブして見えますが、衿山は直線です。
18b165.jpg

着付けは
①たびを履き、裾よけ・簡易衿を付けました。(簡易衿を付けると衿の位置がずれにくい)
②中着の上を着ます
③中着の下を着ます
18b156.jpg

帯を着付けて
18b157.jpg

打掛を羽織ったら出来上がり(^^♪
18b158.jpg
スポンサーサイト

大奥の打掛

大奥のお局様が着ているような打掛です。日本髪を結えないので人間用の髪留めでまとめました。
18b154.jpg
型紙・縫い方共に自己流です、本式の着物とは違いますのでご了承下さいませ。
中に着ている着物は 1/6サイズのセパレート着物(裏付き) でどうぞ。

袖が身頃に付いた袖振りと身八つ口が無いタイプの打掛の型紙は↓
画像を保存してから、「写真をフレームに合わせる」の☑を外し、A4版にプリントしてお使い下さい。
製図した実寸よりも少し縮小されると思いますが、そのままでもお使いいただけます。
外周のΘ━Θ━Θ━Θ━で切り取ってご利用下さい。内側の実線が出来上がり線です。

表地は身頃・袖・襟が必要。身頃は前も後ろも肩から下へ30㎝の長さに伸ばします。
裏地は身頃・袖が必要。身頃は肩から32㎝程度の長さに伸ばします(裾を出すので表地よりも長い)。
袖口の矢印部分に縫い代際まで切り込みを入れます。(洋裁の縫い合わせの印とは違います)
この切り込みで右や左に倒したり、縫ったり縫わなかったりするので重要です。ただし、深く切り過ぎないようにご注意を。
18b145.jpg

表地の裁断。
18b146.jpg

①背中心を縫い②身頃と袖を縫い③同様の裏地と表地を、中合わせにして袖口を縫います。
縫い方の注意として、(例…袖口)切り込みと切り込みの間だけを縫い、切り込み際は2針程返し縫いをする)
18b147.jpg

表脇裾~表袖~裏袖~裏脇裾を縫います。縫い方はリバーシブルの仕立て方を参考にしてください。
左右の前端は表地と裏地を中表に合わせて襟下から下を縫います。
裾は裏地をだぶつかせる様に表地と裏地を中表に合わせて縫います。
「ふき」の芯にバイアステープを入れましたがキルト芯の方が良かったかも。
18b148.jpg

襟部分から引き抜いて表側に返します。上手にできなかったけれど裾のふきは↓の感じで。
ふきを出す時は表地と裏地とがだぶついたりつれたりしないように加減してください。
星止めで落ち着かせます。
18b149.jpg

襟の型紙は直線を襟山とし、カーブのある方を身頃に縫い付けます。襟芯にネームテープを貼っています。
背中心と襟中心を合わせ左右均等になるように襟付けをします。
18b151.jpg

縫い代に細かく切り込みを入れます。
18b152.jpg

縫い代を襟側に倒し、襟裏をまつります。
18b153.jpg
出来上がり!
18b150.jpg
玉ねぎ局(つぼね)の誕生です(^^♪
18b144.jpg

1/6サイズのセパレート着物(裏付き)

上下に分かれた裏付きの着物です。お引きずり、おはしょり、…どちらにも着せ付けが出来ます。
18b134.jpg
上部を着た上に下部を重ねます。上部は短め、下部におはしょり分を足しました。袖の長さはお好みで。
型紙・縫い方共に自己流です、本式の着物とは違いますのでご了承下さいませ。

画像を保存してから、「写真をフレームに合わせる」の☑を外し、A4版にプリントしてお使い下さい。
製図した実寸よりも少し縮小されると思いますが、そのままでもお使いいただけます。
外周のΘ━Θ━Θ━Θ━で切り取ってご利用下さい。内側の実線が出来上がり線です。
尚、裏地を付ける場合はΘ━Θ━Θの内側を。
裏地を付けない浴衣などはΘ━Θ━Θの外側を切り取り、縫い代は三つ折りで仕上げます。

18b114.jpg

18b115-3.jpg

裏地を付ける場合の作り方です。
上部は表地と裏地を同じに裁ち、襟は表地のみ。
袖付け、袖口、身八つ口の縫い代に切り込みを入れておきます。
18b127.jpg
18b128.jpg
18b129.jpg
18b130.jpg
画像がありませんが襟付けで完成です。
四つ縫いの縫い方は 着物の仕立て方 もご参照くださいませ。
身八つ口は表布と裏布を合わせてまつる(くける)
袖付けの表地縫い代を袖側に倒し、裏の袖を乗せ、裏の身頃でまつります。
(画像は袖裏布でまつっていますが、着せ付ける際に引っかからない為には逆が正解ですね)


続いて下部の作り方です。表地を畳んだ大きさの裏地を付けます。
下部の長さは27㎝と記入していますが、目安は(足先~ウエストのちょっと上)+(ウエスト~おはしょり×2)+1㎝。
画像のは29㎝位で作ったのでちょっと長めでした(^_^;) 
長いとおはしょりが長くなったり胸元の帯から見えてしまいます。
逆に短いとおはしょりが短くなったりウエストのくびれの部分での固定が出来ません。

また、上は布の耳を利用すると糸くずの心配がありません。
折りたたんで背中心を右に倒し他2本も右に倒し、反対側は左に倒します。裏地を付けて完成です。
18b131.jpg
18b132.jpg
上部と下部が出来ました。
18b133.jpg
着せ付けは上部を着せて下部を巻きます。帯を締めると着物姿になります。
18b135.jpg

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)

カテゴリー

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

FC2Ad

Template by たけやん