熟年(猫と人形服の日記)

ご訪問ありがとうございます。猫日記、1/6ドール用の服作りなどを書いてます。

パチンコ台の宣伝

最近はテレビで消費者金融のCM(アイフルなど)を見ないな~と思っていたら
代わりに色々なメーカーのパチンコ台のCMが流れるようになりました
「必殺仕事人」「海物語」「冬のソナタ2」「アクエリオン」など
パチンコに縁の無い人は何のCMか分からない人が多いでしょうね

アニメやドラマのキャラを使った台は確かに宣伝がしやすいのでしょう
が、一番の目的はその台を導入したホールに足を運んで欲しいのかな?
ホールの倒産も増えているようなのでパチンコメーカーは危機感があるのかも知れません
パチンコ業界もお上(警察)の指導の下、パッキーカードを導入すれば偽造カードに悩まされ、
ゴト師には裏ロムなどで玉を抜かれ、今度は博打性を低くする事を求められている
その度に基準に沿った新台の導入を余儀なくされている
次ぎから次への法律改正で翻弄されている業界を気の毒に思ってしまいます

突確(突然確率変動)もカウントされるので掛かった回数だけはすごいけれど玉は増えない
350分の1の確率なのに1000回転、2000回転の台がざらにある
多彩なリーチ演出で楽しませてはくれるが当たらない時はどうやったって当たらない

釘がメインで単純な役物・ドラムが主流だった頃が妙に懐かしい
羽物のゼロダイガー・マジックカーペット・道路工事…そんな台が好きでした
最初の花満、桜の花びらでの数字が花びらと共に変わるドット絵が好きでした
単純だったけれどその単純さが面白かったな~
今の台は玉が出るか出ないかの違いでTVゲームのような感じです
スポンサーサイト

球技三昧な一日…

最近、新機種のパチンコ台のコマーシャルをTVで流すせいか休日のホールは混んでいます
午後に夫と二人でパチンコに行ったのですが二人共ぜんぜんダメ!
お金が幾らあっても足りなそうなので、あきらめて卓球をする事に…

先日、20年ほどぶりに卓球をする機会があってその時はサーブも何もメロメロ(*_*)
でもそれからは運動不足解消と面白さで時々は通っています
勝負をしようとしたりスマッシュを決めようとするとちょっと無理がありますが
相手とロングを続けると、ひざの弱い私でも大丈夫、結構汗をかきます

2時間近くを卓球で過ごし、その後は9ボールのビリヤード…

白い手玉をポケットに入れずに番号の若い順からポケットに入れていく
持ち玉をキューで突く位置、当て玉の何処をねらうか、玉の回転や角度…
夫と同じ様に狙ってもキューを突く早さと力で玉の進む角度が違う…
奥が深くて好きな球技です
狙ったように当て玉がポケットに落ちると思わず「やった~」

卓球・ビリヤード両方で3時間プレイして一人1000円
パチンコで何も出ないと30分で約10000円(一桁違います)
パチンコは高いゲーム代だと思いますが、時には儲かったりと面白いのも事実ですね~

最近のパチンコ新台に思う

最近パチンコメーカーのテレビCMがやたらと増えました。
「必殺仕事人」「仮面ライダー」「倖田來未」「綱取物語」など。

私もパチンコは嫌いじゃないので時たま行きますが以前のように面白くないんです…
きつい冷房で体が…お財布の中身が…身も懐も冷え冷えになる事も理由の一つ…

新台のCGを酷使した画面は綺麗でリーチ画面はTVゲームもどきのよう…
でもストーリーを追って主人公に感情移入出来るTVゲームとは違うんです…
フラッシュ効果が強過ぎる盤面、大きな液晶画面はとても目が疲れるんです…
もう一つ、お達しなのでしょうけれどもハンドル固定が出来にくいハンドル仕様…

パチンコに行くとリフレッシュされずに逆に疲れて帰って来る事が多くなりました。
前ほどパチンコに魅力を感じなくなりました…こんな風に思うのは私だけでしょうか?

ゼロタイガーなど昔の羽根物が懐かしい!
初代の「花満開」が懐かしい!
連ちゃんする(沢山出玉が出る)のが懐かしいのでは無くて
ドット絵の花びらが数字に変化する単純さにドキドキしました。

甘デジと云いつつもちっとも甘くないゲーム性…
役物とデジタルでイライラさせる羽物…
最初は訳が分からなかったバトル物…
メーカーは色々と創意工夫しているようですが複雑になって
一般庶民の娯楽からは益々遠ざかっているような気がします。

仕事が済んだら仕事だぜ!

そんなパチンコ台の宣伝をTVで見た方も多いのではないでしょうか。
最近ホールではパチンコメーカー京楽の台がずいぶんと増えました。
資金的に余裕があるのか必殺仕事人を始め美空ひばりなど有名人や
仮面ライダー、ウルトラマンなどキャラクター物の台を次々と出していますね。

パチンコメーカーSANYOの海物語は相変わらず根強い人気ですが
一時の勢いは薄れてきたのかしら。
社名の似たSANKYOのキャラクターにはドラムくん、夢夢ちゃんなどがあります。
ちなみに(FEVER)は三共の登録商標ですって。
大当たり時に「フィーバー!!」と叫ぶのは、この三共(一部のビスティ)の機種だけだそうです。

なぜバカな出費をするパチンコに行くのか?やっぱり楽しい…その一言ですね。
日常生活と違う空間でゲームに集中している自分、喧騒の中での一種の孤独感。
人にもよるのでしょうが私はリラックス出来る…開放感があるんですよ。
家庭のゲーム機でパチンコゲームをプレイしてもちっとも面白くありません。

パチンコホールに入ると一万二万が千円二千円の感覚に感じられる
そのぐらいいとも簡単にお金が出て行きます。
その出て行ったお金を取り戻そうとして
ニッチもサッチも立ち行かず深みにハマってしまう人が多いのです。

着道楽、食道楽、旅道楽…
生活を潤す為のちょっとした遊び心がどの人にもあるでしょう。
パチ道楽をするなら、使う金額を決めて負けた時には『あきらめる』
…それが身の破滅を防ぐコツでしょうか。

任天堂DSで脳年齢測定

「もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング」
やってみました…
声を出すじゃんけんでの脳年齢測定は年より若くでました(*^_^*)
画面に表示されるジャンケンの絵を見ながら「勝って」「負けて」と
指示されたジャンケンを声を出して答えます。
DSに向かって「グー」「チョキ」「パー」と叫んでいる姿は
近くに人がいたらきっと“おかしいのでは…”と思われたでしょうね。

連続減算はメタメタで70代の脳年齢と出ました(T_T)
画面に表示された数字から指示された数字を連続で引き算した数字を書き込みます。
DSが書いた数字を上手く読み込んでくれない部分もありましたが
確かにもたもたして若い頃のようにすばやく数字が出てきませんね~。

漢字書き取りなど数種類のトレーニングゲームがありますので楽しめそうです。

FF12ようやくクリア

一年ががりでプレイしていたファイナルファンタジー12。
今日めでたく!?エンディングにたどり着けました。
主人公達のレベルは53。
バハムートに入ってからラストボスを倒してエンディングを
見るまで2時間近くも掛かってしまいました。
ウ~ン、やっぱりエンディングを見るのは気持ちが良いですね。
モブ退治も召還も少し遣り残した部分がありますが
正直レベル上げにはもう飽きた。
総トータルプレイ時間は約183時間でした(^_^;)
 
次はクリア出来なかったFFⅩに再挑戦しようかな。

夫婦でパチンコ

休日に夫婦でパチンコに行くことがあります。
夫婦で行って二人とも出るなんて事はほとんどありません。
大方どちらかが出るともう片方は出ないので最終的には損をするパターンです。
最近はほとんどのお店が台移動自由・持ち玉共有OK。
一人より夫婦で来てくれた方がお客は増えるからお店はウハウハ。
そんなお店の思う壺にどっぷりとハマっているKUPO夫婦です。
でも、「そろそろ止めようよ」とブレーキを掛けられるのも夫婦ならでは。
ギャンブルは負けるのが当たり前…と分かってはいても中々止められませんね。

こんなの貰っちゃいました!

良く行くパチンコ屋で貰いました。
パチンコをする人ならご存知の「海物語」の貯金箱です。
500円硬貨で3万円貯まるらしい。
CIMG0796.jpg
小さいながらもフィギュアも良く出来ています。
CIMG0812.jpg
お金は貯める前に使ってしまいそうです!
でも今のホールは紙幣が吸い込まれるだけで
硬貨を使う事が無いから貯まるかしら。

パチンコ台の宣伝に思う

このところテレビでパチンコ台のCMが流れていますね。
単にパチンコ台の宣伝かも知れませんが…
ホールから離れたパチンコファンを引き戻そうとしているのかな~
等と私は勝手に思っています。
最近のパチンコホールは土曜・日曜はさすがに混んではいますが平日はガラガラ…
そんなお店が多くなったように思います。そりゃそうでしょう。
投資額が千円単位から万単位になって一般人はそうそう遊びに行けません。
羽物が全盛の時は年金生活のお爺さん・おばあさんが日中のホールに居ました。
中には高齢者の社交場?との雰囲気のお店もありました。
お店にとっては余りお金を落としてくれないお客だったでしょうけれど
お店の賑わいには一役かっていたような気がします。
フィーバー台が主流になってからは遊べる羽物が消え
それに伴い年配者のお客はホールから遠のいてしまった気がします。
人が余り入っていないお店には不思議と入りにくいんですよね~。

私?ボスを倒せないで滞っていたファイナルファンタジー12。
やっと倒せてゲームが進んだので今はそちらに夢中です。

ファイナルファンタジー12 進まず

今年3月に発売されたファイナルファンタジー12。
発売直ぐに購入してプレイし始めたもののレイスウォール王墓のベアリスが
倒せずに止まったままで放置していました。
今年中にはクリアしたいと思い再開しましたがまたもやゲームオーバー。
ライセンスボードの理解がイマイチの私は地道にレベルアップをはかるしか無いらしい。
以前はボス戦になると子供に倒して貰いましたが今は自力でナントカせねば。

初期のゲームのドット絵と違ってリアルな映像はゲームし応えがあります。
が、ファイナルファンタジーは数を重ねるごとにゲームに難しさも。
1から9までは全てクリアー出来ましたがその後のⅩからは…。
今、アドバンスでファイナルファンタジー5が出ています。
そっちの5の方が再度プレイしてみたい。
でもその為にアドバンスを買うのもしゃくだし勿体無い。

デジハネCR北斗の拳

パチスロで一世を風靡した「北斗の拳」
リーチ目、目押しなど分からないのでスロットは好きではありませんが
「北斗の拳」のゲーム性は面白いなと思いました。
きっと「北斗の拳」でスロット開眼した人が大勢いることでしょう。

私が良く行く店にもデジハネタイプ「CR北斗の拳」があります。
通常のCR機は大当たりすると15ラウンド(1900玉程度)出るのですが
デジハネは大当たりしても4ラウンド(500玉程度)なので出玉は多くありません。
が、色々な演出のリーチで楽しませてくれます。
ラオウの「待っていたぞケンシロー」やリンが叫ぶ「ケ~ン」…大好きです。

原本の漫画「北斗の拳」…読んでいないのでストーリーはまったく分かりません(?_?)

パチンコの換金率って…?

パチンコをまったくしない人は等価交換、換金率…と
聞いても分からないと思いますので少しだけ解説します。

パチンコホールに入り座ったら左側に現金投入口があります。
千円を投入→台の貸玉ボタンを押すと500円分の玉が出てきます。
貸球(パチンコ玉)は1玉4円(多分一律だと思います)なので125玉出てきます。
ハンドルを持って弾きます。
何処にも入らなければ2分間足らずで125発の玉は台に吸い込まれて行きます。
(1分間に100発弾く様にバネのスピードが設定されているようです)
球が無くなったのでまた貸球ボタンを押すと残っていた500円分の玉が補給されます。
そして今度はチューリップに入り盤面の数字が555と揃いました。
玉が沢山出てきて1箱たまりました。計量すると2000発(玉数)ありました。
その2000発のレシートを持ってカウンターへ。

景品交換の場合 2000発×4円=8000円分の景品と交換出来ます

両替の場合   2000発×※3円=6000円分の特殊景品と交換します
その特殊景品を「換金所」で現金6000円に両替します。

ホールでは球を一個4円で貸し出し、いくらかでその球を買い戻します。
※この時の買い戻す単価が2.5円、3円、3.3円、3.5円などお店により違います。
これが換金率。
等価と言うのは4円で貸し出した玉を4円で買い戻す事です。

同じ2000発でもお店によって5000円~8000円と両替する時に差が出ます。
等価交換や換金率が高いお店は得てして釘がガチガチで出ないお店が多いようです。

ちなみにパチスロのコインは一枚20円で貸し出しています。
ほとんどの店のパチスロは等価交換だと思います。

有名人のパチンコ台が増えましたね~

色々な芸能人がパチンコ台で登場しています。
ピンクレディ、美川憲一、加藤茶、松平健、瀬川瑛子、杉良太郎などなど。
最近ではチェッカーズや所ジョージの台もあります。
今度は「美空ひばり」の台が出るらしいですね。
私が好きな台は「テレサ・テン」
音楽が好き、盤面のフラッシュも少なく…目に優しく落ち着いて遊べます。
パチンコ台にフラッシュ演出が多いと非常に目が疲れてしまいます。
チェッカーズの台はキラキラ演出が多くて目が疲れますから私は余り座りません。
さて、美空ひばりはどんな台なのでしょう?
…何はともあれお金を余り使わないで遊べる台であって欲しいと願っています。

芸能人だけではなくTVドラマの台もありますよ。
「冬のソナタ」…ドラマは見ていないのでもしかしたら本編のあらすじと
違うのかも知れませんがパチンコのフィーバーで大方のあらすじが読めました(^_^;)
↓はパチンコメーカーから出ている公式ガイドブックです。
CIMG0465.jpg

私の中の良からぬものが…

今日も暑くなりそう…暑い日が続くと…
「たまには涼みに行こうよ」と私の中の悪魔が囁きかけます。

暑い日中のさなか 自転車を漕ぎ街中に繰り出しては
きつい冷房の為に長袖を着て とてつもない騒音の為に耳栓を持って
タバコの煙が充満している…不健康極まりない場所なのに
「パチンコ」屋に行ってしまいます。

…けっして居心地の良い場所じゃないんだけれど…
むしょうに行きたくなる時があるのは何故なんだろう?

パチンコする人

今でも時々パチンコに行っています。でもあそべませ~ん。
給料を貰って一度か二度行って負けるとしばらくは行けません。
大体30分で一万円が消えてしまいます。
が、たま~に千円が数万円に変わることがあるので中々止められません。
依存症?…そこまでは…と思うけれど(それが一番危ないのかも)

パチ歴は結構長いです。
羽根物の初代マジックカーペットが大好きでした。
子供が学校に行っている二三時間を遊んでいました。
使う金額もせいぜい二三千円でした。

今は主婦パチンカーがとても多いですね。
そして、お金の使い方が派手なのは男性よりも女性の方です。
パチ屋にはホントに色々なタイプの人が居ます。
以前に読んだ「無制限」だったかな?そんな題名の本の中で
「居る居るこんな人」とパチンコする人々が上手く描写されていました。
良く「運転すると人が変わる」って言いますがパチンコもそうです。
品の良さそうなおば様が箱を蹴飛ばして店を出て行ったのには唖然としました。

パチンコなどギャンブルは一種のゲームだと思います。
「この時間を」「幾ら使って」「楽しめたか」
それを「勝とう」とするから逆に深みに入っていく様な気がします。
株も同じだと思うけどな~。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

KUPO(クポ)

Author:KUPO(クポ)
Barbie Fashionistas Raquelle(ラクエル 2012年度)の洋服作りを楽しんでいます。
なお、以前作ったbarbie服はカテゴリ「ドール服」に入っています。

2013年に猫のミミとラブを迎えましたが、2014年にラブが天国へ引っ越し、現在はミミ日記になっています。
ミミ(サビ猫(雌) 2003年生まれ 13歳)
ラブ(黒ハチワレ(雄) 享年推定8歳)

好きな言葉
人はすべて地獄に生まれてくるものである。その地獄の中で、「笑いころげたり」 「人として生まれて良かったと思う」…その瞬間を「極楽」と言うのだ。 五木寛之 「大河の一滴」より

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん