熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

猫たちの日常2014-32

飼い猫のラブが亡くなって数日経ちました。
壁にラブの鼻水の痕跡を見つけると、まだウルってなってしまいますけれど…。

ミミのフードを横取り、ミミの顔の前にお尻を向けて座るなど傍若無人ぶりを発揮していたラブ…
うっとしいながらも憎めないお子様猫(白髪が出てきたオヤジ猫)のラブが居なくなってミミも心なしか淋しそう。
左がミミ、右がラブ、と並べていた食器をミミ用の一つにしたら、ミミは食べようとしませんでした。
ラブの食器を置くと迷わず左の自分の食器で食べました。相棒が居ない事に慣れるまではもう少し時間が掛かるでしょうね。

ラブを看取って気づいた点・感じた点など。
ミミとラブをお迎えした2013年春、その時点でラブはミミに比べて水を沢山飲む・オシッコの回数が多い、オシッコが臭わない…
塩っ辛い干物などを好む…腎臓が弱っているだろうなと思いました。
また、すぐに風邪を引き鼻水(青っ洟)を出す…免疫力も弱いのだと感じていました。
この時点で病院へ行っていたら、あるいは数ヶ月、数年間、ラブの寿命は伸びていたと思われます。
けれど、食事制限や点滴での延命をラブは望んでいないだろう…、自然に近い形で看取ろうと考えていました。

フードを噛み砕きやすくて腎臓への負担が少ないシニア用に変え、便秘にならないよう、ストレスが掛からないよう、気を配りました。
2013年秋頃からは良く食べるようになって元気になったな~と喜んでいたんです。
2014年(今年)の春から時折胃液を戻すようになったのですが毛玉だろうと。
食べている割りには太らない、腰がやせているな…と、感じたのもこの頃でしょうか。
そして、6月頃からあちらこちらにおしっこをする行為が始まり、ペットシーツへのオシッコは一日に10回程度、
食事も食べたり食べなかったりのムラ食いがありました。
なでなでしようと私が呼んでも来ない事が増え、ミミをにらみつけるような行為も目に付くようになりました。

元々活発に動く仔ではありませんでしたが、暗がりへ行って寝ている事が増え、
そして、食べない(食べられなかったのかも)、カリカリ×、スープ×、やわらかなオヤツ×・・・水は良く飲んでいました。
気温が高くなると、ラブの体臭も気になりました。慢性鼻炎の臭いの他に何か臭う感じ…。
体の毒素が回ってきていると予感しました。

亡くなる数日前、珍しく「お腹すいた~」の「ニャ~ン」おっ、食べられるようになった?とスープを出したらなめただけ。
きっと口の中が痛かったのでしょう、それきり何も食べようとしませんでした。
亡くなる前日も水を飲んでいましたが前のようにガブガブではなくそ~っと飲む感じ、水がしみて痛かったのかも知れません。
そして、腐敗臭のするよだれと鼻水が出っ放しになりました。

食べたい・飲みたいけれど体が受けつけない、思うように体が動かない、それでも一生懸命に生きようと頑張りました。
眠るような最期とは言えませんでしたが、自然に近い形で旅立って行ったと思います。


「猫は死期が近づくと姿を隠す」・・・と、良く言われていますが、死を悟っている訳じゃなさそうです。
最後の最後まで「生きる」事をあきらめていない…と、ラブを看取っていて感じました。
姿を隠すのは今の場所より安全で快適と思われる場所へ移動するのではないでしょうか。

“ネコは自分のからだの調子が悪くなると、外敵に襲われたときと同じような感覚をもつという。
また、弱った自分を見た仲間に襲われると思うらしい。
そして、敵に襲われることを本能的に恐れて、人目につかない場所に移動し、回復を待つのである。つまり、飼い主に死に際を見せないのは、結果としてそうなっているだけでネコ自身が死に際を
見せまいと意図した行動ではないわけだ。 ”ネコは死に際を飼い主に見せない? より抜粋


この↑の文を読んで私の中でストンと腑に落ちた(納得出来た)事柄がたくさんあります。

オシッコやウンチをする場所が色々と変わるのは…
自分が病気だとの認識がない→そのトイレで用を足したら不快(痛かった)→その場所はイヤな場所→別の場所へ。
時折ミミを睨むような事があったのは…ミミからの攻撃を受けたと感じて身構えた。
私はその時分にはラブが元気になってラブの縄張り意識が目覚めた為の行為だと思っていたのですが、
本当は病気が進行していて体が不快だったのですね。

衰弱したラブの姿に私が涙ぐんでしまった時は、逆に私を慰めてくれるようにペロペロしてくれました。
一緒にいて楽しかったよ、ありがとう、そしてさようなら、ラブ。
自分自身が病気であるとの認識がない、だけど、他を気遣う優しさを持っている猫たちに献杯。(猫だけじゃなく犬も)
スポンサーサイト

猫たちの日常2014-31

猫のラブが昨日(8月15日)午後4時過ぎに永眠しました。本日荼毘に付します。
14b172.jpg
昨日(8月15日)の朝食時、気がつくとラブは寝ていた和室から廊下に移動していました。
短い距離でも歩いて息切れするのかゴロンと、それを繰り返して台所へ、しばらく休むと同様の動きでリビングへ。
ラブのお気に入りリビングの定位置(テレビ裏側)でゴロンと、そこが暑くなるとまた台所へ移動。
この動きはラブのいつもの行動パターン、違うのは移動に何倍もの時間が掛かるのと動くのが苦しそうなこと。
ちょっと目を離したら、ラブは玄関のタタキにいました。(この時、お別れの時間が近いのだと予感しました)

高い場所にあるダンボール小屋にまだ行っていない事に気づき、私はラブをタタキから抱き上げて簡易ベッドに乗せ、
小屋まで案内…移動中、膜が掛かったような目できょろきょろしていたので少しは見えていたようです。
少しの間小屋に入っていましたが、暑かったのか出たがったので下ろして和室に移動。
自分でよろよろと歩いてゴロンを繰り返し、上半身を使ってゴロンゴロンと向きを変えていました。
ラブが苦しくなさそうな時に背中をゆっくりとなでて「ありがとう、楽しかったよ」と何度も声を掛けました。
この日もちゃんと尻尾を振ってくれました。

最後の時は…おしっこが出、呼吸が止まったり息を吹き返すような深呼吸を何度か繰り返してから逝きました。
最後まで私の手出しを拒み苦しくても自分で歩いて猫生を全うしていった誇り高きラブ、お疲れ様。

その後、幻聴?妄想?・・・心の中でラブとおしゃべりを・・・
私「お疲れ様、ご馳走(かつおのさしみ)を用意したからたくさん食べて。明日の朝は牛乳を飲む?」
ラブ「カリカリも欲しい。牛乳は人肌だよ、お母さんのいつも熱すぎ」
私「ラブの物を片付けてミミ用に模様替えをするからね」
ラブ「了解!」

一つ、不思議な事が。
実はラブが移動中にミミとラブが並んで見えたのでチャンスとばかりにデジカメでパチリ。
亡くなった後でSDカードをパソコンに取り込もうとしたら画像が出ない…デスクトップ右下のアイコンには表示されている。
ラブ「だってお母さんもう撮らないっていったじゃない」
私「そうだったわね、ゴメン」
SDカードをデジカメに戻し、画像は削除しました。
「信じるか信じないかは貴方次第です!」・・・と言うとうそっぽくなってしまいますが…。
他にもラブの存在を感じさせる現象があって、ラブは安心してこの家から「さよなら」していった感じがしました。

猫たちの日常2014-30

このところ、だんな様にリビングで寝てもらって(ありがたいです)、私とラブは和室で寝ています。

今朝方にラブの「ニャ~ン」の声。ラブの寝ていた場所にラブが居ない…何処?
捜すと5メートル離れた台所に居ました。「おしっこが出たの?」 でも、おしっこの痕跡がありません。
帰れなくなった?ラブを和室に連れ戻そうかとも思ったのですが…
実は日中に和室に連れ戻したら「余計なことしないでよ」とばかりに元の場所にヨタヨタと歩いていったので、
今回もそのパターンかな?と思って、私は布団に戻りました。
すると、今度はミミが私の布団に来て「ラブ君を和室に連れて来て」とばかりに私の腕を前足でツンツンと。
ミミとラブの絆を感じた瞬間でした。

私はラブを抱きかかえて畳の上におろしてから一寝入りして起きると、ラブは簡易ベッドで寝ていました。
50cmは歩けるけれど、5mは歩けない…そのくらい、ラブは衰弱してきました。
そばで日々弱っていく姿を見守るのは正直辛いです(涙)

頻繁にラブを覗きに行ったら「ほっといてよ」「うっとおしい」と私に語りかけてくる感じ…
私はラブに「用があったら大きな声で呼ぶのよ、小さい声じゃ耳が遠いお母さんは聞こえないから」と言いました。
首から尻尾までを背骨に沿ってゆっくり優しくなでると、尻尾を振って「気持ち良いよ~」の合図はまだ健在。
14b170.jpg
爪が引っ込まないラブはカーペット、布団や毛布だと糸が爪に引っかかって歩きにくいのです。
畳の上だと歩きやすいのでしょう、そして、今時期はひんやりする感じが好きなんでしょうね。
暑いと畳へ、寒く感じると簡易ベッドへ、そんな感じで移動しています。
・・・、でも、もうじきこの移動も出来なくなっていくんだろうな(ToT)
14b171.jpg
・・・と、ラブににらまれました。  (撮影日は8月12日)
確かに弱っていく自分の姿を写真に撮られるのは良い気がしないものネ、今後は写真を撮りません。

猫たちの日常2014-29

ラブが不調(T_T)
今まで「鼻が詰まって匂いが分からないのでフードを食べない」不調が何度かありましたが、今回はちょっと違うような…
14b169.jpg
昨年我が家にお迎えした当初からミミよりは多飲多尿だったラブ。
(腎機能が低下すると、体の老廃物をろ過するためにオシッコの量が増え、喉が乾くのでたくさん水を飲むのだそうです)
このところの不調はどうやら腎不全の末期症状が出てきて、天国への引越し準備を始めたような感じにも思えます。

ここ数日のトイレは洗面台の下。立ったままでペットシーツにオシッコを引っ掛けています。
少し前の部屋のあちこちにシッコをするオシッコ引っ掛け問題…
猫砂トイレでオシッコが足元に回って足が濡れて気持ちが悪かったのかも知れませんね。

歩けるし爪研ぎもしますが、ほとんど洗面所やイスの下など薄暗い場所で寝ていることが多くなりました。
ラブの行きたいように、したいように、好きにさせています…無理強いはせずに見守っていきます。

猫たちの日常2014-28

シンクロ中?同期中?
二匹が近くにいる時など、同じ体勢で寝ている事が多いような気がするけれど・・・気のせいかしら?
14b165.jpg

14b167.jpg
それにしても暑い毎日・・・伸びています。
14b166.jpg
ブラッシングをしてあげたいけれど・・・未だにブラッシングが好きじゃないみたいで、背中をゆっくりと3~4度なでるのが関の山。
だけど、ブラッシングをしても以前のように般若顔をされなくなりました(^^♪
14b168.jpg

猫たちの日常2014-27

毛皮を着ているミミやラブは暑くて大変そう。だけど、風通しの良い場所で寝ているとくしゃみをしているしネ。
あっちの場所、こっちの場所、と移動してはゴロンと寝ているので、人は寝ている猫を踏まないように気を付けて歩く毎日です。
14b163.jpg
“冷凍庫の中のを食べたいんだけれど・・・”
冷蔵庫の番人のラブが冷凍庫を開けさせてくれません(>_<)

14b164.jpg

猫たちの日常2014-26

「ラブ君、鼻水が垂れているよ(ーー;)」
14b157.jpg
指を開いての寝姿・・・
飛んだ鼻水で壁が汚れたって、違う場所におしっこを引っ掛けたって、許しちゃう…そんな天真爛漫の寝姿(^^♪
14b158.jpg
ソファが猫に占領され、人は部屋の隅に追いやられています(^_^;)
14b159.jpg

猫たちの日常2014-25

暑い時は・・・
あっちでも  (台所)
14b150.jpg
こっちでも  (台所)
14b151.jpg
そしてここでも…伸びています(^^♪   私も猫同様に部屋で伸びています(^^ゞ
14b152.jpg

猫たちの日常2014-24

ラブのおしっこ引っ掛け問題で壁一面に貼ったペットシーツは・・・
14b147.jpg
決まった場所にするようになったので、うっとうしいシーツを剥がしました。
14b148.jpg
床より一段高い場所のココがラブの新しいトイレになりました。
14b149.jpg
ラブ御用達トイレでおしっこもウンチもしています。これで、おしっこ問題は一応の解決・・・かな?
用意したダンボール小屋の下のトイレへの誘導は残念ながら出来ませんでした。

トイレの砂をイヤがったラブはペットシーツの床も嫌いだったようです。
湿気でペットシーツがべたつくように感じるのか、神経質なラブはお気に召さなかったようです。
そして、野良だった頃のように開放的な場所で用を足したかったようですね。
後ろに飛ばすおしっこ受けはペットシーツ、ウン○はモロ黒い床に・・・。
私としては床に何か紙を敷きたい気分なのですが、ヘタに変化させるとこのトイレを使わなくなっても困るのでガマン(~_~;)
大の使用後は床を除菌剤で拭いていますが、換えのマットも用意しています。
この黒い床…薄いマットの裏側なんです。マウスパッド裏のウレタンのような素材です。

ちなみに、この黒いマット・・・カラーボックスの板だと足を滑らせてしまうラブの必需品でもあります。
カラーボックスに滑り止めを敷いてその上にマットを置き、大きなクリップでカラーボックスに固定しています。
このマット、足を滑らせてしまう仔にはお勧めですよ。(100均ですがダイソーには無かったな)

猫たちの日常2014-23

黒猫のラブの食欲が復活!元気です。しか~し、マーキングおしっこが進化して止まらない(T_T)
14b143.jpg
カラーボックスを買い足し、無い頭を振り絞ってレイアウトを考え、
小屋の下に広さ90cm×45cm×90cmのド~ンと広くて背の高いトイレを用意しました。
臭いで分かるように使用済みのシーツを置いていますが、未だにトイレには入ってくれません(T_T) 
 
そして、今度は見晴らしの良い高い場所から放尿!・・・そりゃラブ君、さぞかし気持ちが良いことでしょう。
・・・そんな訳でおしっこを引っ掛けそうな壁一面にペットシーツを貼っています。
使い切ってしまったので、後でペットシーツを買いに行かなくては・・・。
14b144-1.jpg
「どこでも良いから一箇所に集中して頂戴!そこをトイレにするから」とラブに言い聞かせても「にゃ~~ん」とな。
小だけでなく大もところかまわずなので・・・、ハァ…とため息が出ます(ーー;)
レイアウト変更でトイレの位置が変わっても、きちんとトイレを使っているミミも呆れ顔・・・
14b145.jpg
そんな声が聞こえているのかいないのか…肝心のラブは食べて出すものを出してスッキリしたあとはお昼寝(-_-)zzz
14b146.jpg

猫たちの日常2014-22

ラブが風邪を引いたみたいで、洟垂れ王子が復活!(復活しなくても良いのに…)、でもって、匂いがしない為か食欲不振です(T_T)
たぶん「お腹がすいた」のニャオニャオを言っているけれど、焼き魚も、温めたスープ系のおやつも食べない…
ラブのかすれ声を初めて聞きました(>_<) 猫にも声枯れってあるんですね。
昼間はダンボール小屋に入って寝ているのに、夜は小屋に入らずにイスの上…冷え込む夜にこそ小屋に入って欲しいのに…
はぁ、ラブのこだわりも気持ちも分からないお母さんです。
そんな訳で昨夜はイスにヒーターをセットしたところ、二匹ともそこで寝ていたようです。
(夜間でも20度程度はあったと思うけれど、どんだけ寒がりなんだ~)
14b142.jpg
ミミは100均の座布団5枚で作ったこのベッドがお気に入り(作った物を気に入ってくれるとうれしいわ)
今はこのサイズより小さいサイズの座布団しか売っていないので、ベッドを作りたくても作れないのが残念!
14b141.jpg
オマケ
巣立ち雛のためのレストランは大賑わい。
ご近所の洗濯物への糞の被害を避けるために餌を控えめにしているのですが、この時期だけはつい大判振る舞いしちゃいます。
14b139.jpg
そして今年もヒキガエルが元気な姿を見せてくれました。
14b140.jpg

猫たちの日常2014-21

すみません(~_~;) 今日もトイレ話題です。  左にあるおしっこトイレ…
腰を落とさずに四本足で立っておしっこを飛ばすスプレー行為のようなポーズで壁におしっこを引っ掛ける、
布におしっこをした快感が忘れられないのか、猫砂トイレで用を足さなくなって部屋の隅でおしっこする…
そんなラブの為のトイレです。
おしっこトイレへの誘導はほぼ完璧(^^♪ 今のところ、このトイレでおしっこ(スプレー)をしています。
1階の他の場所でおしっこをすることはなくなりましたね。(2階はまだ立ち入り禁止にしていますが…)
ラブはしっぽを上げておしっこをするので、しっぽがぶつからないように天井を高くして、
ペットシーツの滑り防止用と、足あたりが良いように床のペットシーツの下にはクッション材を入れました。
おしっこのときにはカキカキをしないので床のペットシーツがめくれることはなさそうです。

・・・ここでもう一つ、予感していた問題が・・・ウンチも猫砂トイレでしなくなりました。(>_<)
猫トイレの手前に砂落とし用に敷いていた青いマットにが・・・(ToT)
そこで、この青いマットを使い、ペットシーツを使ったウンチトイレへの訓練をしようかと。
青いマットが有るカラーボックス下にペットシーツトイレを設置する予定で、ただいま誘導中。上手くいくかな?

以前から猫砂トイレから一目散に出ると足を振って砂を払っていたけれど、猫砂トイレが嫌いになったみたい。
砂に問題があるのかと思い、鉱物性の砂に変えてみたけれど、やっぱりダメでした。

ここまではラブのトイレ話題で、ここからはミミのトイレ話題です。
右側にあるフード付きのトイレ、2個も要らないだろうと1個を撤去したら・・・
猫砂トイレで用を足すミミがトイレの前でたたずんでじっと私の顔を見る…(~_~;)  なので、元に戻しました。
ミミは右奥のトイレで小を、その隣のトイレで大を…なんか使い分けている感じがします。
カキカキが大好きで新聞紙をズタズタにしてくれるミミ姫にはペットシーツのトイレは無理だろうね。

そんな訳で狭い我が家の中に四つの猫トイレ・・・お猫様ならではの贅沢ですね~。
14b137.jpg
そんなわがままで困ったちゃんの猫たちですが、くつろいでいる姿や無防備な寝顔には、癒されます(^^♪
14b138.jpg

猫たちの日常2014-20

急いては事を仕損じる   ・・・・・・仕損じました(>_<)
変化を嫌う猫にとっては配置換えは大迷惑でしょうけれど・・・模様替えをしました。

二匹共、この場所から窓の外を見たり、人間を監視するのが好きみたいなんです。
14b051.jpg
足場代わりになっている物置きと化したケージを撤去して、高さ60センチのカラーボックスを置き、
ミミは猫ベッドで寝るのが好き、ラブは小屋で寝るのが好きと、好みも違うので、考えて並べました。
60センチのカラーボックス2個使うと、ラブのおしっこトイレも収まっています。
このカラーボックス内のトイレで用を足す事は覚えていました。(他の場所でおしっこする事は無くなりました)
ラブは尻尾を上げてマーキングするようにおしっこをしたかったのと足が濡れるのがイヤだったのかも知れませんね。
14b136.jpg
配置換えの際、ラブのおしっこトイレをトイレ①、トイレ②、の隣に置いたら…お漏らしをしてくれました(ToT)
ほんの少しの距離なのですが、階段の出っ張りの影に隠れておしっこトイレを認識出来なかったようです。
そこでおしっこトイレを元の場所に戻すと、ちゃんとこのトイレでおしっこしてくれました(^^♪
ちなみにウンチは猫砂のあるトイレ②でしています。

模様替えのドタバタから一夜明けて猫たちも落ち着いた様子・・・
ミミは猫ベッドで、ラブは小屋で、それぞれお昼寝中です。
布団にもぐるのが大好きなミミは何か掛かっている方が落ち着くらしく、上の毛布は人間が掛けています。

猫たちの日常 2014-19

雄猫のラブが突然あちこちにおしっこを引っ掛ける…おしっこ問題(ToT) 原因をあれこれと考えました。

「トイレは清潔?」 トイレは2個あって一応、毎日取り替えています。
「トイレの場所は落ち着ける」 部屋の隅にあるので問題はないと思います。
「トイレ砂は?」 本当は鉱物性の砂が好きなのでしょうが、おから系とペーパー系を使用しています。
「病気のサイン?」 おしっこが出にくいなどではなさそうですし、足腰が弱っているとも考えられません。
「さみしかった?」 う~ん、これはあるかも。なでなでもブラッシングも出来ない日が続いていましたから。
「縄張りのスプレー?」 これもあるかも。去勢はしていますが野良出身なので立ったままオシッコをしています。

粗相をするようになったきっかけを思い出してみると…
二階に上がって中々戻ってこないので見に行くと、猫のゴロ寝用にと敷いていた布団にお漏らしが…。
もしかして原っぱで放尿していた野良の記憶がよみがえった?マーキング?
最近では尻尾も高くあげるし、ウン○も埋めないでそのまま、元気になって縄張り意識が強くなった?

おもらしの現場を観察しました(>_<)
マーキングする様に尻尾を高く上げて小刻みに震わせて、後ろの壁に飛ばすようにジョージョーと。
今のフード付きトイレだと天井に尻尾がぶつかってイヤなのかな?
ラブが壁におしっこを飛ばすので大きめのフード付きのトイレに変えたのですが、高さが足りなかったようです。
体高プラス尻尾の長さ・・・ラブの尻尾は長いから高さのあるトイレじゃなければいけなかったのね。

トイレから出てくる度に執拗に足を振っていた…もしかして砂が嫌い?砂じゃないペットシーツの方が良いのかな?
そこで、ペットシーツで壁を囲みペットシーツを敷いたトイレを用意・・・
おもらしをした場所に、おしっこの臭いの付いたペットシーツを掛けたトイレを置いて、
他の場所でおしっこをさせないように見張って…数日、なんとかここでおしっこする事を覚えたようです。(^_^;)
14b133.jpg
我が家に第三の猫トイレ出現。
ウンチは今までのトイレでしていますが、し終わるとすかさず飛び出して来ますから、これも変える時が来るかも知れません。
ラブは足が汚れるのが嫌いな潔癖症みたいです。

後はこのトイレをどこに置くか・・・
猫トイレのそばにもって行きたいのですが、急に配置換えをするとまた混乱しそうだし…
そこで、少しだけ移動させて、しばらくは様子見…おしっこの臭いが立ち込める(ーー;) 、しばらくはガマン、ガマン。

2階の部屋は当分の間立ち入り禁止、それから部屋でおしっこを出し終えてから通路の扉を開放することにしました。
それにしても繊細なのネ、ラブ君、みゃ~みゃ~訴えている言葉が分かるんだったら、もっと早く気が付いたのにネ、ゴメンよ。
14b134.jpg
去年の今頃は「にゃ~~ん」と可愛い声でミミの後を付回して、ミミからたくさんの世話を受けていたのに…
今年は「ここは僕の場所」と主張するように…それだけ元気になった証拠なので嬉しいのですが、ミミが少し可哀想。
14b135.jpg

猫たちの日常2014-18

ダンボール小屋に入っているのはミミ、その箱の上で寝ているのはラブ
14b131.jpg
最近は二階でくつろぐ事が多くなった猫たち、(確かにあったかいしネ)
ミミはカーペットで爪とぎ・・・古いカーペットだから許してます。
ラブが二階の床でおしっこ(ToT)・・・そこで、二階にも猫トイレを置くようになりました。
だけど、広い所でおしっこする気持ち良さを覚えたようなラブ、トイレ以外でもおしっこするようになってしまいました(T_T)
そして、見てしまいました((+_+))
かがむ事なく、立ったままスプレーをするように後ろに飛ばしているのを…それもピュじゃなくてジョボジョボと(>_<)
そこで、しばらくは2階の部屋を立ち入り禁止にしようか…と。
足取りも軽く階段を上がっていくラブ・・・元気になったのはうれしいのですが、やりたい放題の困った君のラブにお手上げです。
14b132.jpg

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 14歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん